Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

須賀健太、「先が決まっているからこそ出せる色がある」 ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“はじまりの巨人”開幕!

2018/4/29 02:58

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

 4月28日(土)より開幕する、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“はじまりの巨人”の公開ゲネプロ&囲み取材が27日(金)に行われ、日向翔陽役の須賀健太、影山飛雄役の影山達也、緑下力役の川原一馬、照島遊児役の船木政秀、中島猛役の柳原凛、演出のウォーリー木下が公演への思いを語った。

IMG_5417as

 本作は、「週刊少年ジャンプ」にて連載中の古舘春一による累計発行部数2800万部を超える大人気バレーボール漫画を舞台化した作品。キャストたちの圧倒的な熱量と、最新映像テクノロジーを駆使して表現されるバレーボール描写が融合し、2015年の初演以降、5作品を連続上演し、大きな話題を呼んだ。シリーズ6作目となる“はじまりの巨人”では、いよいよ春高予選がスタート。烏野高校は、変幻自在な攻撃スタイルの条善寺高校、次世代の“小さな巨人”と呼ばれるエース率いる和久谷南高校と対決し、予選突破を目指す。

IMG_5455s

 シリーズ通して、主演を務める須賀は、「(前作の)“進化の夏”で、僕は雨男から進化しようと思って劇場入りを楽しみにしていたのですが、僕が劇場に入った日から曇天が続いています。今回もいい初日が迎えられそうだな、と思っています(笑)。今回は、新たに条善寺高校、和久谷南高校、白鳥沢学園が加わり、原作でもなくてはならないストーリーがたくさん入っていて、毎日刺激的な日々を送っています。一人でも多くの方に楽しんでいただけたらと思います」と笑顔で挨拶。

IMG_5616sIMG_5842s

 また、影山は「春高をかけた絶対に負けられない戦いが始まります。カンパニー全員で勝ちにいきたいと思っております。かいてきた汗は嘘をつかないと思うので、全力で最後まで駆け抜けていきたいと思っています」、川原は「縁下というキャラクターがドラマを作る作品になっているので、そこを見ていただきたい。そして、僕らの世代が新しい演劇の形を作るという思いを感じてもらえたら」、船木は「条善寺高校らしく、楽しんで盛り上げていきたいなと思っています。烏野にいい影響を与えられるよう頑張ります」、柳原は「和久谷南高校のキャストは休みの日も集まってダンスのレッスンをしてきました。そこも見ていただきたい」とそれぞれ、意気込みを語った。

IMG_6509sIMG_6543s

 須賀ら烏野高校のキャストたちは、2018年秋の新作公演“最強の場所(チーム)”で卒業が決まっており、本作は卒業に向けての大事なステップともなる公演だ。須賀は、「僕らが卒業するのは次の公演なので、春公演は春公演としてまず成功させることを一番に考えている」としながらも、「秋公演が決まっているからこそできる、先が決まっているからこそ出せる色というものが絶対あると思うので、演出的にもそういうことはバンバン取り入れた作品になっています。“はじまりの巨人”を見ていただければ、“最強の場所(チーム)”がより楽しめると思います」とアピールした。IMG_6670s
ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“はじまりの巨人”は、以下の日程で上演。

4月28日(土)~5月6日(日) 東京・日本青年館ホール
5月12日(土)~13日(日) 兵庫・あましんアルカイックホール
5月18日(金)~20日(日) 福岡・福岡国際会議場
5月25日(金)~27日(日) 宮城・多賀城市民会館
6月1日(金)~3日(日) 大阪・オリックス劇場
6月8日(金)~17日(日) 東京凱旋・TOKYO DOME CITY HALL

関連記事


Page Up