Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

溝端淳平、「宇宙人と戦うなら、ラムちゃんがいい!」と妄想コメント!

2017/5/13 10:07

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『破裏拳ポリマー』が513日(土)初日を迎え、都内で行なわれた上映後の舞台挨拶に溝端淳平、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、神保悟志、長谷川初範、坂本浩一監督が出席した。

s-Ran1IMG_6972a

写真左から 神保、柳、山田、溝端、原、長谷川、阪本監督

本作は、1970年代に放送され、肉弾アクションが話題を呼んだタツノコプロの同名SFアクションヒーローアニメの実写映画版。拳法破裏拳流の達人である探偵・鎧武士(溝端)が、装甲スーツ「ポリマースーツ」を身につけて悪と戦うさまが描かれる。

s-Ran2IMG_6919a

アクションヒーローに挑戦した溝端は「坂本監督に汗だくになりながらアクションを教えていただき、色々な人に支えていただいて、無事にこの日(初日)を迎えられました。感謝の気持ちでいっぱいです。楽しんでいただけましたか?」と客席に呼びかけると、観客から温かい拍手が起った。

s-Ran3IMG_6912a

この日はフリップが用意されており、溝端と山田のイケメンバディチーム、原と柳のセクシービューティーチーム、長谷川と神保のベテランダンディーチーム、坂本監督チームの4組に、映画のキーワード「転身」にちなんだ質問が出された。

s-Ran4IMG_6974a

溝端と山田がチョイスしたフリップには、「宇宙のヒーローに転身。どんな敵と戦いたい?」という質問が書いてあり、山田は「海賊戦隊ゴーカイジャー」で宇宙海賊を演じていた山田は、「最近暴れている宇宙のアライグマ(公開中の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』)を倒せば、このポリマーが映画のランキングで1位になりますよね」と作品を強力プッシュ。

s-Ran5IMG_6910as-Ran6IMG_6920a

一方、溝端は「宇宙人と戦う?いやだなぁ~。エイリアンは怖いもんな~」と逃げ腰。そこで思いついたのが、「ラムちゃん。どうせやられるならかわいい子がいい。幸せかなと思います」と(人気アニメの「うる星やつら」のヒロイン・ラムちゃん)を指名した。劇中、破裏拳流という拳法を操る主人公・鎧武士をかっこよく演じているのにちょっと残念なコメント。

s-Ran8IMG_6940as-Ran9IMG_6926a

原と柳のセクシービューティーチームが選んだフリップには、「異性に転身! まず最初に何がしたい?」という質問書かれており、原は悩みながら「女の子をナンパしてみたい」告白。山田を女性に見立てて実践したもののなかなかうまく運ばない。山田は「ヤバイ、抑えきれない!」と抱きつくアクションでその場を盛り上げたが、MCからは「男出すの止めてください」とダメ出しが出てしまった。一方の柳は、「匂いを嗅ぎたい」とコメント。男性陣から「どこの匂い?」と突っ込みをうけながらも「鎖骨と谷間の三角形のところが、一番フェロモンが出ている場所だと思う」と自分の胸元に目を向けていた。

s-Ran7IMG_6949a

最後に溝端は、「熱意と魂を込め、笑顔を交えながら撮った作品で、それが作品に表れています。興奮するところ、泣けるところ、笑えるところもたくさんあるエンターテイメント性の高い作品です」と作品を熱くアピールした。

映画『破裏拳ポリマー』は新宿バルト9ほかで公開中!

 

 

 

関連記事


Page Up