Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

世界初演となるA New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」開幕! 柚希礼音「自信作でございます」

2019/9/26 17:15

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」の公開ゲネプロ・囲み取材が9月25日(水)にTBS赤坂ACTシアターで行われ、柚希礼音とソニン、実咲凜音、清水くるみ、石田ニコル、日本版脚本と演出を担当する板垣恭一、アメリカ側のクリエイターで音楽/詩を手がけたクレイトン・アイロンズとショーン・マホニーが登壇した。

9J9A1944-2s

本作は、日米の豪華クリエイティブ・チームが集結し、新作ミュージカルを共同で制作するプロジェクト。19世紀半ばのアメリカ・ローウェルを舞台に、実在の女性サラ・バグリーをはじめとしたファクトリー・ガールたちが自由を求めて闘う姿を描く。

9J9A2050-2s

囲み取材で、サラ役の柚希は、「キャスト、スタッフと一丸となって作ってまいりました。早くお客様に観ていただきたい。自信作でございます」と力強く挨拶。ハリエット・ファーリー役のソニンも「オリジナルを作り上げる難しさと楽しさと充実感を感じた毎日でした。言葉の大切さを大事にして、それをお客様に伝えられればと思っています」と意気込んだ。

9J9A2066-2s

また、柚希は世界初演となる本作に対し、プレッシャーがあると話すと「やはりとても大変なことでしたが、本当にたくさん稽古をしてきたので、手を繋いで、自信を持って初日から千秋楽まで挑みたいと思います」と語り、「(女性にとって)共感できることがたくさんある作品だと思います。女性として生きていることに誇りを持ち、明日からも頑張ろうと思っていただける舞台になっていると思います」とアピールした。

9J9A2088-2s9J9A2100-2s

クレイトンとショーンによる楽曲の数々も本作の魅力の一つ。「劇中のどの楽曲が好きか」という質問があがると、柚希は「剣と盾」を挙げ「一番難しかったんです。何度やっても音が取れなかった。でも、最終的には一番好きになった楽曲です」と明かした。一方、ソニンは「『ペーパードール』は一番悩んだ曲なので、愛情があります。歌詞も美しく仕上げたものです」と、孤独に追い込まれたハリエットが歌う楽曲を挙げて説明した。

9J9A2198-2s9J9A2213-2s

9J9A2229-2s

9J9A2259-2s

最後に柚希は、「現役20周年の締めくくりで、このような素晴らしい作品に出会えました。宝塚で学んだこと、女優になってから学んだこと、全てをひっくるめて出さないとできない役に出会えました。なので、早くお客様に観ていただきたい。本当に面白い作品になっていますので、お見逃しなく」と呼びかけて、取材を締めくくった。

9J9A2360-2s9J9A2395-2s9J9A2431-2s9J9A2442-2s9J9A2490-2s

A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」は、9月25日(水)~10月9日(水)にTBS赤坂ACTシアター、10月25日(金)~27日(日)に大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演。

 

 

関連記事


Page Up