Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル『僕らのイケメン青果店〜チョンガンネ〜』記者会見!!

2013/10/6 02:15

9月28日より絶賛上演中のアミューズ・ミュージカルシアター(東京・六本木)第6弾公演『僕らのイケメン青果店〜チョンガンネ〜』。10月2日の昼公演後記者会見が行われ、主要キャストのキム・デヒョン、カン・インヨン、キム・ナムホ、チョ・ソンジェ、ファン・バウルが登壇し、作品に対する熱い思いや意気込みを語った。

DSC_1299のコピー
ミュージカル『僕らのイケメン青果店〜チョンガンネ〜』は、小さな青果店からスタートして、年商300億ウォンを誇る食品流通会社にまで成長させた青年実業家の実話をもとにした物語。韓国では小説がベストセラーとなり、ミュージカル化。2011年にはドラマ化され、チ・チャンウクや超新星のジヒョクが出演し大きな話題となった人気作品である。

DSC_1173のコピーDSC_1176のコピーDSC_1199のコピーDSC_1234のコピーDSC_1273のコピー
公演を終えたキャスト5人は、疲れも見せず颯爽と舞台に登場!笑顔で挨拶し、会見がスタートした。

日本公演に出演した感想は?

キム・デヒョン:お客様の反応がとてもよく、楽しく公演しています。作品そのものが楽しい内容ですし、毎日リラックスして楽しく過ごしています。

カン・インヨン:お客様の反応がよく、たくさんのパワーを頂いて力にしています。最後までケガをせず楽しく公演していきたいと思います。

キム・ナムホ:日本が海外という感じがしないですね。まるで韓国国内で公演しているかのように観客の皆さんが反応してくださるので楽しく公演しています。

チョ・ソンジェ:言葉の壁があるにもかかわらず、皆さん笑って拍手もしてくれます。そこから力をいただいて千秋楽まで公演ができると思います。最善をつくして頑張ります!

ファン・バウル:言葉や文化の違いがあるので少し心配していましたが、思った以上に皆さんが反応してくださったので、とても楽しく公演しています。最後まで頑張りますので宜しくお願いします。

本作品は実話を元にしたストリーですが、主人公テソンを演じてみていかがでしたか?

キム・デヒョン:実在する方を演じるということで、もっと色々調べ研究して・・・と思っていましたが、公演をしながらその役に近づけるように努力していきたいと思っています。

心の葛藤が難しいミンソクという役を演じてみていかがでしたか?

カン・インヨン:そうですね、悩みが多い役ですね。役にたいしては悩みながら色々模索しながら演じていきたいと思っています。

カン・インヨンさんは、コンボイ・ショーの韓国版のチームに所属されていて日本でもツアーをされているそうですね。来日は何回目ですか?

カン・インヨン:公演では3回目です。それ以外でも観光で何回か来ています。

キム・ナンホさんは、本作品でこれまでに他の役(テソン、ジファン)も演じられていますが、今回はユンミン役です。どの役が一番やりやすかったですか?

キム・ナムホ:ユンミンはとても可愛いキャラクターなので、日本の皆さんが一番好んでくださるのではないかと狙ってきたんですよ。今はユンミンを演じられて幸せです。満足しています。僕、“カワイイ”でしょ~?(笑)

ホストクラブに勤めていたジファンという、少しセクシーなキャラクターは、演じやすかったですか?

チョ・ソンジェ:この役に決まるまで、ホストクラブについて全然知らなかったので、色々調べました。実経験がないので演じるのは難しいですが、より近づけるように努力して演じています。

一番可愛くて皆から愛されるチョルジン役はいかがでしたか?

ファン・バウル:初めて日本に来て色々なものを見て触れ、楽しいなぁと思っている自分自身の今の環境や感情をキャラクターにそのまま生かして演じています。役同様に兄貴たちに助けながら楽しく公演しています。

休演日には日本のどちらかに出かけられて堪能されましたか?

