Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パク・コニョン、『1×1 ワン・バイ・ワン・バースデーファンミーティング』開催!!

2013/12/4 07:32

韓国ミュージカルのトップスター、パク・コニョンが、11月27日、東京・めぐろパーシモンホール 大ホールにて、『1×1 ワン・バイ・ワン・バースデーファンミーティング』を開催し、ファンと楽しいひとときを過ごした。

IMG_0161のコピー
2001年、ミュージカル『ザ・プレイ』でデビュー。その後、『ハムレット』『三銃士』『モーツァルト!』『ヘドウィグ』など、数多くの人気作品に出演し、ミュージカル俳優としての実力と人気を不動のものにしたパク・コニョン。その才能はミュージカル界以外でも開花。人気ドラマ『アイドゥ・アイドゥ~ステキな靴は恋のはじまり』や『シンドローム』、映画『ダンサーの純情』、時代劇『風の国』など多方面で活躍の場を広げ、今年はミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』で主役パーシー役を好演し大きな話題に。演技・歌・ダンス全てをパーフェクトにこなし、その爽やかな魅力で女性ファンの心をつかんでいる。

「パンガプスムニダ!(お会いできて嬉しいです!)」と声をかけながら、さっそうとパク・コニョンが登場すると、大きな歓声と拍手が会場に響きわたった。今年の6月に番組収録で来日したというが、今回は思い入れが特別。「舞台袖で緊張して震えていました。大きな歓声で迎えてくれて嬉しかったです」と感激し、安堵の笑顔をみせた。

この日のイベントは、約4年ぶりのファンミーティング。パク・コニョンの11月1日の誕生日と、今年5月に日本公式ファンクラブが設立された2つの誕生を祝う目的で開催され、ケーキとバースデーソングで盛大にお祝いをした。彼がケーキの苺を口にするだけで「きゃー!」と歓声があがり、一挙手一投足を見守るファンたち。

パク・コニョンは、「韓国にミュージカルを観に来てくださる日本のファンの方がたくさんいて嬉しく思っています。来年は僕が日本でミュージカルを公演できるように頑張ります!」と感謝の気持ちを伝えた。

IMG_9000_1のコピー
人生のターニングポイントを聞かれ、「まだまだ来ていません。あえて言うなら軍服務をしていた22才かな。みんながテレビで活躍しているとき、僕は弾薬庫でタップダンスを、山に登って大きな声でミュージカルの歌を練習していました」と答え、「友達は矢を先に放っただけ。僕はその間に矢を太く大きくして遠くに飛ばせるようにしていた。その矢が今飛んでいる最中なんです」と語る。そして、「俳優になるという夢が叶い、幸せと挫折の毎日ですが、叶えることが出来た夢を失わないように努力しています」と目を輝かせた。

人気を博したドラマ『シンドローム』と『アイドゥ・アイドゥ~ステキな靴は恋のはじまり』では、2作品とも医者の役どころ。早速、舞台に白衣と聴診器が用意され、白衣姿のコニョンに客席のファンはもうウットリ。名シーンを映像で見ながら振り返ると、「『アイドゥ・アイドゥ~ステキな靴は恋のはじまり』のプロポーズのシーンは、僕がアドリブで考えたんです」とエピソードを明かした。

ゲームコーナーでファンとの触れ合いを楽しんだあとは、ミュージカル『ヘドウィグ』のナンバー「The Origin of Love」や「Wicked Little Town」を熱唱し、ミュージカル共演をきっかけに仲良くなったというギタリストとともにメドレーを届け、ミュージカルの世界へいざなった。自身もギターの弾き語りを披露し、「僕の部屋のリビングにいるようですね」と終始リラックスムードのコニョン。

IMG_9649のコピー
「ミュージカルはテレビや映画のように、監督の“カット!”の言葉で途中で止めることはできないので、一度スタートしたら終わりまで演じ続けなければなりません。ですから、ごまかしが効かず体調を含め全ての準備が必要なんです。でも公演は客席のみなさんと一緒に作ることができる楽しい作業なんです」とミュージカルの魅力を熱く語り、俳優としての真摯な姿勢を表した。

さらに、12月16日から韓国で上演されるミュージカル『DECEMBER』のナンバーを初披露し、迫力ある歌声で会場を盛り上げ、最後は福山雅治の「最愛」をしっとりと歌ってファンを魅了。

イベント終演後は握手会を開き、一人一人の目をしっかりと見つめ感謝の気持ちをこめて観客をお見送りした。

「本当に楽しかった」と最高の笑顔をみせ、また大きな思い出作りをしたパク・コニョン。ファンからもらったたくさんの愛を力にして、これからも素晴しい舞台や演技を届けてくれるに違いない。

故キム誕生50周年を記念した創作ミュージカル『DECEMBER』は12月16日からJYJのジュンスとダブルキャストで主演する。

■パク・コニョン オフィシャルブログ http://ameblo.jp/parkgeonhyeong/

 

関連記事


Page Up