Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

部屋にはリュークの姿も・・・!菅田将暉演じる紫苑!『デスノート Light up the NEW world』10月29日(土)より全国拡大ロードショー

2016/10/24 23:07

一冊のノートで、世界を変えようとしたあの衝撃から10年―

再び狂い始めた世界で宿命を背負う者たちによるデスノート争奪戦が始まる!

『デスノート Light up the NEW world』

菅田将暉が狂気のサイバーテロリストを熱演!

dn2016_still_for_pubs3

dn2016_still_for_pubs2

今回、解禁となったのは菅田将暉演じる紫苑優輝(しえん・ゆうき)と死神・リューク(中村獅童)の本編映像。紫苑の背中にある傷に気づいたリューク。大好物のりんごを食べながらリュークが問いかけると、紫苑は「トチ狂った男に、一家全員殺され、僕だけが奇跡的に生き残った」と悲しい過去を明かす。10年前、彼の家族を惨殺した犯人をキラが裁いたことから、キラを崇拝する紫苑。「犯人が生きている間、ずっと怯えて暮らしてた。キラのおかげで僕は呪縛から解放された」と続けて語る。

紫苑は国家機関などあらゆるデータベースをハッキングできる天才的な頭脳を持ち、テロ組織や支援国家にサイバー攻撃を仕掛けるサイバーテロリスト。キラにならって平和な新世界構築を目指す中、「名前を書かれた人間は死ぬ」という死神のノート・デスノートが紫苑にもたらされる。前作では夜神月(藤原竜也)にノートをもたらしたリューク。リュークが紫苑の部屋にいるということは・・・今回リュークは紫苑にノートを?

「キラこそが、神だ」と、不敵な笑みを浮かべる紫苑。その無垢で純粋すぎる正義感はある意味狂気をはらみ・・・紫苑の目論みは、10年の時を経て再び人間界にもたらされたデスノート“6冊”全てを独占し、新世界を作り出すこと。デスノート対策本部の捜査官・三島(東出昌大)とLの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)は彼を止めることはできるのか?それぞれの譲れない正義が火花を散らす、極限のデスノート争奪戦にご期待を!

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)より全国拡大ロードショー

映画『デスノート Light up the NEW world』
原作:大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプコミックス刊) 監督:佐藤信介  脚本:真野勝成
出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈/戸田恵梨香/中村獅童、船越英一郎ほか 
主題歌:安室奈美恵「Dear Diary」 劇中歌:安室奈美恵「Fighter」
配給:ワーナー・ブラザース映画 コピーライト表記:©大場つぐみ・小畑健/集英社
©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
公式サイト:http://www.deathnote2016.com 
公式Twitter:@Deathnote_2016 ハッシュダグ:#デスノートLNW 

【ストーリー】犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとしたキラこと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵L。天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信された―。「デスノートを手に入れろ―」
死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島(東出昌大)が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎(池松壮亮)が加わり、無差別殺人事件の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラの信奉者・紫苑(菅田将暉)の姿が――。今、それぞれの譲れない“正義”を懸けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まる──!

関連記事


Page Up