日・中・韓、3カ国共同制作連続ドラマ『Strangers6』いよいよスタート!

2012/1/26 12:18


史上初!日本・中国・韓国、3カ国共同制作連続ドラマシリーズ『Strangers 6』。3カ国の6人の男女が国境を越えて力を合わせ、命を懸けて戦う、サスペンス・アクション。日本を代表する俳優の唐沢寿明、韓国のオ・ジホ、中国のボウイ・ラムという夢の共演が実現。3カ国の共同作業は「困難」といわれる中、この新しいアジアのエンターテイメントによる「新しいジャンルのドラマ」が、アジアがひとつになる為の新たなスタートを切った!


1月24日、番組スタートに先立ちマスコミ向けの試写会が行われ、監督の飯田譲治氏が会見に登場し、番組に対する熱い想いを語った。


構想から3年の月日を費やしたという『Strangers6』について、飯田監督は「最初は恋愛ものをと思ったが、どの国でも面白いと思うジャンルはやはりアクションではないかと考えた。国境のない島国の日本、大陸で他国と隣接する中国や韓国が、他から入ってくる情報による印象とは違い直接触れ合うことで、その国々の人のことを色々考える場の提供になれば嬉しい。自分のアイデンティティーがどこにあるかを大きなテーマとして考えた。」と力説し、「まぁ、私はもともとアクションものが好きだからね。」と笑って場を和ませた。


撮影に関しての苦労を問われると、「言葉の違いだけでなく、最初から持っているイメージが違う色々な人間が関わってくるので、トラブルになることもあったが、それも全部含めて楽しかったよ。」と振り返った。アクションについても国によって感覚が違うという。「韓国はリアルに考えるタイプ。韓国も中国も映画を撮るスタッフが参加していて、迫力あるいいシーンが撮れたよ。」と、満足気。


「軸となる3人の俳優(唐沢寿明、オ・ジホ、ボウイ・ラム)たちが脚本を読んで、とても気に入って参加してくれた。3人との出会いは大きかった。」と伝え、「2人の中国と韓国の女優も素晴らしい。キム・ヒョジンは、俳優としての意識が強く色々な表情を見せてくれる。リウ・シュエンは、元オリンピック金メダリスト。人としての強さ、プロ意識の強い人間。」と絶賛した。


最後に、「ドラマ制作に関わった全ての人に感謝している。作品としての手ごたえは十分。3つの国のエネルギーを見てほしい。見た人がどう感じるかが大事で、どんな風に色々な人に伝わっていくのが楽しみ。」と意気揚々と語った。


また、オリジナルサウンドトラックには、布袋寅泰、SHINee、KARAのアジアを代表するアーティストが参加し番組に華をそえている。

お互いを理解し、協力しあうことで世界を救う。日本、韓国、中国だけにとどまらず、アジア・欧米にも広がっていくであろう『Strangers6』。ドラマの枠を超えた迫力ある映像とスリリングなストーリーにこうご期待!


『Strangers 6

201X年、中国の海湾(ハイワン)は、日本・中国・韓国の三国経済共同区域として確立される。しかし、3カ月以内ここに大規模な自然災が80%以上の確立で発生すると予測がなされ、各国はその対応策に取り組んでいた。

そんな中、何者かがこの協力体制関係者暗殺を計画、プロジェクトを妨害。その存在もわからもわからない敵に立ち向かうため、3国は『Strangers6』という極秘チームを結成し、海湾に6名が集結させるのだが・・・。


キャスト

皆藤 悟(日本公安警察所属)・・・唐沢 寿明

パク・デヒョン(韓国国家情報院所属)・・・オ・ジホ

ファン・ハイリェン (中国公安局所属)・・・ボウイ・ラム

立花 賢治(日本公安警察所属)・・・黄川田 将也

アン・ジヘ(韓国国家情報院所属)・・・キム・ヒョジン

ウェンチン (中国公安局所属)・・・リウ・シュエン

劉 光輝(投資コンサルタント)・・・北村 一輝

皆藤 恵理(皆藤 悟の妻)・・・神野 三鈴

皆藤 美月(皆藤 悟の娘)・・・森田 涼花          ほか

スタッフ

原作・脚本・監督:飯田 譲治

中国ユニットディレクター:ケン・イップ

日本ユニットディレクター:村上 秀晃

1月27日(金)午後11時よりWOWOWプライムにてスタート!

関連記事


Page Up