イ・ミンホ、ドラマ『相続者たち』KNTV放送、来日記念記者会見に登場!

2014/4/5 11:29

ドラマ『花より男子~Boys Over Flowers~』で不動の人気を博し、その後も『シティ ハンターin Seoul』や『シンイ~信義』などのドラマに主演し、長身とその甘いルックスで絶大な人気を誇るイ・ミンホ。そんな彼の最新ヒットドラマ『相続者たち』がKNTVで4月27日から放送されることになり、3月28日(金)パシフィコ横浜でファンミーティング前に、放送記念の記者会見を行い、多くの報道陣が集まる中、ドラマへの熱い想いを語った。

20140328_R5P8548のコピー
花柄のシャツにドット柄の薄手のセーターという、春らしいイメージのカジュアルスタイルで颯爽とイ・ミンホが会見のステージに現れると、187センチの長身のスタイル抜群のビジュアルにカメラマンも一斉に釘付けになるほどのオーラ!「皆さん、こんにちは!お久しぶりです。イ・ミンホです。(笑)」と日本語で笑顔で挨拶。

―日本で『相続者たち』が放送されると聞いたときの気持ちは?―

ミンホ:日本で放送されることが決まってとても嬉しく思っています。このドラマは愛を描いたドラマですが、僕もこのドラマを通して愛について、もう一度考えるようになりましたし、愛の関係性についても考えるようになりました。そんなメッセージが日本の皆さんに伝わって楽しんでいただければと思っています。そして愛されるドラマになって欲しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
―素敵な台詞がたくさんありましたが、ミンホさんご自身が気に入っている台詞はありますか?―

ミンホ:記憶に残っている台詞は、直訳をすると、それでも前へ進む・・という台詞と(ちょっと恥ずかしそうに)「僕はキミが好き(日本語で)」です。

―好きなシーンはいかがですか?―

ミンホ:このドラマの中で僕は正妻の子供では無いという役柄だったのですが、そんなふうに心の痛い秘密を抱えている主人公が自分の口からそれを明かすというシーンがあります。それを撮ったときは一日中手に汗を握り緊張していました。気持ちを集中させて撮影したシーンなので記憶に残っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
―撮影中のエピソードについて教えてください。―

ミンホ:とにかく今回は同世代の同僚たちがいたわけですが、もしかするとこのような同僚たちと作品を撮ることは最後かもしれないな?とちょっとした切ない気持ちになりましたし、本当に楽しくて良い同僚の皆さんたちだったので、ファイトに溢れた現場でした。普通に集まっただけでも楽しくて良い現場でした。

―なぜ最後と思ったのですか?―

ミンホ:僕も20代の後半に差し掛かっているので(笑)この制服を、いつまた着られるのかな?と考えたのです。もしかしたら、これが最後の制服になるかもしれないな?と思うからです。もしかしたら無理やりかもしれないのですが、今回19歳の設定でしたので、ドラマが終わってから「若くなったね」と良く言われました。皆さんも、家に一着制服を用意して着てみてください!(笑)マスコミの皆さんが次回、僕に会う時、制服を着てくだされば僕も制服で登場しようと思います。

20140328_R5P8523のコピー
―ドラマの注目ポイントはどこでしょうか―

ミンホ:人は歳を重ねて、歳月が過ぎれば色々なことを考えてしまいますよね?でも反対に人間が本来持っている、純粋な感情は忘れがちだと思います。でもこのドラマを見れば若い人の感情をたくさん見ることができます。心の触れ合いの部分を見ていただければ、より楽しめると思います。

―撮影の合間で具体的に楽しかったことなど教えてくださいますか?―

ミンホ:今回は本当に台詞が楽しかったですし、個性的な方ばかりでしたので、台詞を使っていたずらをしたり、特に女性の出演者の方々に僕が印象的だと言った台詞「僕が君を愛している」という台詞を言ってみたり、台詞を引用した遊びが多かったですね。特に男子が意地悪なことをして、パク・シネさんがすねてしまったこともありました。女の子をいじめることが好きな20代の男子の集まりのようでした。(笑)