キム・ナムホ:5人で富士急ハイランドに行く計画を立てているんですよ。先日は下北沢にファン・バウルさんと一緒に行って、ビンテージショップでショッピングをして、美味しいお好み焼きも食べました。ディズニー・シーにも皆で行きたいですね。

キム・デヒョン:原宿、表参道に行きました。ラーメンやたこ焼きを食べました(笑)。とっても美味しかったです。

カン・インヨン:僕は寝坊助なので(笑)、一人で六本木のドンキホーテの近くのお好み焼き屋さんに行きました。本当はみんなと出かけかったんですが、起きられなかったんですよ・・・。

チョ・ソンジェ:ファン・バウルさんと一緒に新宿に出かけました。FTISLANDのメンバーと友達なので、今日は彼らの公演に行く予定です。

ファン・バウル:ドンキホーテで健康グッズを買いました!

 世界的にも注目されているミュージカルのメッカ“大学路”を代表する本作品ですが、皆さんにとって“大学路”とはどんなところですか?

キム・デヒョン:第二の故郷ですね。大学路で役者として活動できることは光栄なこと。これからもずっと公演できるように頑張りたいです。

カン・インヨン:遊園地のような遊び場です。色々な遊び道具(作品)があって、1日を楽しんで過ごせるところです。たまには他の所で遊ぶ(公演)のもいいですが、大学路で遊べるように頑張りたいです。

キム・ナムホ:僕は10年近く大学路で活動しているので、他で活動しても必ず帰ってくる場所だと思っています。僕に会いたければ大学路に来て下さいね~。

チョ・ソンジェ:今回の作品がデビュー2作目なので、まだ大学路では公演をしていません。カン・インヨンさんが言ったように、早く大学路で遊んで(公演して)みたいです。

ファン・バウル:大学路での経験はまだ浅い方ですが、大学路で作品やお客様に出会って色々な経験をして・・・僕にとって生活の場所だと思っています。これからも大学路でたくさんのものを探していきたいですね。

DSC_1180のコピー
プライベートでも仲によい皆さんですが、本来の姿で一番合っていると思う役は?

キム・デヒョン:チョ・ソンジェさんは、実際に軍除隊してからまだ4ヶ月なので、チョルジン役が合っているかも。実年齢も一番年下ですしね。

カン・インヨン:僕は、自分は性格的に可愛いチョルジン役が似合っていると思うんです。(メンバー全員大爆笑!!)この役を絶対にやりたいです。自分だけがそう思っているみたいだけど・・・(笑)

キム・ナムホ:今の役どころが、みんな一番合っていると思うからそのままでいいんじゃないかな?今のメンバーがベストです!

ファン・バウル:僕もナムホさんと同じ考えです。

最後に日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。

キム・デヒョン:まだ公演が始まったばかりですが、すごい手応えを感じています。最後まで頑張って公演しますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

「チョンガンネ青果店」で働く独身男5人の若いエネルギーや情熱、夢や希望、友情や絆が描かれたミュージカル『僕らのイケメン青果店〜チョンガンネ〜』は、東京・六本木、アミューズ・ミュージカルシアターにて、10月20日(日)まで開催!

DSC_1117のコピー
<Story

 広告会社に勤めていたテソンは将来について悩んでいた。旅先で偶然出会ったイカの行商人と一緒に地方を渡り歩いて仕事を覚え、5年後に<チョンガンネ青果店>を始める。高校時代の友人ミンソク、ホストクラブに勤めていたジファン、バークレーに留学していたユンミン、済州島出身で軍を除隊したてのチョルジンと共に、若さあふれる店は順調に大きくなっていった。2号店の開店を控え忙しい中、ミンソクは大企業からの誘惑に心が揺れ、ジファンは祖母の医療費のためにホストクラブでの仕事をまた始めるようになった。青果店の若者たちは、自分だけの夢ではなく、みんなの夢を叶えることができるのだろうか・・・。

公演期間:9月28日(土)〜10月20日(日)

上映時間:100分

チケット料金:SS ¥8,000  S ¥7,000  テハンノシート¥3,000(当日券のみ)

アミューズ・ミュージカルシアター公式HP: http://www.amuse-musical-theatre.jp

※期間中、サイン会開催の日にちもあり。(登壇キャストはHPにて)

関連記事


Page Up