北村匠海、コメディ初出演!撮影の前はいつも変顔の練習 映画『とんかつDJアゲ太郎』 公開記念イベント

2020/10/6 17:20

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『とんかつDJアゲ太郎』の公開記念イベント“渋谷の中心でとんかつ愛を叫ぶ presented by 「とんかつDJアゲ太郎」”が、10月6日(火)、東京プラザ渋谷の17階“SHIBU NIWA”で行われ、主演・北村匠海、共演・山本舞香、伊藤健太郎、加藤諒、浅香航大、栗原類、DJ KOO、ブラザートムが賑やかに集結し、作品についてクロストークを繰り広げた。

 

319A9929s

上段左から:ブラザートム、浅香航大、DJ KOO、加藤諒、栗原類
下段左から:伊藤健太郎、北村匠海、山本舞香

 

本作は、集英社「少年ジャンプ+」で掲載されるや、ネット上で絶大な支持を集めた伝説の漫画『とんかつDJアゲ太郎』(原作イーピャオ・小山ゆうじろう)の実写映画化。とんかつ店の跡取り息子がDJを目指す物語。これまで体感したこともない満腹絶倒コメディとなっている。監督は、『チワワちゃん』などの二宮健が務めている。

本作が映画初出演となるというDJ KOOの「あげてくぜ~!」の掛け声で、とんかつの着ぐるみを着た“とんかつ隊”が踊るなか、キャスト陣が登場。主演のお調子者・アゲ太郎役の北村匠海、アゲ太郎が憧れる見習いスタイリスト・苑子役の山本舞香、アゲ太郎のライバルで気鋭の大人気DJ屋敷蔵人役の伊藤健太郎らが次々に登場し、会場を盛り上げる。

 

319A9943s

コメディには初挑戦で、カラシ色”のスーツ姿で登場した北村は「たまたま、からし色のスーツですが、とんかつにもキャベツにも合いますね」と笑顔で挨拶。作品について「アゲ太郎はどうしようもない男の子で、遊びながら暮らしていて、キャベツの千切りだけしている(笑)。でもヒロインの苑子ちゃん(山本)に恋をして、音楽と出会い、とんかつもフロアもアゲていきます……。音楽映画でもあり、笑える映画でもあり、一人の男の子のサクセスストーリーにもなっています」と作品の展開について説明した。

 

319A9954s

 共演の山本は「北村さんはコメディが初なので、カメラが回る前にいつも変顔の練習をしていました。顔をほぐしてから現場に入る姿を見ていて、一生懸命なんだなぁ~って(笑)」とにっこり。

北村は撮影に入るころは今より8キロ以上も太っていて、ぽっちゃりだったことを明かし、「当時は“わがままボディ”(デブデブ)で、アゲ太郎を演じるためにすべてを捨てて(タンクトップで、パンツも短くて、ほぼ裸で渋谷を走り回っていました」と振り返った。

そんな北村に山本は「体操着を着て走るシーンなんか、可愛くてしょうがない。太ももがムチムチでくっつきそうで、アゲ太郎って感じでした(笑)」と、笑いながらおススメのシーンをあげていた。

 

319A9945s

また、北村とは10代の頃にドラマ(「仰げば尊し」(2016年))で共演して以来の再共演となった伊藤。「プライベートで仲良くなって、プライベートで会う時間の方が長くなっていたので、現場で会うのは久しぶりです。一緒に横に並んで立てていることが感慨深い。一緒に仕事が出来て嬉しいですね」と話す。お互いの成長について聞かれると、伊藤と北村は、「お互いにいい意味で変わってない」と2人で顔を見合わせて応えていた。

劇中での印象的なシーンについて聞かれると、北村は「2人のシーンはずっとニヤニヤしていて。ドラマ以降の共演だから熱すぎるね」と大喜び。伊藤も「(ドラマの頃は、)2人で『売れような!』って言いながらバスに乗って一緒に帰ったりしていたので、あのシーンを撮っていたときは嬉しさだったり、いろんな感情が交錯していました。あのシーンは俺ら2人とも素に戻っていたかも!」と当時を懐かしむ様子も見られた。

 

319A9863s319A9941s319A9793s

終盤、キャスト陣がリモートでつながれたファンたちと一緒となって総勢129(いい肉)名でとんかつを一緒にほおばる一幕もあった。

映画『とんかつDJアゲ太郎』は10月30日(金)より全国公開される。

関連記事


Page Up