Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

玉城ティナ、決めシーンしかないっていうくらい決めまくり!映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶

2019/11/17 15:35

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

伝説的人気テレビアニメとして 2005 年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、ライトノベル、ゲーム、舞台などに展開され、幅広く人気を博してきた『地獄少女』が実写映画化、1115日(金)より全国公開となった。そして、本作の公開記念舞台挨拶が16日(土)、新宿バルト9にて行われ、主演の玉城ティナをはじめ、共演の橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、そして白石晃士監督が登壇した。

319A0396s

左から:藤田富、大場美奈、仁村紗和、森七菜、玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、白石晃士監督

 

地獄の復讐執行人・閻魔あいを演じた玉城は「今までにやったことのない役でしたので、演技のアプローチも違う形で取り組ませてもらったので、今までと違う私を観ていただきました。(人間以外の役は過去に)宇宙人も演じていて、宇宙と地獄はやったので、他に何ができるかなっていう感じ(笑)。もし、何か(人間以外の役が)あったら、よろしくお願いします(笑)」と満悦な表情を見せた。

319A0456s

玉城とは2016年の『貞子vs伽椰子』以来のタッグとなる白石監督は、玉城について「素晴らしい役者さんになられていたと思います」と語り、さらに「ほとんどお任せでした。玉城さんの作ってきたキャラクターがドンピシャだった」と太鼓判。ただ、玉城は「言われなさ過ぎて不安でした。監督は『いいね!』っていうタイプじゃないし、『OKです』と言われてもこれ大丈夫なのかな?」と思っていたそうだ。

319A0256s

遊女の妖怪・骨女を演じた橋本は「初めての特殊メイクで顔半分が骨と、すごく怖い演出をさせていただいたと思うのですが、原作アニメでは骨女がすごい人気で、『誰がやるの?』、橋本マナミかあ、大丈夫かなみたいな・・・。監督が『期待を裏切らない感じにするから、大丈夫』とおっしゃって、今のところ批判が届いていないのでよかったなと思います」と語り、刀の化身・一目連を演じた楽駆も「オレも、エゴサーチしているんですけど、骨女への批判はないです(笑)」と安心させていた。

319A0225s

撮影時の裏話に話題が移り、玉城は「今回は、決めシーンしかないっていうくらい決めまくっていて、『いっぺん死んでみる?』って。あのときに、一回も目瞬きしていないんです。カットがかかるまでの何分間、目がどんどん乾いてきて、コンタクトなので、視点が合わなくなって、モヤーとした世界で、決められるか、チョー心配でした」と明かした。

橋本は「(藤田演じる魔鬼の主催する)オーディションでひとりひとり歌うシーンでは、私もボイストレーニングを付けてもらって、歌ったところは全部カット。濃厚なキスシーンもあって、私も結構頑張ったんですけど、それもカットされました」と監督に恨み節。監督は「ぜひ、特典映像でご覧になってください(笑)」とDVD発売を匂わせていた。

319A0232s

女子高生・美保を演じた森は玉城と初めて会話するシーンを挙げ、「私が錯乱しているところで、(演技に)集中しようというところで、玉城さんを見た瞬間に気持ちがスーっと吸い込まれていく感じがして、それが玉城さんの閻魔あいの力なんだなと、良い意味でゾクっとしました」と語り、玉城も「私は森さんの感情が上がっていくシーンだったので、引っ張られないように(気を配った)」とお互い演技を讃え合った。

そして、最後に玉城が「『地獄少女』は怖い映画だと捉える方もいらっしゃると思いますが、それだけでなく描かれているのは、人間の普遍的なこと。恨むということは何千年も続いていると思うと不思議な気持ちになったり、観た後にすごく考えさせられる作品になったと思います。実写化作品としても特異な存在になったと思いますので、自信をもって皆さんにお届けできると思います」と締めくくった。

映画『地獄少女』(配給:ギャガ)全国公開中!

 

関連記事


Page Up