『ミュージカル宮』、超新星ソンモ主役の初日公演大盛況!

2012/9/4 02:53

昨年12月に東京で上演され、好評を博した『ミュージカル宮』が、9月1日、東京・五反田ゆうぽうとホールにて再び幕を開けた。初日の舞台を飾ったのは、昨年に引き続き主役の皇太子役を演じたソンモ(超新星)。

会場を埋め尽くしたファンを前に、おなじみのコン内宮が登場すると、割れんばかりの拍手と歓声があがった。主役に引けをとらない人気っぷりだ。

 舞台の幕があがり、ソンモ(シン皇太子)が現れると会場は一気にヒートアップ。一見クールだが、本当は強くて心優しい皇太子シン。運命に翻弄されながらも、チェギョンの愛に目覚めていく姿を、共演のチェ・イェスル(シン・チェギョン役)や、チャン・ユジュン(イ・ユル役)らと呼吸を合わせ、見事に熱演した。


今回の公演では舞台がガラリと変わり、以前にも増して華やかで立体的な舞台がまず目に飛び込んでくる。高さと広さが加えられ多くの映像も駆使し、よりリアルにダイナミックになっている。役者たちもどんどん客席に降りてきて、舞台と客席が一体となり、まさに会場全体がステージのような空間・・・。


色鮮やかな衣装から細かい小物まで、見どころは尽きないが、なんといってもシンとユルの迫力あるフェンシングシーンは見逃せない。新たに追加されたミュージカルナンバーとダンスの楽しいポップなステージで、ぐいぐいと宮廷の世界に引き込まれていく。

さらに、ところどころに出てくる日本語とアドリブで会場は大爆笑。愛すべきキャラクター・コン内宮のアドリブにも磨きがかかり、ソンモが超新星の曲を思わず歌ってしまうシーンでは大歓声があがった。


終始ワクワク・ドキドキし通しの『ミュージカル宮』、あっという間に120分が過ぎて行った。カーテンコールは拍手喝采となり、終演後、再びソンモが登場し挨拶した。

「超新星のメンバーは皆韓国に帰りましたが、僕は皆さんのために残って、ミュージカルを頑張りました(笑)。他のキャストの方々も、観客の皆さんの笑顔のために頑張っています。」と伝え、さらにファンに楽しんでもらうべく、急きょ4日、5日、6日の公演後にハイタッチ会を開催することを発表。「時間があったら、なくても(笑)、何度でも観に来て下さいね。」とジョークを交えてミュージカルをPR、投げキッスを飛ばしてステージをあとにした。

※4日、5日、6日の昼公演後、来場者全員とソンモがハイタッチ!!

『ミュージカル宮』ダブル主演

ソンモ(超新星)は、9月1日(土)~7日(金)出演。

カンイン(SUPER JUNIOR)は、9月8日(土)~13日(木)出演。

 日本公式HP: http://www.musical-k.com/

 

関連記事


Page Up