Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チュウォンと2PMのチャンソン主演『七級公務員』DVD発売記念イベント開催!

2014/1/29 09:16

スパイ要員同士の恋の駆け引きと、アクションも加えた楽しいラブコメディ『七級公務員』のDVD発売記念イベントが1月12日、中野サンプラザで、昼夜2回行われた。チュウォンとチャンソンと、今売り出し中のイム・ユンホのかっこいい3人のスターが集まった。舞台と客席がものすごく近くて、会場は女性ファンの期待でいっぱい!

●0H5A4581●のコピー
まずチュウォンが客席からゆっくり1人ひとりに会釈しながら登場、その度に客席はキャーキャーと歓声のうずが上がって、オープニングが更に盛り上がった。そしてチャンソン、イム・ユンホと3人揃って始まった。チュウォンが185cm、チャンソンが184cm、イム・ユンホが183cmと3人共180cmを越す長身揃いでスタイルの良さは見事だ。撮影中はよくチェ・ガンヒも含めて、楽しく談笑しながら打ち合わせをしたそうだが、作品が完成してからはお互いにその後の作品の試写会に顔を出す以外は、なかなか会えなかったそうだ。今日は久し振りの顔合わせに、ファンを前にして緊張しながらも、撮影当時を思い出しながら、3人共じっくり楽しんでいる様子が、客席にまで伝わってきて、終始和やかな雰囲気で進行した。

◆トーク3名_IMG_2105のコピー
所々ドラマのシーンを見ながらのトークが始まった。チュウォンとチャンソンの役柄はお互いに恋敵で、2人の格闘まがいのシーンに、MCが「あの殴り合いは打ち合わせ通りにするんですか?どちらかが左右の腕を間違えて出したら大変ですね」という質問に、「あのシーンは笑いを誘うように滑稽にやっていたので、苦になりませんでした」という正直な答え。3人の中でアクションが一番うまいのはチュウォンだそうで、日頃からアクション映画をよく見て研究していたとのこと。体が一番素敵なのはチャンソンとユンホだそうで、特にユンホは劇中、上半身裸になって座っていても、お腹のたるみがないのに、驚いたというMCに、「あの時はお腹に力を入れて、精一杯引込めていました」に会場は大笑い。引っ込めてもなかなか引っ込まないのに、羨ましい体型だと更に会場大爆笑!

◆トーク立ち_チュウォン&チャンソン_IMG_0996のコピー
次に恋愛論に発展、「好きな人には男性の方から積極的に行くか?」のMCの問いに、チャンソンは野獣アイドルらしくない答え。「相手も自分のことを好きだと感じられたら告白する」そうだ。チュウォンは「好きでも半年ぐらいは見守ってから、これはうまくいきそうだと確信がもててから告白する」という超慎重派。意外にもジュノが「好きな女性が現れたら迷いなしに突進していく」という一番の野獣派だった。話し方が静かで声も一番小さいジュノが野獣派なので、見かけとのギャップに驚きの声が上がった。

●IMG_3035●のコピー
チュウォンはぽっちゃり型が好きで、傑作なのは今でも帰宅するとまずお母さんのお腹を触るそうで、そうすると安心すると告白する。これには会場は大笑い。更に以前付き合っていた彼女が、チュウォンと付き合うようになって8キロ以上太ったそうである。そこでお腹を触らせてもらって、幸せを感じたそうである。

◆トーク_チュウォン&チャンソン_IMG_0723のコピー
紙コップに糸をつけた糸電話でチュウォンがチェ・ガンヒに愛を語る場面は昔子供の頃に、糸電話で遊んだことが思い出される。パラシュートをしながら「お誕生日おめでとう!」と歌う場面は特撮で、寒い中実際には地上で行われたなどの撮影エピソードを披露。女主人公のチェ・ガンヒはチュウォンとは10ぐらい年上だが、童顔でそんなことを微塵も感じさせない。「年上の女性はどうですか?」の質問に3人共、「年上の女性はよく自分を理解してくれるので、理想的です」と絶賛していた。

