【前編】木村達成、有澤樟太郎インタビュー ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3 「IHIステージアラウンド東京は五感で楽しめる劇場です」

2020/3/8 17:27

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

ブロードウェイ・ミュージカル(日本キャスト版)『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3が2020年4月1日(水)から開幕する。360度客席が回転するIHIステージアラウンド東京で行われることで注目の『ウエスト・サイド・ストーリー』もいよいよ最終章を迎える。Season3は、トニー役(Wキャスト)浦井健治・柿澤勇人、マリア役(Wキャスト)桜井玲香・井原六花、アニータ役(Wキャスト)ソニン・夢咲ねね、リフ役(Wキャスト)加藤和樹・木村達成、ベルナルド役(Wキャスト)Oguri・有澤樟太郎で送る。開幕を控えた2月、舞台への意気込みをリフ役の木村達成、ベルナルド役の有澤樟太郎に聞いた。

025s

(左から) 木村達成    有澤樟太郎

――役が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

有澤:今回、オーディションで選んでいただきました。作品自体は以前からもちろん知っていて、おじいちゃんもめちゃくちゃ好きな作品なので、そんな名作に携われるというのは率直に嬉しい気持ちです。

木村:リフ役でオーディションを受けさせていただきました。今までは踊りといっても一曲の中の一部に踊りが入っている感じでしたが、今回は一曲通して踊ることもあり、すごい量のダンスを覚えなくてはならないんだろうなと受かった時に思いました。オーディションでダンスは1シーンだけだったのですが、これがあと倍、倍、倍になるんだなぁと考えました。受かった時はもちろん嬉しかったです。この劇場で、ウエスト・サイド・ストーリーという作品に挑戦できるという気持ちもすごく高ぶりました。キャストの中に自分の名前が書かれているのは光栄ですし、この豪華なメンバーとリフを演じられるのも素敵なことです。昔共演したことのある(有澤)樟太郎とやれるのも嬉しいです。

052s047s

――昔の共演というのは?

木村:ハイパープロジェクション演劇 「ハイキュー!!」という作品です。その時は同じ中学校の(バレーボール)チームから、ライバル校に入り戦うという設定だったのですが今回の舞台も立ち位置的には戦う相手の一人になるので、楽しみです

058s045s

――この作品についてはどのような思いを持っていらっしゃいますか?

有澤:この作品のオーディションを受けるとなってから映画をもう一度しっかり観たのですが、何回観ても楽しめると思いました。一回目はジェッツ目線で見て、二回目はシャークス目線で見るとか、目線を変えてみるとまた楽しめる作品だと思いました。

003s

――来日版、Season1、Season2はご覧になりましたか?

有澤:来日版、Season1は見ました。それぞれ違う良さがありました。来日版は「すごい!圧巻」と感じましたし、日本キャスト版は言語も日本語なのでストレートに感情が伝わってきたのと、見終わった後の感情が各々演じる人によって違うのだと思いました。

木村:来日版を見たのが初めてです。『ウエスト・サイド・ストーリー』は『ロミオ&ジュリエット』に着想を得た作品で、自分は昨年『ロミオ&ジュリエット』にも出演していて、役的にも同じようなポジション(ベンヴォーリオ役)でした。でも、自分の中で、捉え方も違いますし、その時は殺し合いをする役ではなかったので、今回は新たな気持ちでリフ役に臨めると思っています。『ウエスト・サイド・ストーリー』はリフがアメリカ、このベルナルドが、プエルトリコ系という、人種の違いで争うという、たぶん、永遠に続いていく問題だと思うんです。絶対に恋愛してはいけない人と恋愛してしまうという、ある意味昔から続いていた関係性をこの時代にもこの世界観でやれるというのが素晴らしいと思います。僕は恋をする役ではないのですが、ベルナルドのシャークスとやり合うことで、どれだけ禁断の愛かということが伝わると思うので、演じるのがとても楽しみです。

後編に続く~

017s

『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3
会場:IHIステージアラウンド東京(豊洲)
日程:2020年4月1日~5月31日(日)
出演: トニー(Wキャスト) 浦井健治/柿澤勇人
マリア(Wキャスト) 桜井玲香/伊原六花
アニータ(Wキャスト)ソニン/夢咲ねね
リフ(Wキャスト)加藤和樹/木村達成
ベルナルド(Wキャスト)Oguri/有澤樟太郎
中村まこと コング桑田 やついいちろう/槙尾ユウスケ(かもめんたる) モロ師岡


公式サイト https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_3/

 

 

 

関連記事


Page Up