イ・スンギ、日本デビュー決定!6月には武道館ライブも!

2012/2/1 12:22


韓国では「国民の弟」と称され、歌手、俳優、バラエティーやMC等マルチな活躍で愛されているイ・スンギが、遂に3月6日、日本デビューする!1月30日、東京・恵比寿にて日本デビューシングル『恋愛時代』発表記者会見を行い、150人を超える取材陣が駆けつけ注目の高さをうかがわせた。


イ・スンギは、2004年、17才の現役高校性で韓国にて歌手デビュー。その後、俳優としてデビューを果たし、2009年の主演ドラマ『華麗なる遺産』は、47.1%の最高視聴率を記録し、2010年の主演ドラマ『僕の彼女は九尾狐(クミホ)』も大ヒット。本人が歌った主題歌は音源配信チャートで1位を獲得した。また、人気バラエティー番組『1泊2日』にレギュラー出演し、トーク番組「強心臓(カンシムジャン)」のMCや年末の音楽番組の司会を務めるという、まさに万能エンターテイナー。韓国では、現在11社のCMに出演し、4年連続CMキングに輝く好感度NO.1アーティストだ。


この日は、超高倍率の抽選から選ばれたラッキーなファン約100名も参加。会見にイ・スンギが登場すると、いっせいにフラッシュの嵐がたかれ、大きな拍手で迎えられた。「今日はこんなにたくさんの方にお集まりいただきありがとうございます。日本デビューをとても楽しみにしていました。」と流暢な日本語で挨拶。「早く日本に来たかったし、僕自身も期待していてワクワクしています。」と、キュートなえくぼを見せて喜びを表した。

そして、「日本で初めての記者会見なので、形式的なものではなく誠意をもってお知らせしたかったので・・・。」と、デビュー曲『恋愛時代』とカップリング曲『チングジャナ-友達だから-』を、韓国からバンドを引きつれて熱唱。


『恋愛時代』は、イ・スンギが作詞作曲したもの。「この曲は、ちょうど『1泊2日』の撮影で大阪に来たときに作ったんです。撮影が終わってホテルで寂しいなぁと思っていた時にこの曲を思いつきました。歌手ではなく、26歳の青年、人間イ・スンギの想いを歌詞に込めました。」と明かした。

曲の途中で、女性との掛け合いのセリフがあり、この日はモデルで女優の水沢エレナが相手を務め、韓国バージョンは『華麗なる遺産』で共演したハン・ヒョジュが担当し、日本語バージョンは仲里依紗が共演している。


日本語でのレコーディングはどうでしたか?の問いに、「難しかったです。発音が違うし、大変でしたが、変だなと思われたくなくて完璧を目指して努力しました。」と胸を張り、「どうか皆さんの冷静な評価と、それよりも温かい目で見ていただければ・・・。」と笑った。

また、今回の曲についてはミュージックビデオではなく、15分にも及ぶミュージックドラマが制作され、女優のパク・シネや、チュ・サンウクが共演し、豪華な作品となっている。


3月より韓国で放送が予定されている最新ドラマ『King 2 Hearts(仮)』の、主役出演も決定し、「2月1日から撮影がスタートします。キング役です。今まで演じた中で、一番とんがっているキャラクターです。ぜひ期待していて下さい。」と語る、大活躍のイ・スンギ。

さらに、6月1日に日本武道館で初の日本ワンマンライブを行うことが発表されると、ファンからは悲鳴にも似た大歓声があがった。スンギは、「日本武道館での公演は、誰もができるわけではないと聞いています。日本でデビューできるだけでも嬉しいのに、そんな素晴らしい場所で公演ができて、とても嬉しく楽しみにしています。」と目を輝かせた。これは、韓国のアーティスト史上、CDメジャーデビューから最短での日本武道館公演となる快挙だ。


その他の質疑応答では、

Q: 2010年・2011年は、韓国ガールズグループ、ボーイズグループの活躍が目覚ましかったと思いますが、2012年は、韓国ソロアーティストがブレイクできるでしょうか?

A: 韓国でも、ソロのアーティストが活躍しています。グループとは違うパフォーマンスステージができると思うので、僕自身も楽しみにしています。

Q:先に日本デビューした歌手からのアドバイスはありましたか?

A:特にありません。先に後輩たちが基盤を作ってくれたので、その上に乗っていきたいと思います。(笑)

Q:日本デビューについて、ご家族の反応は?

A:家族は、「一緒に(日本に)旅行に行けるね」と喜んでいます。そして、こうして海外のアーティストを迎え入れて愛して下さって、本当にありがたいと言っています。

Q:ご両親を旅行に連れて行くならどこへ?

A:箱根の温泉や、東京の美味しいお店に連れて行ってあげたいです。

Q:韓国と日本の一番違うところは?

A:とても似ていると思います。考え方、物事の進め方、礼儀を重んじるというところがとても似ていますね。

Q:食べ物で一番好きなものは?

A:お弁当です!(会場、大爆笑!)

特にトンカツが大好きです。ラーメンや、和食全般好きです。食べることが好きなので、牛丼などは自分で作りますよ。

Q:2012年は日本に頻繁に来てもらえますか?また、日本のTVのラブコメ出演などはいかがですか?

A:ドラマ撮影が5月末~6月初旬に終わる予定で、日本武道館のライブの準備もあるので、ドラマ撮影が終わったらすぐに日本に来たいと思っています。

チャンスがあれば、日本のドラマにも出演したいです。綾瀬はるかさんと共演してみたいですね。役は、無口なキャラクターがいいかも。まだ日本語が未熟なので・・・。(照れ笑)

Q:共演してみたい日本のアーティストは?

A:ONE OK ROOKや、久保田利伸さんと共演してみたいです。日本は音楽ジャンルが多いので、どんなアーティストと共演しても新しい僕を見出せるのではないでしょうか。
会見中、時折日本語を交えて答えるイ・スンギは、2004年に日本のドラマ『プライド』を見て感心を持ち、忙しい中勉強しているという。多才な才能を発揮しているが、一番本当の自分に近いのは、『1泊2日』の姿だといい、「こんなに辛い番組はないです。機会があれば、日本と韓国の芸能人の方々と一緒に旅行する番組ができたら楽しいと思います。」と無邪気な笑顔を見せた。

最後に、「アーティストとして、俳優として、韓国での活動のように日本でも頑張りますので、これからも応援して下さい。日本で活動することを通じて多くの人との親交を深め、日本と韓国の文化交流を図る役割を担えるようになれば嬉しいです。」と意気込みを語った。

 2012年も、またイ・スンギ旋風が吹き荒れそうだ!


関連記事


Page Up