Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハ・ジウォン&ユン・サンヒョン、ドラマ『シークレット・ガーデン』公開記者会見に登場!

2012/3/7 07:39

韓国で最高視聴率37.9%を記録し、キャストの衣装やセリフを真似するなど、数々の社会現象を巻き起こした大人気ドラマ『シークレット・ガーデン』の公開記者会見が、3月4日、東京・NHKみんなの広場ふれあいホールにて行われ、主演のキル・ライム役を演じたハ・ジウォンと、オスカー役のユン・サンヒョンが登壇した。


「ファン・ジニ」のハ・ジウォンと「私の名前はキム・サムスン」のヒョンビンというトップスターの共演でも話題を集めた本作品が、いよいよ4月からNHK BSプレミアにて放送を開始する。この日は、NHKネットクラブプレミアム会員の中から抽選で選ばれたラッキーなファン150人も参加。2人がステージに登場すると大歓声が沸きあがった。


ハ・ジウォンは、襟と袖口がイエローの半袖ブラウスに、ドットのパステルピンクのミニスカートという春らしいスタイル。ユン・サンヒョンは胸元が開いたベストをインに黒のスリムなスーツで決め、その出で立ちはまさにオスカーそのもの。

 
この作品は、韓国で本当に大反響でしたが、どう思いますか?という問いに、

ハ・ジウォン:「誰でも魔法のような恋愛を夢見ていると思うのですが、なかなか結ばれないなと思っていた人達が結ばれて愛がかなうとういう姿に、自分も夢を見ることができるんだと、視聴者の皆さんが感情移入して楽しめたからではないかと思います。」

ユン・サンヒョン:「私は歌手という役を演じたくて出演を決めましたが、運よくハ・ジウォンさんやヒョンビンさんと共演でき、いいドラマができました。このドラマは楽しめる要素、感動できる要素がたくさん詰まっているので、皆さんに気に入っていただけたのでは。」


役どころについて、

ハ・ジウォン:「スタントウーマンという馴染みのない仕事についている女性の役で、途中からジュウォンの魂と入れ替わってしまいます。アクションシーンでは、初めての撮影が冒頭の銃を撃つシーンでした。4日間徹夜で撮影したのに、放送では少しだったのでちょっと残念でした。『チェオクの剣』や以前の私の出演作品などのアクションのパロディがあって、キル・ライムはハ・ジウォンのスタントウーマンではないかと思ったほどでした(笑)。」

ユン・サンヒョン:「今まで歌手役を演じた人は多いが、こっけいな歌手を演じた人はなかったんです。台本を見たら、カッコいい歌手より楽しいほうがいいと思って。どうやって演じたらいいかと悩み、ある歌手の人を手本にしました。普段はかっこよく振る舞っているのですが、私生活では気が短かったり、行動が極端だったりする人がいて・・・その歌手の名前は明かせませんが(笑)。」

お茶目な笑顔にファンはメロメロ。

 
キャラクターとの共通点は?

ハ・ジウォン:「可愛いという言葉よりステキだ・かっこいいというのが好き、アクションが好き、カプチーノが好きなど、シナリオ作家が私のことを知っていたのかと思うくらい似ているところがたくさんあります。」

ユン・サンヒョン:「気がせいたり、いいものを見ると声のトーンが高くなったりするところや、楽しく生活するのが好き、いまだに分別がついていないところなんかが似ていると思います。」

ドラマの冒頭シーンでのいきなりのキスシーンについては、「登場がいきなりキスシーンというのは初めて。キレイなキスシーンではダメと監督に言われ、NGをたくさん出してしまったんです。」と明かして、照れ笑い。


魂が入れ替わるという役は大変だったのでは?

ハ・ジウォン:「思ったよりも楽しく撮影できました。お互いに助け合いながら撮影しました。ヒョンビンさんがとても女らしく演じてくれて(笑)。後で元に戻るときが難しかったです。」

すると、ジュウォン役のヒョンビンのからインタビュー映像(兵役前に撮ったもの)が届けられるというサプライズが。「女性の仕草は難しかったですが、ハ・ジウォンさんに助けられました。ライムの性格や状況に重点を置いて演じました。」とヒョンビン。

劇中では、キル・ライムはオスカーの大ファン。ハ・ジウォンは「ユン・サンヒョンさんとは初めてお会いしたのですが、(ライムとオスカーとの)恋愛の部分がなくて残念でした。ユン・サンヒョンさんは、思ったより純粋なところがあって惚れ込んでしまいました。」と伝え、ユン・サンヒョンは「共演は初めて。以前からファンだったので、ヒロインがハ・ジウォンさんと聞いて嬉しかったです。私もラブストーリーがなくて残念でした。ハ・ジウォンさんはとても相手役を気遣ってくれて、台本に集中して口数も少なかったですね。彼女からたくさんの事を学びました。」と互いの印象を語った。

数ある見どころのラブシーンの中、ライムとジュウォンの顔が超接近する“腹筋シーン”について、ハ・ジウォンは「腹筋がこれほどエロティックでときめくものだと初めて知りました(笑)。心の準備ができていなかったので、ヒョンビンさんの顔が近づくとドキドキときめいてしまいました。撮影して間もなかったので、ライムと同じ気持ちで撮影しました。」と当時の心境を振り返った。


ジュウォンとライム、オスカーとスルのそれぞれのカップルは、今どのように暮らしていると思いますか?という質問には、

ハ・ジウォン:「子供が3人できていて、今も幸せに暮らしていると思います。オスカーとスルと4人でまた一緒に夕飯など食べているのではないでしょうか。」

ユン・サンヒョン:「オスカーとスルは、おそらく芸能事務所を構えてサンを育て、今ごろ日本にプロモーションに来ているんじゃないかと思います。」

(この答えに、会場から笑いと感嘆の声が起こった。)

ハ・ジウォンさんのその美しさの秘訣は?

ハ・ジウォン:「ありがとうございます(日本語で)。普段から運動をしています。特に体のバランスを整えるヨガがおすすめです。」

 
ダンスシーンで苦労した点は?

ユン・サンヒョン:「初めはロック歌手のはずだったんですよ。ダンスシーンがあるからと言われ、2NE1の先生に1か月間ダンスのレッスンを受けました。ダンスが難しいというより、30代の私は体力の消耗が激しくて大変でした。」

また、来場のファンとクイズやジャンケンをして勝ち抜いた5名にプレゼントを手渡しするという企画もあり、ユン・サンヒョンが劇中のサングラスをかけて見せるなど、会場のファンは大盛り上がり。

最後に、ドラマの見どころを「ハ・ジウォンさんのアクション演技は一級品ですから期待して下さい。」とユン・サンヒョン。ハ・ジウォンは「オスカーの甘い歌声もたくさん出てきます。それ以外にもドラマコンサートが開かれるほど、素晴らしい音楽がたくさんありますので、そちらも楽しんで下さいね。皆さんに魔法をかけるような幸せのドラマをぜひ見て下さい。」とアピールした。

 
ドラマ『シークレット・ガーデン』は、財閥の御曹司キム・ジュウォン(ヒョンビン)と、アクション監督を夢見るスタントウーマン(ハ・ジウォン)が織りなすファンタジック・純愛ラブストーリー。大人気歌手のオスカー(ユン・サンヒョン)と元恋人のユン・スル(キム・サラン)とのほろ苦い恋も見逃せない。

『シークレット・ガーデン』・・・4月5日午後11時15分よりNHK BSプライムにて放送開始。

番組HP・・・ http://www.nhk.or.jp/kaigai/secretgarden/


関連記事


Page Up