Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小芝風花、松本まりか等妖怪姿で集結に馴染みがあって安心感!『映画 妖怪シェアハウス―白馬の王子様じゃないん怪―』初日舞台挨拶

2022/6/18 05:00

取材・撮影/RanRanEntertainment

テレビ朝日系にて放送のドラマ「妖怪シェアハウス―帰ってきたん怪―」が早くも映画化。『映画 妖怪シェアハウス―白馬の王子様じゃないん怪―』の初日舞台挨拶が6月17日(金)、新宿バルト9にて行われ、主人公・目黒澪役の小芝風花、そして澪とひとつ屋根の下で暮らすシェアハウスに住まう妖怪たちを演じる松本まりか、毎熊克哉、池谷のぶえ、大倉孝二が完成披露舞台挨拶に続いて、妖怪に扮して登場。さらに、映画オリジナルキャラクターであり、映画の“鍵”を握る澪の運命の恋の相手・AITO役の望月歩、本作のメガホンを執った豊島圭介監督が登壇した。

 

0D2A4628s

はじめに、小芝は「皆さんこんばんは。今日がお披露目です。足を運んでくださって本当にありがとうございます。今日この場に立てて本当に幸せです。今日はよろしくお願いします」と挨拶。続いて、伊和役の松本は「澪、立派になって・・・。こんなに多くの人の前でいっぱい喋ることができて、もう完璧!」と劇中さながらの妖怪口調で小芝を讃えると、小芝は「伊和さんのお陰です!」。さらに松本は「私、ようやくありのままの姿で皆様の前に姿を現わすことができました。とても万感の思いでいっぱいです。本日は私たちが正真正銘、本物の姿をしかと見届けてください」と会場を笑わせた。大倉は「この感じで最後までいくのかよ。勘弁してよ」とボヤきつつ、「えらいことになりそうで・・・。早くフラットに戻したいですね」と普通の口調で話し、会場は大爆笑となった。

 

0D2A4410s

初日を迎え、小芝は「妖怪シェアハウスが映画化して、こうやって皆さんの前にようやくお届けできるっていうのが本当に嬉しいです」と満面の笑顔を見せ、豊島監督は「主演の小芝さんが、七変化とかいつもすごい顔芸をするんです。驚いたりびっくりして泣いたり笑ったり、それをこんな大きなスクリーンで皆さんに見せて良かったのか、それだけがちょっと心配でした。なので、ちょっと引き気味に撮りました(笑)」と見どころをアピール。

 

0D2A4469s

このあとは劇中姿で登場した妖怪たちの話で盛り上がった。松本は「今までは本性を表せなかったのは、私たちを怖いって思われるんじゃないかって。だけど、シーズン1、シーズン2(をご覧になって)、皆さんは妖怪のことを大好きになってくれた。私たちは本当の(妖怪)姿で出てきてもいいんじゃないって、多分プロデューサーさん達が思っていて、本当に清々しい(気持ち)です」と述べると、会場からは大喝采となった。

 

0D2A4442s0D2A4453s0D2A4449s

とりわけ凝りに凝った酒呑童子(酒井涼)姿の毎熊は口の中の牙が邪魔で喋れず、ようやく牙を外し、「(妖怪姿に化けるのに要した時間は)2時間半ぐらい。1時15分に会場入りして(18時30分からの舞台挨拶まで)待機していました」と劇場裏では大仕事だったことを明かす。一方、ぬらりひょんの大倉は「僕は短いです。だから僕が入ったときには毎熊さんはこの感じで座っていました。申し訳ないなと思いましたねえ」と苦笑。伊和役の松本は毎熊同様「1時15分入り。大倉さんは全てが終わった後にそのままの姿でいらして、すぐにこの格好になれるのでいいなあ~と思っていました」と応酬すると、大倉はかぶり物を指して「これ重くて、結構大変なのよ」と防戦一方だった。そして、座敷童役の池谷は「(毎熊と大倉が要した時間の)中間ぐらい。でも(撮了以来)3ヶ月ぶりぐらいだから、ちょっとは忘れかけていました」と妖怪姿を楽しんでいた。

四人の会話を楽しんでいた小芝は「私は、この姿の皆さんと一緒にシェアハウスしているので、こっちの方が馴染みがあって安心感があります」と満足気だった。

 

0D2A4513s

本作で初登場、イギリス育ちの天才数学者AITOを演じた望月は「望月史上、結構派手なメイクをしているんですけど、皆さんの前では目立たないので、ちょっと寂しかったです」とメイクにも触れ、また役作りについて「今回AITOがキーマン。AITO君は参考にするものがないキャラクター、いろいろと試行錯誤しながら役を作っていったので、そこが面白かったです」。さらに、AITOの注目点は「日本の文化を知らない人間がいろんなことを学びながら映画の中で成長していくんですが、そのなかで何を見たのか、何を感じたのかを一緒に感じていただければ面白いんじゃないかと思います」とアピールしていた。

ここで、妖怪シェアハウスにはこれまでいろんな妖怪登場したが、もし妖怪とシェアハウスするならどんな妖怪がいいか?という質問。大倉は「妖怪にどんな妖怪とシェアハウスしたいかと聞かれて、何を言われているのか?とりあえず妖怪と住みたくないですね」との拒否感を示すが、松本は「楽しかったじゃないですか」とここでも応酬。大倉は「やっぱ匂いのキツイのは嫌ですね」となんとか回答。そして、松本「私は澪。もうちょっと妖怪になるまで見届けたいな」、毎熊「寝ているときに白髪を抜いてくれる妖怪がいいですね」、望月「自分は朝がすごく苦手なので、起こしてくれる妖怪がいたらいいなとは思います。アラームが聞こえないんです」など珍答が続いた。

 

0D2A4457s

小芝は「伊和さんはいつも見守っていてくれるし、詩子さん(池谷)はいつも美味しい飯を作ってくれるし、涼さん(毎熊)は困ったらいつも助けてくれて、ぬらりさん(大倉)は体操を教えてくれるし、だから皆さんと住みたいです」と妖怪たちを喜ばせた。

イベント最後には大ヒットを祈願し、キャストたちの願いを巨大な絵馬に寄せ書き。小芝は「大ヒットして、続編希望」と願いを込め、「妖怪シェアハウスらしさがてんこ盛りで、映画ならでは見どころだったり、新しい取り組みもあるので、最後まで楽しんでくれると嬉しいです。笑って泣けるめちゃめちゃ面白い作品になっているので、是非楽しんでください」と締めくくった。

『映画 妖怪シェアハウス―白馬の王子様じゃないん怪―』は、全国公開中!

 

0D2A4539S 0D2A4580s

関連記事


Page Up