Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チュウォン、日本ファンミーティング開催!日本のファンの皆さんに会いたかった!

2013/6/17 05:41

話題の主演ドラマ『7級公務員』で、人間味あふれるキャラクターを見事に演じ、ますます人気に拍車がかかる俳優チュウォンが1年7カ月ぶりに来日。6月15日、東京国際フォーラムホールCにおいて、『JOO-WON SWEET SMILE FANMEETING&CONCERT IN TOKYO』を開催し、久しぶりに日本のファンと楽しい時間を過ごした。0H5A3928のコピーミュージカル出身のチュウォンは、2010年の韓国大ヒットドラマ『製パン王キム・タック』でドラマデビューを果たし、主人公キム・タックのライバルであるク・マジュン役を演じ大ブレイク。その後、次々とヒット作品に出演し、その端正なルックスと演技力に加え歌と踊りの実力で大注目を集めている。さらにバラエティ番組では愛嬌たっぷりな姿を見せ“国民の息子”と呼ばれるほどの人気ぶり。次世代スターとして今最も期待されている若手俳優だ。IMG_3600のコピー開演時間の午後5時、『7級公務員』の一場面がスクリーンに映し出され、ドラマのOST「君のもとへ」を歌ってステージ中央にチュウォンが登場すると、満席となった会場に大歓声がこだました。まずは「お元気ですか~?皆さん、こんばんは。私はチュウォンです。」と日本語で挨拶。日本のファンを目の前にして「可愛い!」と屈託のない笑顔を見せた。IMG_3762のコピー歌を歌ってのスタートにも緊張の色を見せず、「昨日来日しました。リハーサルで歌の練習、そしてダンスもたくさん練習しましたよ。」とこれから始まるイベントに期待を持たせたチュウォン。「昨夜は、お寿司と和牛を食べました。僕は和牛が大好きで本当にたくさん食べました。もうそのお店には和牛は残っていませんよ。」と話し、会場の笑いを誘った。IMG_3407のコピー0H5A4010のコピー一部のトークタイムでは、現在KNTVで絶賛日本初放送中の『7級公務員』について、名場面を観ながら見どころや撮影秘話を紹介。IMG_3487のコピー本作品について、「このドラマは韓国の国家情報院の話ですが、この作品はとても気軽に楽しく観ることのできる作品です。」と説明し、「僕が演じるハン・ギルロという役は、男らしい面や可愛いところ、子供っぽいところなど色々な姿を見ることができますのでぜひ楽しんで欲しいです。」とPR。IMG_3932のコピー多くのアクションシーンも見どころの一つだが、今回は特に銃のアクションをたくさん練習したという。また、チェ・ガンヒに殴られるシーンも最初は本当に殴られて痛かったが、呼吸が合ってくると痛くないように演じてくれるようになったとエピソードを明かした。

