Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

初主演・ムロツヨシ、笑いを取るのとは違う感触を初めて味わった!映画『マイ・ダディ』 公開初日舞台挨拶

2021/9/23 23:18

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『マイ・ダディ』の公開初日舞台挨拶が9月23日(木・祝)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、映画初主演のムロツヨシ、共演の菜緒、中田乃愛、永野宗典、そして金井純一監督が登壇した。

 

319A9783s

本作は映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」 の2016年準グランプリ受賞作品。8年前に最愛の妻(奈緖)を亡くした牧師の一男(ムロ)。最愛の娘・ひかり(中田)が白血病と診断されるが、なんと自分の実子でなかったことを知り、娘を助けるために、ある思い切った行動に出る・・・。

 

319A9599s

冒頭、ムロは「映画を観た後の、皆さんの素敵な感情を壊さないか心配なのですが、マスコミさんたちが来ているとどうにもこうにもふざけないと気が済まない男でして、映画の感想は今のうちに仕舞っていただいて・・・。ここから、ふざけます!舞台挨拶を楽しみたいと思います」と宣言。奈緒は「ムロさんが思いっきりふざけられるよう、私と娘(中田)は真面目に話したいと思います」と続いた。

 

319A9658s

一男のアルバイト先のガソリンスタンドの店長を演じた永野は「知人から感想が届いていまして、『髪型がむちゃくちゃ面白かった』ですって。僕が拘ったポイントだから嬉しいなと。七三分けで、七は給油のこと、三は一男のことを考えながら・・・」と挨拶? ムロは「司会者さん、あの方は何を喋っているんでしょう?本編に関係ないことを喋っています(笑)」と口を挟み、奈緖は「(監督と)二人で髪型が思い出せない(笑)」とあきれ顔、いきなり脱線状態の挨拶となった。

金井監督は「100日前から昨日まで連続でこの映画のことを呟かせていただきまして、昨日のTwitterでは最後の5行の頭文字を上から縦に読んでいくと“ムロツヨシ”。ファンの方の誰かは気づくだろうと思っていたんですけど・・・(苦笑)。凝りすぎたラブレターを送ったら、気づかれずにフラれたみたい」とがっかり。さらに「今日から100日後は来年の1月1日なので、この映画も長続きして、ムロさんには年末の歌合戦に出ていただき」とムロに宣伝を依頼していた。 

続いて、ムロは「金井監督がみた夢をメモって、そこから脚本になって、そこからひとつずつ数を重ねて、今日までが99。そして、お客さまが観て、感想が生まれて、初めて100になる。皆さまのおかげで100点の映画になるんです。うれしいですけど、悔しいですよ!」と話す。というのも「何が好きですか?と聞かれたら、“満席”と答える男なんです!」と、緊急事態宣言下での50%入場制限を非常に残念がり、「どんな手を使ってでも満席にしたいです。すこしでもロングランにすべく、これからも宣伝活動をしていきます」と熱く語った。

 

319A9638s

初の母親役を演じた奈緒は「ずっとやりたかったし、憧れでした。母親の役を家族がテーマの映画で演らせていただき、責任を全うしないといけないという気持ちで最初は緊張しましたが、それをほぐしていただいたのが、監督とムロさん、そして乃愛ちゃんの笑顔。乃愛ちゃんの笑顔を見たら一瞬に虜になっちゃいました。(ムロと)二人でずっとデレデレしていました。乃愛ちゃんに引っ張っていただきました」と中田に感謝しつつ撮影シーンを振り返った。

ムロは奈緖との撮影シーンについて、特に赤ちゃんが生まれたシーンでは「(奈緖との)お互いの距離感をすっと縮められて、おでことおでこを合わせられた。それが自然にできる役者さん」とポスターにもなっている奈緖との素敵なシーンを振り返った。

 

319A9650s

白血病という役柄を演じた中田について、ムロは「17歳の女の子に髪の毛を全部剃らせて、初めて見たときにはグッとなったし、今日久々に会ったら、『髪伸びたなあ』って、よく頑張ったなあ」としみじみ語るが、中田は「(剃髪については)私は、そんなに……」とサラリ。ムロは「ちょっとした温度差が・・・」と戸惑っていた。

SNSでは“ムロツヨシに泣かされた”というキーワードが飛び交っているそう。泣きの演技についてムロは「今回は今までの演技は全部捨てまして、一番苦しい作品でした。達成感とは違って、役者を演っている!と思った日もありました。いつものように汚い手を使っても笑いを取るのとは違う感触を初めて味わせていただきました」と満足げに語った。

 

319A9612s

ムロとの共演について奈緒は「やさしくておもしろい方なんだろうなと勝手にイメージしていましたが、イメージどおりの方でしたし、本当にお会いたかった方なので、初日は緊張しすぎて無愛想だったかも」と反省しつつも、「柔らかい空気を作ってくださって、すぐに打ち解けられたので、ムロさんにはすごく感謝しています」と話した。

そして最後には、ムロが「役者を目指して26年目、初めて主演という立場で舞台挨拶ができるようになりました。皆さまのおかげです。来年だろうが、再来年だろうが、必ず“本当の満席”にしたいと思っています。それが実現する日が来るまで、いろいろな作品で頑張り続けます。そして、この作品がロングランになるよう、クチコミで広げてください。褒めてください、けなしてください、皆さまの一言が誰かの“観てみようかな”に繋がります。誰かに繋げてください!」と締めくくった。

関連記事


Page Up