Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

T.O.P(from BIGBANG)、映画「同窓生」公開記念 PREMIUM EVENT開催!!~イベント編~ みんなオシャレだね~!①

2013/11/22 02:47

圧倒的なパフォマンスで世界中を熱狂させるBIGBANG。メンバーの中で、端正なルックスと、その低い声で奏でられるラップで人々を魅了するT.O.P主演映画『同窓生』が、ついに2014年1月25日に日本上陸する。11月20日、パシフィコ横浜国立大ホールにて、本作の公開を記念して、『T.O.P(from BIGBANG)映画「同窓生」公開記念PREMIUM EVENT』が開催され、昼と夜の2公演に10,000人が来場した。

9J9A8247-2のコピー
本イベントは、T.O.P(from BIGBANG)が初となる単独イベントとなり、「ファンのみなさんにたくさん楽しんでもらいたい」と彼自身がプロディースを手がけ、映画『同窓生』にまつわる秘話や、音楽について、普段はベールに包まれたプライベートな話までたっぷりと披露。さまざまな企画で来場したファンを楽しませた。

会場が暗転し、スクリーンにオープニングのPVが流れると観客の大歓声が響きわたった。ステージ中央に引かれたレッドカーペットの階段上にT.O.P(from BIGBANG)が登場すると、さらに大きな歓声に包み込まれた。

9J9A8298-2のコピー
シャドーチェック柄のスーツとネクタイでスタイリッシュに決めたT.O.Pは、「みなさん、こんにちは。T.O.P (from BIGBANG)です」と日本語で挨拶。今回のイベントは、ドレスコードがあり、客席の参加者も“ブラック・ホワイト”でドレスアップ。会場を見渡したT.O.P(from BIGBANG)は、「みんなキレイだね~」「オシャレだね~」と日本語を連発し上機嫌。

ライブで座るハイチェアのようなものでは堅苦しいからと、トーク中に座る白い大きなソファや、ステージ上の家具もT.O.P(from BIGBANG) 本人が選んだことのこと。ソファの座り心地がとてもよく、リハーサルの時に居眠りもしてしまいそうだったと言い、「僕は少しいびきをかきます」と、いびきの声のマネをして会場の笑いを誘った。

9J9A8551-2のコピー
トークコーナーでは、まず始めに映画『同窓生』について。「最初にシナリオを読んだとき、台詞が実際に使われているよりもっと少なかったので、どう演じたらいいのかと心配でした」と語り、「心配だったゆえに、アドリブで台詞を追加した部分も多かったです」と明かした。「月曜日から木曜日まで夜通し同窓生の撮影をして、週末はBIGBANGのワールドツアーで海外を飛び回るというハードなスケジュールをこなし、気持ちの切り替えが大変で肉体的にも精神的にも苦労しました。でも、その撮影がまた自分自身を成長させてくれたと思います」と撮影当時を振り返った。

妹役のキム・ユジョンとは昔から親交があり、T.O.P (from BIGBANG)から“より妹らしく”と彼女を妹役に指名したこと。「彼女は子供のころからBIGBANGのファンでいてくれていて、昔は僕を理想の男性と言ってくれていたんですよ。でも久しぶりに撮影で会ったら、理想相手はもう違う人になっていたみたいです」と笑った。

映画のメイキング映像が流れ、アクションシーンではT.O.P(from BIGBANG) が手の甲を怪我してしまうシーンもあり、客席からは心配する声が大きく上がる。「その時、自分の手の甲にマグロのお寿司が乗ったように血で赤くなった」とおどけながら語るも、「大丈夫だよ~」と日本語で伝えて安心させたが、彼の手にはまだ傷跡が残っていた。本編の一部も先行で上映され、息をのむ激しアクションシーンの連続に、客席からは感嘆の声が漏れた。

