Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

8月4日(日)に開催の「a-nation island powered byウイダーinゼリー」ライブレポート!

2013/8/6 03:50

 8月3日(土)より9日間にわたって様々なエンタメ・アイランドが渋谷に登場する「a-nation island powered by ウイダーinゼリー」。連日多彩なデイリーテーマのもとに開催される“LIVE”の2日目は「ヒートアイランドカーニバル 2013」!いま見逃せない、歌も存在感もホットなアーティストたちが国立代々木場第一体育館に集結した。

Korry-2Silent Siren-2
まずはオープニングアクトとして、ストリートでギターを片手に歌い続けてきた男性シンガーのKorryと、全員が読者モデルの話題のガールズバンド“サイサイ”ことSilent Sirenが続けて登場。それぞれ初々しいパフォーマンスを見せて、駆けつけた観客たちのハートをどんどんあたためていった。

仙台貨物_2-2
本編のトップバッターは宮城県が生んだ謎の運送屋集団・仙台貨物。まずはスペシャルゲストのTRF・ DJ KOOが登場。TRFメドレー、さらにはTRFと仙台貨物のコラボ曲「BOY MEETS BOY」を千葉のヴォーカルで披露。その後バンドメンバーが現れて、仙台貨物特有の底抜けに明るく楽しいポップチューン「サタデーナイトゲイバー」から立て続けに曲を演奏。フロントマンの千葉はミニスカ姿で女装、運送屋らしく赤いつなぎを着た他のメンバーもおにぎりをかぶっていたり、しっぽがついていたりと見た目はとことんコミカル。なのに演奏は超本格派という独自のパフォーマンスで会場中を笑顔にしていった。

WORLD ORDER-2
続いて登場したWORLD ORDERは須藤元気が男性ダンサー6人と結成したダンス・パフォーマンスユニット。メンバー全員がスーツにネクタイ、きっちり整えた髪型という日本のサラリーマンを象徴するようなファッションで静かに表れ、ダンスミュージックに合わせて無表情のままロボットダンスを踊りだすと、場内の時間が止まる。指先の動きひとつで時間軸を自由にコントロールしていく彼らの動きは緻密で繊細。「ファンじゃなくても1度は観たいと言われるようになったWORLD ORDERです」と自己紹介した須藤元気の言葉通り、彼らのパフォーマンスの独自性はハイレベル。静謐で厳かなオーラをまとった歌とダンスで、クールに場内を圧倒していった。

Ms.OOJA
「みんな、盛り上がってる?」と、バックバンドの演奏に合わせて手拍子をしながら軽快にステージに現れたのはMs.OOJA。「夏のフェスでやりたいと思ってました」という紹介で始まったアッパーなサマーチューン「Movin’」では会場中がひとつになって盛り上がり、その後、彼女がそっと目を閉じてアカペラでヒット曲「Be…」を歌い始めると、さっきまで騒いでいた客席に静寂が広がる。さらに続けて「I WILL」へ。タイプの違う泣きのバラードを2曲続けて披露し、人々の心に寄り添うような歌声で、Ms.OOJAの女性ならではの恋愛観をリアルに綴ったメッセージを観客ひとりひとりに切々と届けていった。

BREATHE-2
続いて登場したのはヴォーカルユニット・BREATHE。心地よい海風を運んでくるかのような透明感、清涼感をたっぷり含んだ声色で、代々木競技場の空間に爽やかな夏空が広がる。宮田慧、多田和也が舞台の左右に広がって披露した彼らの真新しいサマーソング「So High」では、勢いよくタオルをグルグル回したあとに観客たちが一斉にジャンプ。ゴキゲンなアゲアゲチューンで体を動かしたあとは、バラード「君が好きで」をしっとり響かせる。タイトルをリフレインする2人の美しいハーモニーで魅了したあと声のみで迎えるエンディングは、その最後の一音まで2人ぴったりと息が合った歌声を届けていった。

lecca-2
女性ダンサー2人を引き連れ、勢いよくステージに飛び出してきたのはlecca。真夏の太陽のような強いエネルギーが彼女の歌には宿っている。歌も熱いが言葉も熱い。「自分の人生を作るのは“意思”なんです」と、自分の努力次第で人生はいくらでも可能性が広がることを語りかけたあとに歌った新曲「SOLA」は、人を鼓舞するメッセージをたっぷり含んだ夏にぴったりのナンバー。ソカ、カリプソなど高揚感溢れるビートに乗せてタオルを回し、“オ~ォ”のコール&レスポンスで観客たちとひとつになったあと、「ちから」ではみんなと楽しくステップを踏むなど夏祭りのようなエネルギッシュなステージングで観客たちを大いに盛り上げていった。

清水翔太-2
続いて清水翔太がサングラスにキャップをかぶって現れる。日本のR&B界を牽引する若手の中では名実ともにNo.1のヒットメイカーであり、ソウルシンガーである彼の登場に、場内から黄色い声援が上がる。熱狂的な「翔太!」のコールにふふっと照れ笑いする表情はピュアそのもの。だが、HYのカバー「366日」が始まると翔太の甘くシルキーなハスキーヴォイスが代々木競技場に充満。歌声で身動きがとれなくなってしまう。「君が好き」ではそんな観客と目を合わせ“君が好き”と歌いながらグラサンを外すというニクい演出も加わり、観客たちをメロメロに。最後は新曲「WOMAN DON’T CRY」で優しくエールを送り、軽やかに圧倒的な歌のスキルの高さを見せつけていった。

D-LITE(from BIGBANG)-2
 そしてこの日のトリを飾ったのは、アジアが世界に誇る韓国のグループBIGBANGから、今年日本ソロデビューを果たしたD-LITE。会場のボルテージが一気に加熱するのを横目に、深く一礼をしたあと、「陽のあたる坂道」「全力少年」などカバーアルバム『D’scover』収録曲をアクティブにパフォーマンス。スケール感たっぷりのパワフルかつソウルフルな歌声が代々木競技場の最後尾まで突き抜けていく。また、初のシングル「I LOVE YOU」のカバーを披露した場面では、繊細なハスキーヴォイスとエモーショナルな歌声を自在に操るヴォーカルで観客たちの涙腺を震わせた。後半は「WINGS」をはじめオーディエンス参加曲をふんだんに組み込み、終止笑顔のD-LITEと観客たちが汗だくになりながら大合唱し、最後までヒートアップ。この日、最高に熱い空間を作り上げた。

いま音楽シーンを熱く盛り上げている様々なジャンルのアーティスト9組が集結し、競演した約4時間半。この日、渋谷が日本のどこよりもヒートアップしたエリアになったことは間違いない。

関連記事


Page Up