Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル『メリー・ポピンズ』公演100回を達成!! 濱田めぐみ「新しい風も吹き素晴らしい作品を皆様にお届けできる」

2022/3/28 14:52

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

ミュージカル『メリー・ポピンズ』公開舞台稽古が、3月27日(日)に、東京・東急シアターオーブで開催された。

319A0143-2s


本作は、『ライオン・キング』『アラジン』など数々のディズニーミュージカルを生み出したトーマス・シューマーカーと、『オペラ座の怪人』『CATS』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』といった日本でも大人気のミュージカルを生み出したプロデューサー、キャメロン・マッキントッシュの手によって2004年に製作されたミュージカル。ウォルト・ディズニー・カンパニーによって1964年には映画化され、アカデミー賞5部門を受賞したことでも知られている。

319A0273-2s


この日の公開舞台稽古では、劇中ナンバー3曲が披露された。


1曲目はメリー・ポピンズ役の笹本玲奈、バート役の大貫勇輔、ジェーン・バンクス役の弘山真菜、マイケル・バンクス役の田中誠人、そして、フルカンパニーによる「最高のホリディ」(Jolly Holiday)。この楽曲では、メリーに灰色がかった公園に連れられてきたバンクス家のジェーンとマイケルが、絵描きのバートと出会い、これまで体験したことがない素敵な体験をするシーンを歌う。メリーの魔法によって灰色の公園がポップな色に溢れた公園に早替わりする。メリーとバートによる楽しく華やかなダンスも見どころだ。

319A0279-2s


2曲目には、「お砂糖ひとさじで」(A Spoonful of Sugar)をメリー・ポピンズ役の濱田めぐみ、ウィニフレッド役の知念里奈、ミセス・ブリル役の浦嶋りんこ、ロバートソン・アイ役の内藤大希、ジェーン・バンクス役の西光里咲、マイケル・バンクス役の井伊巧によって歌唱された。この楽曲は、バンクス家のキッチンで、メリーが「ひとさじの薬」を使って魔法でみんなを幸せにするというシーン。片付けを嫌がる子どもたちに「難しい仕事も、ゲームに変えると楽しくなる」と教える。

319A0316-2s

319A0345-2s

319A0366-2s


そして、3曲目の「チム・チム・チェリー(リプライズ)」(Chim Chim Cher-ee (Reprise))。笹本、バート役の小野田龍之介、ミセス・ブリル役の久保田磨希、弘山、田中によって披露された。有名なこの楽曲は、「風向きが変わった」と言うメリーがバンクス家を出ていくという1幕のラストシーンで歌われる曲。バンクス家の屋根の上で、メリーとバートが歌い上げる。

319A0374-2s


なお、この日の夜のプレビュー公演で、本作の日本公演が上演100回を達成。これを記念して、濱田、笹本、大貫、小野田からコメントが届いた。

MP2022_sokuho


濱田めぐみ (メリー・ポピンズ役/Wキャスト)


「メリー・ポピンズ」は3月27日の公演で、日本上演100回を迎えることになりました。オーディションから2018年3月の初日、そして4年後の今年の再演まで長い年月を重ねてきたことを考えると感慨深いです。この間「メリー・ポピンズ」のことが常にどこか頭の中にありました。これからも長く続いてほしい作品ですし、お客様にも応援していただけたら嬉しいです。コロナの影響もいろいろありましたが、ようやく本初日を迎えることができます。再演とはなりますが、新しい風も吹き素晴らしい作品を皆様にお届けできることになりました。劇場でお待ちしております。

MP2022_sasamotoa


笹本玲奈(メリー・ポピンズ役/Wキャスト)


本日(3月27日)上演100回を迎えますが、1000回、1万回と続いていくように、責任を持ってしっかり努めたいと思います。この作品に出演するのは夢だったので稽古の前半は寝る時もずっと「メリー・ポピンズ」のことを考え続けて夢にも稽古のことが出てくるくらいでした。どこかで素晴らしい作品にしなければとプレッシャーが大きかったと思います。舞台稽古が長く、しっかりきっちり準備できたので、今は初日を前に早く皆様に作品を見てもらいたい、わくわくした気持ちでいっぱいです。お客様とお会いするのがすごく楽しみですし、ご観劇いただいた方はきっと温かく楽しい気持ちになって劇場を後にすることができると思います。皆様に幸せな気持ちになって頂けるよう、私も楽しみながらメリーを生きたいと思います。

MP2022_sokuho


大貫勇輔 (バート役/Wキャスト)


本日上演100回を迎えられて、めでたい!! 純粋に嬉しいです。もうそんな回数やっていたのか!とびっくりしました。これからこの先も1000回を目指して、1公演1公演を大切に積み上げて、公演に望んでいきたいと思います。本初日を迎えるにあたって、プレビュー公演と本公演を分けられてはいますが、僕たちとしてはどの公演も変わりなく全力で挑んでいこうと思っているので、ここからも大切にバートを演じていきたいと思います。

MP2022_sokuho


小野田龍之介 (バート役/Wキャスト)


100回公演の中で、2つの役の視点からこの作品を務めることができたことを、すごく光栄に思っており、自分の中で大きな財産になっていることを、日々感じています。節目の時にこの大好きな作品に関わることができて、嬉しいです。まもなく本初日を迎えますが、プレビューをやっているとか、もう初日だとか気にしていられないくらい「メリー・ポピンズ」の世界にカンパニー全体が集中して作品に取り組んでいて、変に気を張ることもなく日々稽古できています。良き公演を皆様にお届けできるよう、健康第一でカンパニー一同努めてまいりますので、応援よろしくお願いいたします。

A3チラシ_MP2022_nakas

MP2022_soto1111+++


ミュージカル『メリー・ポピンズ』は、以下の日程で上演。
東京公演: 3月31日(木)初日〜5月8日(日) 東急シアターオーブ
※プレビュー公演 3月24日(木)~3月30日(水)
大阪公演: 5月20日(金)~6月6日(月) 梅田芸術劇場メインホール

 

 

関連記事


Page Up