―制服は最後かもとおっしゃっていましたが、『花より男子』の時の高校生の気持ちと、今回の高校生の制服の気持ちの違いを教えてください。―

ミンホ:まずは、今回のほうが気持ちが楽でした。なぜかというと、頭に強いパーマをかけずに制服を着ることができたからです。(笑)今考えてみると、『花より男子』の時のほうが今より年上に見えるような気がしますね。今回のキャラクターは、今までよりもとても深い感情があるキャラクターで、それを演技で表現しなければならなかったので序盤から後になるにつれて、どんどん感情を深めなくてはならなかったです。男の中の男だというイメージです。だからあまり10代という感じにとらわれずに撮影しました。

―男の中の男という具体的なエピソードと、お兄さんをヒョン、ヒョンと呼ぶシーンが可愛かったですが何か想い出はありますか?―

ミンホ:キム・タンというキャラクターは、自分が何をしたいのかわかっているキャラクターだと思いますし、自分の感情に忠実なキャラクターだと思います。彼の兄への愛し方も理解できますし、俳優イ・ミンホとしてもわかるぐらいの時期に来ていると自分自身思っています。そして兄のウォンのほうは、人の愛し方も含めて現実的だと思いますが、そんなところにも共感を持てましたし、その現実を考える時期にある私自身が振り返ってみると、キム・タンの人の愛し方が理解できました。自分の好きな女性を守ることができる男性ですよね。今の自分が持っていない面を見て、真の男の中の男だなと思いました。お兄さんについては、まるで相手役の俳優さんが女優さんか?と思うぐらい彼を抱き寄せてしまったんです(笑)それでNGが出てしまって・・・・あくまでも瞬間的だったんですよ。もちろん私生活では違いますよ!(恥ずかしそうに顔を赤らめて)

20140328_R5P8509のコピー
―自身の魅力はどこにあると思いますか?―

ミンホ:答えにくい質問の一つではありますが、いずれにしてもどこの国でファンの方にお会いしても皆さんの眼差しを見て触れ合うようにしていますし、一緒にファンの皆さんといるととても幸せなので、その気持ちを素直に表現しています。その点が気に入っていただけているのかな?と思います。勿論、作品の中のキャラクターを気に入っていただいて、そこからでしょうが、その次からファンの方々との関係が深まるのは、ファンミーティングや、公演でお互いの本心を見せ合うということではないでしょうか。

ファンヘのメッセージ

「今日は約10ヶ月ぶりにファンの皆さんと会うのですが、いつもなかなかお会いできなくて申し訳なく思っています。その分今日と明日、皆さんと良い想い出を作れたらいいなと思います。今日はどうもありがとうございます。僕はこの後、韓国へ戻り、映画を撮影します。また良い作品でご挨拶できればと思っています。」

イ・ミンホ主演ドラマ『相続者たち』KNTVにて放送決定!!

4/27~毎週(土・日)8:45~10:00再放送4/29~毎週(月・火)8:20~9:35

イ・ミンホが脚本家、キム・ウンスク(シークレットガーデン)と初タッグ!逃れられない宿命を背負った高校生たちの青春ロマンス。

主演:イ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビン

『LEE MIN HO ENCORE CONCERT 2014 My Everything IN JAPAN』

スカパー!スカチャン0にて4月26日(土)午後10:00~11:00 先行独占放送

KNTVにて5月15日(木)午後11:15~深夜0:55 80分拡大版放送

イ・ミンホ ジャパンオフィシャルファンクラブ

http://www.minho.jp/

『相続者たち』

KNTVにて4月27日(日)スタート

毎週(土・日)午後8:45 ~10:00ほか

『相続者たち』KNTVオリジナルグッズが当たる「イケパラ♪大企画」実施中!

詳しくはキャンペーンサイトへ

http://www.kntv.co.jp/2014drama-ikemen/

 

 

関連記事


Page Up