チュウォンのスーパー諜報員を見てみようという企画では、ゲームで射撃の実力を披露。劇中さながらに射撃姿をバッチリ決めると、客席のファンはもうメロメロ・・・。ドラマ出演者5人の顔を的にし、「絶対に負けたくない人は?」の質問に狙いを決めたのは、2PMのチャンソン。「チャンソンは物静かで知的な感じですね。なぜか、チャンソンが一番年上に見えるんですよ~。僕の行動が幼いんですね(笑)。」と、ちょっぴり羨ましそうな様子(笑)。NGを一番多く出した人は?には、自分の的に銃を向け、実際に的のほぼ真ん中に当てる腕前をみせ、客席を驚かせた。IMG_3930のコピーロマンスの名場面でファンが一番気になるのは、やはりキスシーン。映像が映し出されると、思わず顔を覆って恥ずかしがる場面も。キスシーンに臨むときには、「数十回ハミガキをして、うがいをして、香水をつけます。」と話し、劇中でスカイダイビングをしながらバースデーソングを彼女にプレゼントするシーンがあるが、チュウォン自身は?の問いに、「あまり大きなことはせず、普段から小さなことを色々してあげたいタイプです。」と彼らしい素朴な答えが返ってきた。IMG_3987のコピー洞察力テストゲームでは、「①職業が公務員の人。②携帯電話の待受けがチュウォン。③今、10万円以上持っている人。」の3名を客席から探し出すもの。直接探すために客席に降り立ったチュウォンに、大興奮となったファンたち。彼のすばらしい洞察力に(?)会場は大盛り上りとなった。IMG_4013のコピーそして、今回、『7級公務員』のJJ役で出演している話題の新人俳優イム・ユンホがスペシャルゲストとして会場に駆けつけた。チュウォンの印象を「初めてあったときは、シャープな冷たい感じかと思ったんですが、知れば知るほど面倒見がよくて、優しい人です。」と絶賛。一方のチュウォンも「イム・ユンホ君は本当にカッコイイ!難しい役を演じきっていた。」と称えた。イケメン二人の惚れ惚れするツーショットに客席からもため息が。イム・ユンホの名場面映像も紹介され、セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」で見事な歌声を披露した。IMG_4324のコピー0H5A4251のコピー2部は雰囲気をガラリと変え、生バンドを従え歌とダンスで熱いステージを展開。ミュージカル『ジキルとハイド』の名曲「今、この瞬間」で迫力ある歌声で客席を圧倒し、「歌を歌っている間、僕は皆さんを近くに感じて、上手く感情移入ができました。」と本人も満足げ。「愛し方を知らなくて」「僕の頭が悪くで」で甘い歌声を届け、アップテンポなアレンジの「I Believe」では客席がいっせいに立ち上がってヒートアップ。「カンナムスタイル」のダンスパフォーマンスで会場のボルテージはMAXに。最高にカッコよくて、セクシーなダンスを見せつけた。ミュージカルの様に舞台で色々な姿を見せたチュウォン。「演技の撮影も楽しいけれど、今日のようなファンミーティングは僕にとっての休息です。ずっとずっと日本に来たいと思っていたんです。徹夜で一睡もしないで来たのに、日本に着いたら嬉しくて飛んで回っていました(笑)。」と語り、可愛いえくぼを見せた。0H5A4590のコピー0H5A4634のコピー0H5A4703のコピー0H5A4282のコピー最後に、自身がしたためた手紙を読み始め、「皆さんの温かい愛のおかげでいつも頑張ることができます。この時間が止まってほしいと思うほど、今日のこのトキメキを一生忘れません。さらに愛されるチュウォンになります。皆さん、愛しています。」と、声を詰まらせながら、ファンに感謝の気持ちを伝えた。続けて、平井堅の『瞳をとじて』をしっとりと歌い上げ、会場のファンを酔わせる。アンコールではチュウォンの日本デビュー曲「撫子」を優しく歌い、「また会いましょう」と大きく手を振り、満面の笑みを浮かべてステージをあとにした。IMG_4443のコピーIMG_4470のコピーイベントの終了後は、握手会とサイン会が行われ、さらにファンとの交流を深めた。イベントの翌日には韓国に戻り、またすぐにドラマや映画の撮影に入るという。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続けるチュウォンの才能は未知数!カッコ可愛い、今後のチュウォンの活躍が楽しみで仕方がない。0H5A5196のコピー
<セットリスト>

1.「君のもとへ」 ジュノFeat.テギョン ※7級公務員OST

2.「My Heart Will Go On」 Celine Dion (イム・ユンホ歌唱)

3.「今、この瞬間」 チョ・スンウ

4.「愛し方を知らなくて」 チュウォン ※7級公務員OST

5.「I Believe」 キム・ジョハン

6.「僕の頭が悪くて」 SS501

7.「カンナムスタイル」 PSY

8.「瞳をとじて」 平井堅

アンコール

9.「撫子」 チュウォン ※日本デビュー曲

10、「私の愛」 チュウォン ※製パン王キム・タック OST

【KNTV放送情報】

★『7級公務員』KNTVにて絶賛放送中!

毎週土・日 20:45~22:00

6月27日(木)よりアンコール放送 毎週水~金 10:45~12:00

★『JOO-WON SWEET SMILE FANMEETING&CONCERT IN TOKYO

7月28日(日) 日本初放送 22:00~23:15ほか

チュウォン公式モバイルサイト:http://sp.joowon.mobi/

KNTV HP:http://www.kntv.co.jp/

 

関連記事


Page Up