Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熱いよ~紅白歌合戦リハーサル!世界の衣装をまとったAKB!!その2

2013/12/29 11:49

熱い戦いを繰り広げるNHK紅白歌合戦の公開リハーサルが行われ、世界の衣装をまとったAKBが登場!!可愛すぎる彼女たちに視線が集まった。

110人での出場となり、大きな存在感を放っていたAKB48。高橋が「世界中の人に歌の素晴らしさを伝えたい」と話すように、110人全員で異なる国と地域の衣装を着て、紅白を盛り上げる。大島は「テレビの前の皆さんも一緒に歌って踊ってください」と視聴者にメッセージをおくった。

AAAは、去年までは白組、今年からは紅組になったAAA。両組を経験できるのはAAAならではと語った。宇野は女性として紅組なのは嬉しいが、「大好きなSMAPの木村さんに会えない」と少し残念な様子だった。一方男性陣は周りが女性ばかりということで、「2日前からアクセル全開!!」と喜びを表現していた。

今年デビュー45周年だった和田アキ子。紅白を楽しむ歌い納めとした。また事務所の後輩で初の司会を務める綾瀬はるかについて、「すごく心配。頼むから冷静で。でも綾瀬はるかにしかできない司会を見せてほしい」と激励した。

いきものがかり
今年披露する「笑顔」について「大切な人に思いを語る曲です。真剣な曲だが聴いている人の顔がほころぶように歌いたい」と話したボーカルの吉岡。取材では吉岡にギターの山下がツッコミをいれるなど、終始、和気藹々とした雰囲気で質問に答えていた。

 

坂本冬美は、披露する「男の火祭り」について、「ふるさとに帰って、また家族みんなで見ていただきたい」と意気込みを語った。にぎやかな曲にあわせて作ったという鮮やかな衣装にも注目したい。
初登場の福田こうへいは、本番に来る祖父について語った。亡くなった父が民謡歌手になることを責めてしまった祖父に、大きな舞台を見せることで、祖父の後悔の念を取り払いたいと意気込みを見せた。また、今年で紅白を引退する北島三郎について、「おこがましいがバトンタッチをさせてくれた気がする。真の演歌を歌っていきたい。」と語った。

水樹奈々×T.M.Revolution
2人でやるのはどうですかと聞かれ、「ソロとは違う緊張感がある」と答えた水樹と「2人で心強い」と答えた西川。当日のプランはお互い最後までわからないということで、互いの演出を楽しみにしているようだ。

関連記事


Page Up