「“クラブマガ”という武術を4ヶ月間、1日4時間の練習で身体に染み込ませました。でも、音楽がない状態でまるでダンスをしているようで恥ずかしくて・・・」と話すと、MCから「いえいえ、しっかり役にハマッていますね」と褒められると「あ、ありがとうございます」と大照れ。「次回作は服を全て脱ぐ予定です」と、突然の発表にファンも大喜び(?)。さらなる期待をもたせた。

9J9A8687-2のコピー
現在11月16日から埼玉・西武ドームを皮切りに、海外アーティスト史上初となる日本6大ドームツアーを開催中のBIGBANG。MCから「BIGBANGの中で一番人気があると思っていますか?」と冗談ぽく質問されると、T.O.P (from BIGBANG)は笑いながら「人気は重要じゃないね、情熱が一番大事だね」「僕はプロだから(笑)」と日本語で話すと、会場から大きな拍手が。でも、やはり久しぶりに5人集まってステージに立つことはとても幸せだと目を輝かせた。

西武ドームでも話した「ソウルから東京まで(飛行機で)1時間30分なのに、東京から西武ドームまで1時間30分だよ」のウケから、「東京からここまで1時間30分」と、“1時間30分”のワードで会場は大盛り上りに。

韓国のソロ新曲「DOOM DADA」にもふれ、企画からミュージックビデオも込みで考えていたことを伝えた。音楽は基本的に聞き手にメッセージを届けることを意図して作っているが、今回はそれを考えずに新しい音楽を伝えたかったと熱い思いを語った。その注目の「DOOM DADA」のミュージックビデオが流れると、客席からは大歓声が起きおこり大興奮。

「DOOM DADA」のメイキング映像も流れ、猿の特殊メイクをしたT.O.P(from BIGBANG)の写真や、白馬をシマウマにペインティングした写真なども紹介。動物虐待の批判の意図も含んでいることを伝え、今回のミュージックビデオのT.O.P(from BIGBANG)のこだわりを感じさせた。また、ファンの「聞きた~い!」の声に、リフレインの部分を生で披露する場面も。

9J9A8662-2のコピー
さらに、T.O.P(from BIGBANG)のプライベートにも迫り、「プライベートで今一番何がしたいですか?」とMCが質問すると、「今みたいに皆さんと過ごしたいです」と笑顔で答える。

お酒は、ワインが好きでよく飲んでいるとのこと。「最近はビールにも嵌っているんですが、ビールは昼間も飲んでしまうから気をつけなきゃね。お酒で失敗するところを見せたくないので部屋で一人で鏡を見ながら飲んでいるんです」と。

以前は、彼女を作りたいといつも言っていたが、現実忙しくて難しいと悟ったというT.O.P(from BIGBANG)。周りにはいつもマネージャーのお兄さんやメンバーが近くにいるので、「彼女じゃなくて、もう彼氏でも作っちゃおうかな」「でもD-LITEはやばいよ~」とジョークを飛ばし、屈託なく笑うT.O.P(from BIGBANG)にファンはもうメロメロ。

そして、なんと彼の自宅の写真の一部を公開!T.O.P (from BIGBANG)が自宅を公開するのは初めてのこと。おしゃれでデザイン性の高い自宅に彼のセンスとこだわりが光り、ファンからは歓声・悲鳴とため息が漏れるばかりだった。

T.O.P (from BIGBANG)も「プライベート公開するのは慎重な方ですが、『同窓生』を撮っている間も黙々と待ってくれたファンのみなさんに、少しでも喜んで楽しんでもらえればと思い、こんな風に準備をしました。」とニッコリ。会場限定の自宅公開にファンたちも大満足だ。

9J9A8752-2のコピー
続いてのコーナーは「T.O.P(from BIGBANG)の妹になろう!」。直接ファンとの触れ合いを持った。

※T.O.P(from BIGBANG)、映画「同窓生」公開記念 PREMIUM EVENT開催!!

~イベント編~ みんなオシャレだね~!②へ・・・

『同窓生』メインビジュアル_R-2

関連記事


Page Up