Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハ・ジウォン、映画『HANA~奇跡の46日間~』特別試写会で舞台挨拶!

2012/11/8 10:34

ドラマ『シークレット・ガーデン』『ファン・ジニ』や、映画『TSUNAMI-ツナミ-』など、数多くの作品に出演する韓国の国民的女優ハ・ジォンが、11月2日、東京・シネマート新宿にて行われた主演映画『HANA~奇跡の46日間』(原題:KPREA)の特別試写会の舞台挨拶にムン・ヒョンソン監督と共に登壇した。


本作品は、1991年4月に千葉県で開催された第41回世界卓球選手権大会に、史上初めて南北統一チームとして参加した選手たちの熱い友情と戦いの日々を描いたスポーツ・エンターテインメント・ムービーだ。かつて世界卓球連盟会長であった荻村伊知朗氏の尽力で実現した南北統一チームの奇跡の実話が、21 年の歳月を経て、韓国映画として完成。

主演のハ・ジウォンとペ・ドゥナが迫真の演技でライバル同士を演じ、韓国では今年5月公開され、200 万人を超えるスマッシュヒットを記録した。


大歓声と拍手、報道陣のフラッシュの嵐で迎えられ登場したハ・ジォン。黒のミニドレスをキュートに着こなし、爽やかな笑顔で「こんにちは、ハ・ジウォンです。皆さんにお会いできてとても嬉しいです。また、日本で映画『HANA~奇跡の46日間~』を公開することができて、本当に胸がいっぱいです。」と挨拶し、喜びの気持ちを表した。


ムン監督は、この作品の制作経緯を「2年前、20年前にあったこの卓球大会の話をする機会があり、この話は実話だが映画よりもっとドラマチックだと感じました。21年という時間が経過し、その当時いた人々の状況、感情を今もう一度振り返ることに意義があるのではないかと感じ、この映画を作ろうと思いました。」と語り、「私も、映画の舞台となった日本の観客の皆さんにお会いすることができ感動し、感謝しています。」と感激いっぱいの様子。


劇中では、迫力やスピードなどまるでプロ選手が試合をしているような臨場感あふれる卓球のシーンが展開されている。「10年以上の選手生活を送らないと、国家代表選手になることができないのですが、私たち俳優はたった6ヶ月で卓球の国家代表選手にならなければならず、体にかなり無理をして訓練しました。たくさんの怪我もしました。1日の休みもなく、撮影とトレーニングを平行して行い、誰ひとりとして仮病を使うことなく本当に一生懸命頑張ったので、あの本物のような卓球のシーンができたのだと思います。」と過酷な撮影を振り返ったハ・ジウォン。


さらに、「映像の中で、私たちが汗をびっしょりかいていますが、実はあれ本物の汗なんです。」と明かし、「1か月の間、体育館の中で試合のシーンを撮ったのですが、体感温度が50度を超えていました。さまざまな悪条件を克服しながら俳優とスタッフで撮影しました。私たちの汗と情熱がなければこの作品はできなかったと思います。私たちが1つになって作りあげた作品、私たちの真心が日本にくることができて、胸がいっぱいでワクワクして、気分がいいです。」と、この映画に賭けた熱い想いを語った。

最後に、ムン監督から「21年に全国卓球協会の会長でいらした荻村伊知朗さんという方の偉大な考えがあったからこそ、この話が実際に生まれてきたのです。当時、卓球で世界に人々に感動を与えましたが、今そこに映画を加え、“卓球と映画”でもう一度多くの方に感動を与えたいと思います。ありがとうございました。」と挨拶。

故・荻村伊知朗氏は当時、卓球を通じて世界中のあらゆる地域と国々で融和と総合理解を図る運動を展開して大きな功績を残した。彼の発案と尽力で、卓球における南北統一チームが実現し、南北融和の象徴的存在として大きな注目を集めたのである。

 
ハ・ジウォンは、「21年前、ここ日本で小さな統一が成し遂げられましたが、同じ日本で映画を公開することができて非常に感謝していると同時に、光栄に思っています。映画の持っている真実味、真心が皆さんの心に近づき、心を温かくしてくれる映画になってくれればいいと思います。皆さん、いつもお元気で幸せでいて下さい。」とコメント。

また、この日集まったファンに向けて「ファンの皆さんが朝早くから待っていて下さいました。久しぶりにお会いすることができて感謝しています。私も会いたかったです。」と、満面の笑みをうかべて感謝の気持ちを伝えると、会場からは割れんばかりの拍手と歓声があがった。

上映された特別試写会では多くの観客が感動し涙していた。現在32歳のムン監督が若い感性と真摯な姿勢から制作された映画『HANA~奇跡の46日間』は、単に分断の悲劇を語る作品ではなく、女性同士の友情を描き魅せることによって統一への希望や分断の歴史を如実に物語っている。スポーツ・エンターテインメントと人間ドラマを融合した斬新な映画で、韓国映画界にまた新たな可能性が吹き込まれたといえよう。

<ストーリー>

かつて韓国で空前の卓球ブームを巻き起こしたスター選手、ヒョン・ジョンファ(ハ・ジウォン)。しかし中国の壁にぶつかり、惜しくも銀メダル止まりに終わっていた彼女に、千葉で行われる世界卓球選手権大会を控え、南北統一チームが結成されるという知らせが舞い込む。南北の選手たちは、練習方法、ライフスタイル、価値観までもがあまりにも違い、事ある毎にぶつかる。チームを代表する実力者、ジョンファと北のリ・プニ(ペ・ドゥナ)は冷静な態度をとっていたが、日増しに神経戦が・・・。

 『HANA~奇跡の46日間~』(配給:株式会社SUMOMO)は、2013年春公開。

関連記事


Page Up