Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チェ・ジニョク、日本初ファンミーティング開催で記者会見!日本活動にも意欲!

2013/1/3 11:40

ドラマ『ロマンスが必要』や『パスタが~恋ができるまで』など多くのヒット作品に出演し話題を集め、最新ドラマ『パンダとハリネズミ』も大好評。映画『音痴クリニック』でスクリーンデビューを飾るという、注目度&人気急上昇の俳優チェ・ジニョクが、12月16日、東京・ラフォーレミュージアム六本木にて、日本で初めてとなるファンミーティングを開催。イベントに先がけて記者会見を行った。

やや緊張した面持ちで登場したチェ・ジニョクは、ベージュのスーツをさらりと着こなし、爽やかな笑顔で、「はじめまして、チェ・ジニョクです。今日は色々な僕をお見せしたいと思っています。ベストを尽くして頑張ります。」と挨拶した。

DSC_1896のコピー
Q:日本で初めてファンミーティングを開催する今のお気持ちは?

とても緊張しています。ファンの方が僕だけに会いに来てくれる・・・俳優というのはなかなかそういうチャンスがないのですが、そういう機会を韓国ではなく日本で開催でき、とても光栄です。これからも日本に頻繁に着たいです。

Q:日本の印象は?

これまでに日本には5~6回来ています。海外で一番多く来ているのが日本なので、情もあるし親しみを感じています。

Q:俳優になったきっかけは?

僕の幼いころの夢は俳優ではなく歌手でした。でも、周りの方々の推薦もあり、自分も好奇心から演技の活動をするようになりました。特に、『ロマンスが必要』という作品で演技に対する愛情が強くなり、今に至ります。俳優という仕事は面白く楽しい職業ですね。

Q:ドラマ『ロマンスが必要』でのエピソードはありますか?

そうですね・・・。やはり思い出すのは、初めてのキスシーンです。緊張しました。突然するキスシーンで大変でしたが、相手役のチョ・ヨジョンさんが励ましてくださったことをよく憶えています。

Q:映画『音痴クリニック』に出演されましたが、どんな映画でどんな役柄ですか?

パク・ハソンという歌が下手な女性に愛される役を演じています。音痴であるからが故、恥ずかしい思いをしたため音痴を克服するために頑張っていくという物語です。気楽に、楽しく観ることができるコメディ作品です。

Q:最新ドラマ『パンダさんとハリネズミ』はどんな作品ですか?

パティシエ役をドンヘさんが演じ、僕は家が青果店を経営するという設定の役どころでロマンスもあります。ユン・スンアさんをめぐり僕とドンヘさんが争います。これまでの役柄と違い、バカで間抜け、好きな人の前では可愛い一面も見せるという愛らしいキャラクターを演じています。

DSC_1937のコピー
Q:今回のファンミーティングは、チケットが即完売という人気ぶりですが、ご感想は?

僕は、まだ新人俳優という気持ちでいます。正直、今日はたくさんのファンの方が来てくださると聞き、大変驚きました。これからも俳優としてもっと頑張りたいと思います。そして、いつかは東京ドームでファンミーティングができたら嬉しいです。

Q:色々なタイプの役を演じられていますが、チェ・ジニョクさん自身はどんな性格ですか?

『パンダさんとハリネズミ』の中で演じているウォニルという役が、まさに僕自身の姿ですね。演じているのではないと思うくらい、ウォニルと僕は似ています。幼稚な部分やいたずらっ子のようなところも似ていると言われます。僕自身が、子供っぽくて大人になりきれていないということでしょうか(笑)。

Q:ご自分の魅力は何だと思いますか?ご自身の身体の中で好きなパーツは?

俳優はあまり歌う姿をお見せしませんが、今日は歌を披露します。僕は歌が好きなので、そこがカッコいい姿かな。身体の部位で好きなのは、特にないですね。ドラマ『パスタが~恋ができるまで』の時に、監督から突然上着を脱いでと言われたことがありました。当時は全然身体を鍛えることもしてなくて・・・。仕方なく袖なしを着たのですが、その姿が話題になってしまい、恥ずかしい思いをしたので、それがきっかけで運動するようになりました。ドラマ『大丈夫パパの娘だから』の時は、自尊心を持たせてあげようと作家の方が、いつも1シーン脱ぐ場面を入れてくれたんです。韓国の俳優は、フィットネスクラブで暮らしていると言ってもいいくらい皆さん通われていますね。韓国の女性は腹筋が好きだから・・・(笑)。

Q:日本のファンの皆さんへメッセージをお願いします。

2013年には、日本での活動も増やしていく計画もあります。今後も日本に来る機会が多くなると思うので、カッコいい姿をたくさんの方に見ていただけるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。次回は、通訳なしで答えられるように日本語も頑張ります。ありがとうございます。

一つ一つの質問に、真摯に答えるチェ・ジニョクからは大きな野望が感じられた。丹精なマスクから溢れる笑顔が魅力的な彼。これから日本のファンに会える・・・その感情の高まりを隠せない様子のチェ・ジニョクの素顔が垣間見れた瞬間だった。

関連記事


Page Up