稲垣吾郎が考える今年を表す漢字一文字は「森!」 舞台『No.9-不滅の旋律-』まもなく開演

2020/12/13 07:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

 

稲垣吾郎が主演を務める舞台『No.9-不滅の旋律-』の公開ゲネプロが12月12日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われた。

 

9J9A1446-2s

剛力彩芽    稲垣吾郎


本作は、天才・ベートーヴェンが聴覚を失ってから、最後の交響曲「第九番」生み出すまで、音楽に魅せられた激しい人生を描いた物語。2015年に初演、18年に再演、そして今年再々演を迎えた。脚本は劇団☆新感線の座付き作家、中島かずき。そして演出は白井晃が務めている。稲垣はベートーヴェン役、そして彼を支えるヒロイン・マリア役を剛力彩芽が担当する。


 

9J9A1434-2s


ゲネプロ前に行われた囲み取材に出席した稲垣と剛力は、18年の再演から引きつづき同役を演じるとあって息ぴったり。稲垣は初日を控える心境を「とても嬉しいですね。舞台を観に来てくださるお客様と素敵な時間を過ごせるのが、楽しみで仕方ないです。皆さんと出会えると、元気と喜びがより大きくなりますね」と顔をほころばせる。


 

9J9A1441-2s


剛力も同感と言いたげに頷きながら「同じ役を2度演じられるのは嬉しいですね。このご時世ですが、時代を超えて、皆さんに何かを伝えられればという思いでここに立っています」と意気込んでいた。


 

9J9A1723-2s


そんな剛力を見つめながら「‥‥‥大人っぽくなったね!」と稲垣がしみじみ語る。「ベートーベンはゴジラみたいな人で周りの人間がとても大変。演じる僕も冷静さがなくなってしまうときがあっても役柄のマリアのように支えてサポートしてくれる。マリアは変化が多い難しい役ですが、その変化を女優さんとして演じてくださる姿をお客様に観ていただけるのが嬉しいですね」と剛力の成長ぶりを褒めたたえていた。が、剛力の大人への変化について「僕らの年の2年間より、どんどん成長し変わっていく……お父さんみたいな発言ですけど(笑)。お兄さんにしといてください」とセルフツッコミをして笑いを誘っていた。


 

9J9A1782-2s


剛力も稲垣について「本当に引き寄せられる魅力があります。マリアは支えているようで、実はベートーヴェンに支えられていて、そこは稲垣さんとリンクしている」と笑顔を見せていた。


今年も残りわずか、ということで恒例の「今年を漢字一文字で表すとしたら?」と聞かれた稲垣は、「そうですねえ……」としばらく考えた末に、元SMAPメンバーでオートレーサーの森且行選手が11月に『第52回SG日本選手権オートレース』で初優勝したことに触れ「嬉しいニュースだったので、『森』で!」と今日いちの笑顔を見せていた。

 

9J9A1793-2s


音楽家としては致命的な聴覚障害を抱えるベートーヴェンは、自分の頭の中に生まれる様々な音楽から、ピアノソナタ「悲愴」「月光」、交響曲第五番「運命」 第六番「田園」、第九番「合唱付き」など、世界的にも知られる名曲を生み出す。だがその一方で私生活は天才故の狂気に満ちた言動の数々から他人はもちろん身内にも理解されない状態となっていた。そんな中ピアノ製作家の妹であるマリアと出会い、反発しながらも何時しか最大の理解者となっていた。


 

9J9A1810-2s


ゲネプロでは稲垣がもはや稲垣ではなく、天才にして変人、狂気すら感じさせるドイツの音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンそのものとなっていた。初演から5年の月日が流れ稲垣自身も歳を重ねた事で、より一層ベートーヴェンの人となりの描き方に深みが増していた。


また剛力も、物語の中で若く強気な女性からいつしか愛と強さ、包容力を持ち合わせる頼もしい女性に成長していく姿をしっかりと描いており、観る者の心をしっかりとつかんでいたように感じられた。

 

9J9A2010-2s


舞台『No.9-不滅の旋律-』は2021年1月7日まで、東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演される。


 

 

 

 

 

関連記事


Page Up