浜辺美波、北村匠海とのキス・シーンを明かす!映画『思い、思われ、ふり、ふられ』 リモート七夕祭りイベント

2020/7/7 14:06

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

8月14日(金)全国公開となる映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(ふりふら)の特別イベント「みんなの願いを叶えます!ふりふらリモート七夕祭りイベント」が、7月6日(月)に都内で行われ、主演の4人、浜辺美波・北村匠海・福本莉子・赤楚衛二、そして三木孝浩監督が浴衣姿で登壇した。

 

319A0452s

本作は、咲坂伊緒による同名少女コミックの実写映画化。4人がそれぞれ片想い、さらに恋だけにはとどまらない“今”を生きる若者たちが、未来に望む夢や希望を得るために、必死に葛藤する姿が描かれている。

本イベントでは、全国から選ばれた女子学生たちとリアルタイムでリモート中継を実施し、学生たちからの質問に答え、願い事を叶え、撮影でのエピソードを語ったり・・。初キス・シーンに挑戦した浜辺美波の撮影裏話などで盛り上がった。

 

319A0510s

冒頭、朱里を演じた浜辺は「咲坂先生の作品は私にとって青春のバイブル。透きとおるようなエモーショナルってこういうことを言うんだと、そんな素敵な映画の主人公のひとりとして出演できたことを心から嬉しく感じました」と笑顔で語った。

朱里に恋心を抱くが親同士が再婚、姉弟関係となった理央を演じた北村は「久々のステージで、リモートとはいえ、緊張しています」と紅潮ぎみ。「この映画を観て、青春って胸がドキドキするだけでなく、チクチクしたり、ズキズキしたり(感じました)。届かない思い、届いた先にあるきっかけ、そういうものが僕にとって青春だったので、理央という役にも、作品にもすごく共感する部分がありました」と自身を重ね合わせた。

 

319A0087s319A0404s

理央に憧れる由奈を演じた福本は「今までの少女漫画と違って、10代ならではのリアルな将来への不安、悩みが繊細に描かれている作品。作品の良さ、チームワークの良さが伝われば」と語り、天然で捉えどころの無い和臣を演じる赤楚は「家庭の悩み、葛藤は今の高校生の皆さんに刺さると思いますし、一歩踏み出す勇気みたいなものが絶対にもらえると思います」とリモート視聴者に呼びかけた。

キャスト全員が集まるのは1年3ヶ月ぶり。浜辺は「(久しぶりに会えて、距離感も)同じですね。皆、自由でしようがないんです。皆、同じ血液型で、血液型(での性格を)“信じる信じない問題”はありますけど、皆(性格は)同じ感じです。疲れてきたら喋らなくなったり、元気なとき喋ったりとか。現場では居心地が良かったです」と仲の良さをアピール。

 

319A0336s

北村と浜辺は二人の初共演は3年前の映画『君の膵臓をたべたい』。3年前の同じ7月6日に完成披露を行ったそうだが、北村は「感慨深いですね。二人して緊張して。雨も降っていないのに『足下のお悪い中・・・』と挨拶・・・」。浜辺が「言ってたあ!」と大笑い。

北村は「何の気なしに言ってて、今でも言われるんですよ(苦笑)。いつか、(雨の降っていない日の舞台挨拶に)使ってやろうと思っているんですよ(笑)」と苦い過去を振り返った。

浜辺は「北村さんはビックリするくらい変わらないですね。精神的には大人っぽく頼り甲斐があるんですけど、(最近は)さらに、悟りを拓かれたかな。達観されて、すごく面白いです」と尊敬の眼差しを向けた。一方の北村は、浜辺について「会うたびに花が咲いていくような。ワードセンスもシュールさが年々増している」とお互い褒め合っていた。

 

 319A0498s

このあとは、オンラインで繋がれた女子学生からの質問、願いごとコーナーに。コロナ禍により学校でのイベントが無くなり、青春の機会を失われている女子学生からの質問やお願いごとが相次いだ。「私の誕生日を祝ってください!」には、皆でハッピー・バースデー・ソングを斉唱。「将来の夢が決まらない。皆さんが自分の将来の夢を決めたときの話を!」、「中3の受験生へのエールを!」、さらには、「キス・シーンの撮影ではいつもどんなことを考えていますか?」。

恥ずかしそうな北村は「まずは、しっかり歯を磨くこと(笑)。抜かりの無い自分で向かう!そして、適度に緊張する」とキス・シーンでの心構えを披露。さらに「人生でのファースト・キスは小学5年生のとき、ドラマ(撮影)なんです。(今は)無の境地で、自分の気持ちを覆いかぶすところまで来ています」と告白。

 

319A0371s319A0281s

浜辺は「いや~、私にはまだその境地には達していないです。今回が初キス・シーンだったんですよ」とテレながら答えると、相手役の北村が「ゴメンなさい。すいませんでした」と何故か謝る。浜辺は「お世話になりました~。(その節は)どうしようかなと思ってました。自分からのキスじゃなくてよかったです。テストでもキスするのかなって?」と監督に投げかける。

監督は「そのへんは、監督からは聞きづらい。現場では探りながら、本番で一発ガバッて行こうよみたいな感じでやっってますね」とキス・シーンの実態を明かした。

 

319A0496s

イベント最後には、浜辺と北村が挨拶。北村は「学生の皆さまを少しでも笑顔にできる作品になればいいなという思いと、僕らのような学生の頃を思い出す年代の皆さまにも、あのときのキラキラした毎日を思い出せる温かくも切ない、前に進める映画だと思っております。こんなときだからこそ公開すべきだったと、僕も嬉しく思いますし、この映画が早く皆さまのもとに届いて、少しでもたくさんの映画が日本に溢れることを願っています」と締めくくった。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(配給:東宝)は8月14日(金)全国公開される。

 

 

 

関連記事


Page Up