Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チョン・ギョウン、ソン・ユリ主演『ロマンスタウン』発売記念イベント開催!

2012/3/25 10:19

3月18日、 東京・スペースFS汐留にて、DVD『ロマンスタウン』発売記念トークイベントが、主演のソン・ユリとチョン・ギョウンを迎え開催された。抽選で選ばれたラッキーなファン170名が、このイベントに参加した。


第1話の試写の後、MCが登場。改めて「ロマンスタウン」を紹介。日本でも大ヒットした『パスタ~恋が出来るまで~』の人気脚本家ソ・スキャンがシナリオを担当、「国民の妖精」と呼ばれ大人気を博したアイドルグループFin.K.L(ピンクル)のメンバーとして芸能界にデビュー、その後本格的に女優として演技をスタート、『ある素敵な日』『雪の女王』など数々のドラマや映画に出演してきた人気女優のソン・ユリがキュートな家政婦・ソングムを好演、ソングムを巡る二人の男性に『千万回愛してます』のチョン・ギョウンと『プラハの恋人」』のキム・ミンジュン。


そして、いよいよMCの紹介で主演の二人の登場となった。白いブラウスにボリューム感のある花柄のスカートのソン・ユリと黒いスーツに身を包んだチョン・ギョウンが姿を現すと、会場から歓声ともため息とも取れる声が上がった。二人から放たれる華やかなオーラがそうさせるのだろう。

ボブのヘアスタイルが小さな顔にとてもよく似合って、つぶらな瞳にバラの唇、まるでお人形のようなソン・ユリ。そして、すらりとした長身で胸板も厚く抜群のスタイルを誇るチョン・ギョウン。ずっと眺めていたいくらいだ。


「みなさん こんにちは。私は ソン・ユリです。よろしくお願いします。」かわいらしい日本語でご挨拶。

続いて「あ、こんにちは。あ・・・チョン・ギョウンです。・・・・・・・・・・あ、お願いします。」

緊張しているのか、言葉に詰まりがちなチョン・ギョウン。照れ笑いもファンにはたまらない。

ロマンスタウンが日本でDVDボックスとして発売され、さらにはケープルテレビではなく地上波で放送されることについて「愛着を持って撮影に臨んだ作品であり、地上波で日本の皆様に紹介されることになって大変光栄に思っています。みなさんに愛されると嬉しいです。」(ソン・ユリ)「私も同じように大変嬉しく思っています。みなさんきっと楽しくご覧になれると思います。」(チョン・ギョウン)とのこと。


宝くじが当たって人生が一変しいく家政婦という異色のヒロインを演じたソン・ユリは「今までのドラマでは、主役にはならず脇役であることの多い家政婦に焦点を当てた特別なドラマだと思います。中でも誰もが一度は思い描く人生の大逆転を経験する役ということで、先がどうなるのか期待しました。また、その逆転の契機となる宝くじをめぐってのやりとりがあり、その辺りも楽しんで頂けると思います。」と、このドラマの見どころも紹介した。

 
美肌についての秘訣を聞かれると、実は最近徹夜での仕事が続き肌のコンディションは良くないとしながらも「できるだけ、ファーストフードは食べないようにし、なるべく有機野菜を多く取るように心がけている」と内面から美しくなる秘訣を披露した。

ソン・ユリ演じるヒロインと異色のロマンスを繰り広げるセレブな御曹司を演じたチョン・ギョウンは「こんなかわいい家政婦は、実際にはいないんじゃないか?料理もとても上手で家庭的な人が好みの自分にとっては、このヒロインは理想の女性だった。」とのこと。「ソン・ユリさんとは、色々話もして仲良くしてもらい、最後まで助け合いながら上手く撮影に臨むことができました。」というチョン・ギョウンだが、実は元々ソン・ユリのファンだったという。「Fin.K.L(ピンクル)が活動していた時、みんなソン・ユリさんが一番好きでしたから。僕も最初は不思議な感じがして、じっと見ていました。」と笑いを誘っていた。


また、MCからその肉体美を称えられ、ぜひ筋肉を見せてほしいという若干無茶振りに近いリクエストにも、快く上着を脱いで力こぶを披露。会場からは、その逞しい右腕に「ヒュ~!!!」と歓声があがった。

実は子供の頃痩せていて、コンプレックスがあって運動するようになったとのこと。今もまめにフィットネスジムに通っているそうだ。


ここで、セレブ代表ということで女医の西川史子がシックなワンピースで登場。華やかさが増した。

「ありえない設定だと思いながら見始めたのだが、どんどん引き込まれて最後まで楽しく見ました。」

そして、主演の二人にするどい?質問をぶつけた。

「ドラマの中では、お料理がものすごく上手でしたが、実際にはソン・ユリさんの腕前は?」

「1話で超デブになるというのを監督から聞いた時、ギョウンさんはどう思ったんですか?」

 
それに対し「ロマンスタウン撮影時は、基本的な包丁使いや料理をしている雰囲気が出れば良かったので、さほどしていなかったが、今、出ている作品が料理の天才の役なので以前よりは今の方が上手になっていると思います。」(ソン・ユリ)

「俳優としては光栄だと思い、また、なかなか経験できないことだと考えて(超デブになるのを)快く引き受けたのだが、実際やってみて後悔してしまった。なぜなら、特殊メイクをするのに約5時間もかかって大変苦労したから。」(チョン・ギョウン)

そして、ドラマのキーアイテムが「宝くじ」ということで、日本の宝くじが二人にプレゼントされた。週末に当選番号の発表があると聞いて「もう、明日家に帰っちゃうんですけど・・・」と言うチョン・ギョウンに「あ、じゃ、もらっといてあげましょうか?」とすかさず答える西川先生。


当たったら何に使うか?と聞かれ「このドラマ撮影時から何度となく聞かれた質問だが、例え1等に当たっても必ずしも幸せというわけではないことを、このドラマで身を以て知っているので、興醒めな答えかも知れないが善意の活動をしてくれるところに寄付したい」(ソン・ユリ)

「昨日から約20のインタビューを受けていて、その中の答えと違ってはいけないと思うので・・・」とソン・ユリの答えを聞いて少し困ったように答え始めたチョン・ギョウン。

「雰囲気のいいカフェを作り、昼間は僕の好きな音楽をみなさんに聞かせたい。そして、もう一つクラブを作って、夜はみんなで楽しくダンシング!」

「私は、離婚用に貯金ですね。」西川先生の自虐的な答えに笑いが。

最後に主演の二人から見どころが紹介された。

「人生の大逆転によって、果たして幸せになるのか、あるいは不幸になってしまうのかを見守って欲しい。また、チョン・ギョウンさんとのほのぼのとしたロマンス、身分の差を超えた恋愛模様にも注目して楽しんで下さい。」(ソン・ユリ)

「ヒロインに対してとげとげしい冷たい態度を取るが、実は心の中でずっと思い続けている御曹司との恋愛模様を温かく見守って下さい」(チョン・ギョウン) その後のフォトセッションでは、フォトジェニックな二人にカメラマンの視線要求の熱い声があがっていた。

ドラマ『ロマンスタウン』のDVDボックスは3月20日ワーナーホームビデオより発売。

4月9日(月)より毎週月曜日から金曜日、TBS韓流セレクト枠にて放送開始。

関連記事


Page Up