Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トム・ホランド、大盛り上がりのファンミーティング開催! 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

2018/4/18 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

マーベル・スタジオ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のスペシャル・ファンミーティングが16日、TOHOシネマズ日比谷にて行われ、スパイダーマン役を務めるトム・ホランドとメガホンを取ったアンソニー・ルッソ監督が出席してファンとの触れ合いを楽しんだ。

s-RanRan1IMG_3256s

本作は、マーベルコミックのヒーローたちによるドリームチームの活躍を描く大人気の「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。アベンジャーズが最凶の敵”サノス”と熾烈な戦いを繰り広げるさまが描かれる。

フッテージ映像の上映後、最年少のスパイダーマン役でアベンジャーズに仲間入りを果たしたトムホが客席の横扉から登場し、ファンとの触れ合いを楽しみながら登壇。「こんばんは」と日本語で挨拶し、大きな声援と拍手を浴びた。アベンジャーズファンで満員の客席にはアイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルクなどマーベルヒーローのコスプレをしたファンも多く駆けつけておりトムホとルッソ監督を喜ばせた。

s-RanRan3IMG_3258s

今回が初来日となるルッソ監督は、「本当に念願叶っての日本です。ずっと憧れてきました。日本に来るのがこんなに遅くなってしまったのが、信じられません!」と大興奮。また、ファンから大歓迎を受けたルッソ監督は、「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編となる第4弾では、日本がフィーチャーされることになります。期待してください」とコメントして、会場から大喝采を浴びた。

s-RanRan5IMG_3274s

ファンミーティングならではの質問コーナーも設けられており、記者やファンから質問が飛んだ。

憧れのヒーローを聞かれたトムホは、「スパイダーマンだよ」と即答。「彼のすごいところは、自分がスパイダーマンだということを周囲に秘密にしているところ。僕がもしあれだけのパワーを手に入れたら、すぐにインスタで発表しちゃうよ(笑)。彼は秘密を守りながら、大切な者を守るために奮闘している。最高のキャラクターだ」とスパイダーマン愛をさく裂させた。
また、1人1人が主役級の豪華俳優陣との共演作に参加したトムホは「素晴らしいかっこいい体験をさせてもらいました。自分自身はまだ本編を観れてはいないのですが、それぞれに輝く場面が用意されていて、成長していく姿を見ることができるはずです」と本作をアピールした。
ルッソ監督は、「1人1人が現場に持ってくるエネルギーがごい。これほど才能あふれるキャストが集まる作品はほかにはないよ」と胸を張る。さらに、ルッソ監督は「全員が主人公の群像劇なのでそれぞれのエゴはなしで、お互いがお互いを尊重し、創造性と強調性にあふれる映画になった」とチームワークの良さも語っていた。

s-RanRan6IMG_3236ss-RanRan7IMG_3238s

終盤、日本人ゲストとしてファルコンの日本語版吹替を務めている溝端淳平と、アベンジャーズの大ファンだという俳優・佐野岳も駆けつけ会場を盛り上げた。身体能力抜群の佐野がトムホとルッソ監督の前でバク宙を決めてみせ、「アベンジャーズにどうしても入りたいんです。スパイダーマンの適役で、ニンジャサムライとして(僕は)どうですか?」と熱烈アピールするひと幕もあった。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、4月27日より全国でロードショー。

 

 

関連記事


Page Up