ZE:Aシワン、映画『K-POP DREAM CONCERT 2012』来日舞台挨拶に登場!

2013/1/23 03:50

全国で絶賛ロードショー中の映画『K-POP DREAM CONCERT 2012』の出演アーティストでもあり司会も務めた、K-POPアイドルグループZE:Aのシワンが、本作品の公開を記念し来日。1月20日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶と記者会見を行った。

『K-POP DREAM CONCERT』は、1995から開催され、海外からも5000人以上のファンが参加し、毎年約7万人もの観客を動員。韓国はもちろんアジアのトップスターとして君臨する東方神起や、現在大活躍中のKARA、2PM、BEAST、ZE:AからINFINITE、EXO-Kなど次世代アイドルまで勢ぞろいで出演している。

DSC_3413のコピー
2010年に韓国でデビューし、韓国のみならず日本をはじめアジア各国で活動を繰り広げ、大人気のZE:A。メインボーカルの一人として活躍するシワンは、ドラマ『太陽を抱く月』や『赤道の男』などの話題作に出演し、K-POPアイドルとしてだけでなく俳優としても大ブレイク。その丹精が顔立ちと演技力で、演技するアイドル“演技ドル”と呼ばれ、注目を集めている。

爽やかな笑顔で登場したシワンは、「2013年に初めてお会いしますね。遅いですが、明けましておめでとうございます。」と日本後で挨拶。大歓声とともに大きな拍手が送られた。

CSC_3470のコピー
Q:ドリームコンサートの舞台に立ち、司会も務められましたが、お気持ちはいかがでしたか?緊張されませんでしたか?

もちろん緊張しました。ドリームコンサートは、韓国で本当にトップの人だけが立てる夢の舞台です。歌手としてそのステージに立てるだけでも素晴らしいことなのに、司会まで任せていただいて本当に夢のようでした。言葉では表せないくらい緊張して、何をしたのか覚えていないくらい。後で言葉に詰まっている自分を映像で見てちょっと恥ずかしかったです。

※ファンに向かって「僕、緊張してたのわかりませんでしたか~?」と声をかけると、「ケンチャナヨ~(大丈夫よ)」と返ってきた。「初めてですからよろしくお願いします。」と笑った。

Q:司会をすることと、歌手としてステージに立つことの切り替えは大変ではなかったですか?

本当にわけがわからなくなってしまいました。司会をして、衣装を替えて歌って踊って、また衣装を替えて司会をして・・・。本当に慌ただしかったです。

Q:ドリームコンサートの中で一番思い出に残っていることは?

7万人のファンの方たちです。色々な風船やネームカードを持って応援して下さっている姿が、本当に美しかったです。歌手として力になると思いました。

そして、「その中で皆さんが一番です!(日本語で)」。

DSC_3458のコピー

Q:ドラマ『太陽を抱く月』『赤道の男』に出演し、俳優としても大活躍ですが、俳優への挑戦はいかがでしたか?

僕は、俳優として演技の勉強や準備をしていませんでしたが、運良くチャンスをいただきました。自分の演技以上に高い評価をしてくださり、感謝していると同時に責任感を感じるようになりました。

Q:ZE:Aのメンバーや家族の反応はどうでしたか?

ドラマに出る前は、テレビに出る機会が少なかったので、両親は「うちの息子は何をしているのか?」と心配していたようですが、ドラマに出演しテレビによく出るようになって喜んでいると思います。演技の上手い下手は関係なくて、とにかくテレビにたくさん出ていれば嬉しいみたいです(笑)。

メンバーからは、「演技上手だね。」と言ってもらいました。やっぱりメンバーの言葉は大事な力になりますね。

Q:役作りについては?

演技の基礎知識がないので、どのように演じようかというより、その人物のキャラクターになりきるようにマインドコントロールをしました。セリフはステージで歌っているときも自分のパートではないときに、自分の中でなぞなぞをして答えるようにして、いつもセリフを考えていました。あ、でも歌手の仕事をサボっていたというわけではないですよ!(笑)。

Q:これから挑戦してみたい役は?

演技についてはまだ新人ですので、やらせてもらえるなら何でもやってみたいです。「期待してください。(日本語で)」

 DSC_3385のコピー
Q:20日よりNHKBSプレミアで放送がスタートする『太陽を抱く月』での思い出は?

同じ子役を演じた子たちが印象に残っています。15~16歳ですが、演技の世界では大先輩。一緒に演じながら学ぶことがありました。

Q:昨年結成したスペシャルユニット『ZE:A5(ゼアファイブ)』の魅力は?

9人で活動していたので、5人での活動は最初は少し寂しいような、落ち着かない感じでしが、『ZE:A5』では活発で明るいイメージのZE:Aとは違った魅力をお見せできると思います。

Q:今後の活動について教えてください。

2月7日にZE:A5の『クラシック』というシングルを発売します。負傷していたジュンヨンさんも合流する予定です。3月21・22日にパシフィコ横浜(「ZE:A LIVE 2013 in YOKOHAMA」開催)で9人揃っての活動を再開します。

「たくさん観にきてください。(日本語で)」

2月7日は、バレンタインデーも近いので一緒に楽しみましょう!

DSC_3392のコピー
Q:2013年の抱負は?

ZE:Aも僕もそうですが、実力以上の大きな評価をして下さり、愛して好きでいてくれて本当に感謝しています。これからも僕たちのことを好きでいてください。僕たちは一生懸命頑張っていきます。

Q:年末の演技大賞などの司会のオファーがきたら受けますか?役者としての司会はどうですか?

自分にとっては過分なお話ですが、やらせてくれるなら是非やりたいと思います。一生懸命やります。

※シワンさんなりのキャラクターでお願いします。と言われ「かしこまりました。頑張ります(日本語で)。」と答えたシワン。会場の笑いを誘っていた。

フォトセッションでは、カメラマンからのリクエストに気さくに応え、色々なポーズをとっていたシワン。最後に「『太陽を抱く月』毎週日曜日9時からの放送です。是非見てください。」とRPし、「ありがとうございます(日本語で)。」と挨拶して大きく手をふりながら舞台挨拶を終了した。

今年も、ZE:Aとシワンの活躍から目が離せそうにない。

 DSC_3409のコピー
映画『K-POP DREAM CONCERT 2012』は、1月25日までTOHOシネマズ系列にて公開。その後もテアトル新宿(1月26日~)等、順次全国劇場にて公開予定。

映画『K-POP DREAM CONCERT 2011&2012』公式サイト

 http://dreamconcert20112012.brokore.com/

シワン、ZE:Aについての情報はこちら

 http://zea-japan.com/

 

 

関連記事


Page Up