チュウォンが28歳で3人の中で一番年上だが、末っ子で育ったせいか、一番若く見える。ほぼ同い年のチャンソンとジュノによく抱きついていたそうだ。「3人が同じ人を好きになったらどうするか?」のMCの質問に、3人共「仲良しの仲間を失いたくないから諦める」という答えだった。

歌_チュウォン_0H5A3732のコピー
歌_チャンソン_0H5A4324のコピー
歌_イム・ユンホ_0H5A4084のコピー
次に一人ひとり歌を披露してもらった。チュウォンは七級公務員のOSTから2PMのジュノ (feat. テギョン)が歌った『君に続く道』を、アメリカのニューヨーク州立大学出身のユンホはエリック・ベネイの『チョコレート色の脚』、チャンソンは清水翔太の『Forget-me-not』をそれぞれ歌った。歌手が本業のチャンソンはチャンソンの名曲

をしみじみ歌い上げて、会場をとりこにしたのはもちろんだが、チュウォンの歌のうまいこと、ラップの部分もすべて一人でこなし、さすが『グリース』などに出演したミュージカル俳優出身だけある。ユンホも少しセクシーで甘い歌をしっとりと披露してくれた。

0H5A4992のコピー
チュウォンとチャンソンが自分のデート場面を頭に描きながら、用意された洋服などのアイテムからそれぞれ選んで、女性の服装を仕上げていき、靴やバッグなど足りないものは客席から、本人を連れてくる、そしてユンホにどちらがイケテるかを選んでもらう『借り物ミッション』対決や、チュウォンとチャンソンの『振り向いて笑顔』『メガネをずり上げる』動作を行って、ユンホと会場から選ばれたファンが審査をする対決ゲーム、ユンホの『拳銃で狙いを撃つ』姿の演技の披露、更にバックステージに招待される10名の抽選会と続き、最後に3人に今後の活動について語りながら最後の挨拶をした。

●IMG_3545●のコピー
チュウォンは「映画やドラマへの出演がありますが、まだ公表できない段階です。今日はチャンソンのファンにも会えたし、普段なかなか会えないチャンソンに会えてよかったです。今後も一生懸命いろいろ挑戦して、また皆さんに早く会えるようになりたいです。今日は皆さんありがとうございました!」

チャンソンも「今後の予定… 1月の末からから3月まで日本でアリーナツアーを行います。そして、このようなコンサートではないイベントで皆さんに会えてうれしいです。今日ファンの皆さんと過ごせて幸せでした。僕は皆さんが好きです!」

ユンホは「僕も映画に出る予定ですが、まだくわしくは言えません。これからも頑張るので関心を寄せて下さい。たくさん愛してください。今日は皆さんありがとうございました!」

◆集合写真_0H5A3525のコピー
チャンソンもチュウォンも歌手として、ミュージカル俳優として、それぞれ生の舞台を数々経験しているだけあって、心からファンに語りかけ、客席のファンの心を掴むのがとてもうまい。チャンソンは終始一貫、ほとんどの受け答えを日本語で話していた。その日朝の4時半まで撮影に参加して、このイベントのために朝一番の飛行機で来日したが、そんなことを微塵も感じさせない、終始さわやかな好青年でファンを魅了していた。最後は3人のお見送りを受けて、幸せな気分で家路についた人も多いことだろう。

◆見送り3名_0H5A4433のコピー
●チュウォン ジャパン オフィシャル ファンクラブ

http://www.joowon508.jp/

●イム・ユンホ ジャパン オフィシャル ファンクラブ

http://www.lyh-fc.jp/

 『七級公務員』DVD情報

スペシャルエディション版  好評レンタル中(TSUTAYAのみ)

DVD――BOX1×2  各21,000円(税抜)+税

発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ/セル販売元:東宝

(C)2013  APPLE TREE PICTURES、CURTAINCALL PRODUCTION

関連記事


Page Up