Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『LUNA SEA 3D IN LOS ANGELES』 2011年6月全国公開!

2011/4/22 12:27

 

LUNA SEA 初のワールドツアーの熱狂がスクリーンに……
2010年12月4日、ロサンゼルス・ハリウッドでのプレミアム・ライブを3Dシネマ化。
世界を代表する3D映像クリエイターによるド迫力映像を体感せよ!

 2011年6月 全国映画館にて 3D公開!!

 

ドイツ・ロサンゼルス・香港・台湾・東京。
世界5大都市にて行なわれたLUNA SEA 初のワールドツアー。
ロサンゼルス・ハリウッドで行なわれた貴重なライブの模様を3D化!
映画館ならではの大画面&大音響!
迫力の3D映像となってスクリーンを圧倒する!!

《L.A.公演概要》
2010年12月4日。
LUNA SEA 初のワールドツアー「LUNA SEA 20thANNIVERSARY WORLD TOUR REBOOT ~to theNew Moon~」の一環として、アメリカ・ロサンゼルスでライブが開催された。
記念すべきL.A.ライブの会場に選ばれたのは、フランクシナトラに始まり、ストーンズやツェッペリンなど、錚々たるアーティストがステージに立ってきたことで知られる、70 年の歴史を誇るハリウッドの老舗ホール。
ここは、世界クラスのメジャーアーティストがライブを行うだけでなく、グラミー賞はじめ様々な賞の授賞式典に用いられたり、数々の映画のワンシーンに登場したりと、単に「音楽の聖地」にというだけにとどまらない、アメリカの政治と文化の中心地と言ってもよい場所だ。
今回の“REBOOT(再起動)”により、世界を照準に活動の幅を広げるLUNA SEA にとって、大きな意味を持つのが、このL.A.公演なのである。
 

《3D 映像制作》
この貴重なライブを、最新技術を駆使して3D 化するという、困難かつ責任の重い映像制作に取り組んだのが、映画の都ハリウッドを代表する3D 映像制作会社、3alityDigital 社だ。
「U2」のコンサート3D 映像「U2 3D」や、NFL(NationalFootball League)試合中継の3D 映像制作をも手がけた超一流のスタッフを擁する3ality により、これまでにない迫力の3D 映像ライブエンタテインメントが生まれた。
映像制作を指揮したのは、デビュー以来LUNA SEA を撮り続けてきた大坪草次郎監督。彼は過去にglobe やL’Arc-en-Ciel、長渕剛など、数多くのトップアーティストのライブ映像の演出を手がけている。LUNA SEA を知り尽くした彼の手により、メンバー個々の魅力が最大限に生かされ、3D スクリーンを通してスペクタクルな熱狂をも再現された作品となっている。
 

《3D シネマコンサート》
昨年(2010)、ソニー“Livespire”(ライブスパイア)が、初の本格3D シネマコンサートライヴとして全国に配給した浜崎あゆみの「A3D ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009 A~NEXT LEVEL~」の成功などにより、日本でもようやく認知されてきた3D シネマコンサートであるが、海外では前述のU2 に限らず、多くのメジャーアーティスト達が、この新しい映像エンタテインメントに挑戦してきた。
 映画館で楽しむ3D コンサートには、観客の想像を超える興奮と感動がある。何といってもその迫力と没入感は、他のどんなエンタテインメントよりも勝っている。客席からステージの背後に至るまで、奥行きある映像空間が再現され、かつてない臨場感に包まれる。時折挿入されるアップの映像では、お気に入りのアーティストが目の前で演奏してくれている感覚になる。音響効果も抜群だ。あなたが完全防音のスタジオを自宅の地下に作れるほどの金持ちでもない限り、映画館以上の音圧に熱狂できる場所は存在しない。これまでの音楽ライブDVD などが、「コンサートの代替品」だったのに比べれば、3D シネマライブは「何度でも繰り返し楽しめるスペシャルシートのコンサート」なのだ。
 そんな3D コンサートにも、たった一つだけ弱点がある。それは劇場で3D メガネをかけなければいけないことだ。だが、悲観する必要はない。適度にフィットする3D メガネをかけさえすれば、コンサートの客席からでは豆粒のようにしか見えなかったアーティストたちのギターをつまびく芸術的な指の動きや、飛び散る汗さえもが見られるのである。
さらに言えば、オールスタンディングのライブハウスに参戦する体力がなくても大丈夫。居心地のいい座席に腰掛けたままで、前列の観客の後頭部に悩まされることもなく、ライブの熱狂を存分に楽しむことができる。もちろん、あなたが感動のあまりスクリーンに絶叫したとしても、良識あるファンならば、許してくれるに違いない。







(c) Sony PCL Inc.2011
(c) 2011 by LUNA SEA Inc.

 

《LUNA SEA 3D IN LOS ANGELES 楽曲リスト》
1. LOVELESS
2. Dejavu
3. SLAVE
4. END OF SORROW
5. TRUE BLUE
6. RA-SE-N
7. Providence
8. GENESIS OF MIND
9. STORM
10. DESIRE
11. TIME IS DEAD
12. ROSIER
13. TONIGHT
14. I for you(アンコール)
15. WISH(アンコール)
※その他、ツアー中のメンバーに密着したインタビューなど貴重な映像も公開。
(一部、2D 映像を含む)

 
《CAST&STAFF》
LUNA SEA
Vocal:RYUICHI
Guitar, Violin:SUGIZO
Guitar:INORAN
Bass:J
Drums:真矢

 ~『LUNA SEA 3D IN LOS ANGELES』概要~

(前売:2,000 円 当日:2,500 円) 前売券好評発売中
配給:ソニーPCL“Livespire(ライブスパイア)”
制作:エイベックス・エンタテインメント株式会社
製作:ソニー株式会社
著作:ソニーPCL 株式会社
本編:約104 分
作品情報
http://livespire.jp/movie/luna_sea_3d.html

2011年6月4日(土)より 全国順次公開

関連記事


Page Up