映画『怪しい彼女』主演のシム・ウンギョン来日記念イベントに、堀ちえみとマキタスポーツが登壇!

2014/5/18 02:36

韓国で860万人以上を動員し、大ヒット爆進中の映画『怪しい彼女』が日本でも7月に公開されることになり、2014年5月14日(水)主演のシム・ウンギョンが来日。“突然、20歳(ハタチ)トークイベント”と称したイベントを実施した。MCには各方面の音楽人からをも支持を集め、形態模写、作詞作曲モノマネでおなじみのマキタスポーツ、ゲストには『スチュワーデス物語』で一躍、昭和のアイドル堀ちえみを迎え映画について自身の思い出を交え3人の楽しいトークが展開された。

9J9A7467-2のコピー
70歳のおばあさんが突然20歳に戻り、人気歌手になっていくという映画のストーリー。主演のシム・ウンギョンは子役時代から芸達者で知られる女優で、大人になって初めての作品でコミカルな演技からシリアスな演技まで幅の広い役柄をこなし、隠された歌唱力も披露しているとのことで、そのあたりのコメントにも注目が集まった。紺系のミニワンピースに白の靴という可愛らしいスタイルのシム・ウンギョンが登場すると、陶器のような素晴らしい透明感の肌をマキタスポーツが絶賛!以前から彼女の大ファンだという。

9J9A7135-2のコピー
シム・ウンギョンは、劇中で方言を色々話さなくてならず、その部分が難しくおばあさんの口調で演技することに集中したと話した。また、最初にオファーを受けた時に、見た目は20歳で実際は70歳という役をこなせるかどうか悩み、出演することを迷ったというエピソードも飛び出した。しかし、その後何度もシナリオを読んで、意味深い作品だと感じ出演を決めたそうだ。

9J9A7332-2のコピー
トークショー中盤には、堀ちえみがゲストとして登場。「笑いあり、涙ありでもっとコメディっぽいのかなと思っていたのですが親子のくだりが胸にぐっと来ました。」と映画の感想をコメント。30年前のアイドル時代を振り返って「あんなふうに楽しんで歌っていたのかな?」と映画の中の主人公と自分を重ねてみたようだ。その流れで堀ちえみの20歳の頃の写真が出てくると、あの頃は本当に忙しすぎて大変だったと懐かしんだ。

シム・ウンギョンは、今回、堀ちえみと一緒に登壇すると決まってから、インターネットで検索しアイドル時代の堀の人気の凄さがわかったそうで「今日はご一緒できて嬉しいです」と堀を称えた。映画の中でのOSTについては、最初は歌の部分は吹き替えも検討されたそうだが、シム・ウンギョン自身が歌ったほうが人々の琴線に触れるのではないかと思い「自ら歌わせて欲しい」と制作チームに申しでて、シム・ウンギョンが全部歌うことになったそうだ。

子役出身で子供から大人に変わる過程については質問されると、『サニー永遠の仲間たち』を撮り終えてからは、しばらくアメリカ留学をしてインターバルを置いての今回の出演を決めたとのこと。堀ちえみも「ずっと芸能界にいて大きな役を一度演じてしまうと、イメージが固定されてしまってとても難しいこともある」とコメントすると「その部分はとても共感できます」と深くうなずいていた。

シム・ウンギョンは現在、日本の年では19歳。5月31日には20歳になるということで、サプライズ!バースデーケーキが運びこまれ、マキタスポーツのリードで会場の皆で『ハッピーバースデー』を歌い、クラッカーが鳴ると思わぬプレゼントに「とても感動しています!ありがとうございます。」と感謝を伝えた。

9J9A7423-2のコピー
堀ちえみは「懐かしい感じのする映像と、シム・ウンギョンさんの美しい声が染み入るこの映画を、世界中のお母さんに観ていただきたいと思います。最後に出てくる字幕の言葉がとても胸を打たれました。」と映画の見所を語り、その後フォトセッションが行われトークショーが終了した。日本でも「あやかの」ブームがこの夏、巻き起こるではないだろうか。

いま最も注目される旬なキャストが勢ぞろい。絶大な人気を集めるアイドルグループBIA4の中心的存在ジニョンが本作でスクリーンデビュー。そしてドラマで活躍中のイ・ジヌクも本格的映画デビューを果たした。さらに、ドラマ「太陽を抱く月」で人気沸騰したキム・スヒョンがカメオ出演。「ハーモニー心をつなぐ歌」で日本中を涙で包んだ名優、ナ・ムニも強烈なインパクトを与えている。監督は「トガニ 幼き瞳の告発」で衝撃を巻き起こした社会派の、ファン・ドンヒョク。どこか懐かしい音楽を背景に、失われた青春の日々を振り返るような、誰もが笑って泣けるエンタテイメント作品となっている。

9J9A7500-2のコピー
<STORY>毒舌で頑固、でも大学教授の息子とバンド活動に夢中な孫(ジニョン)にはめっぽう甘い70歳のマルスンおばあさん(ナ・ムニ)。ある日、家族が自分を老人ホームへ入れようとしているのを聞いてしまう。ショックで家を出たマルスンは奇妙な光に導かれ、“青春写真館”にたどり着く。生きる元気を失くし、初めて綺麗に化粧をして遺影を撮って出てくると、窓に映った自分の顔を見て驚愕。そこに写っていたのはオードリー・ヘプバーンのように白い肌のハタチの姿だった!彼女は“オ・ドゥリ”(シム・ウンギョン)と名乗って“全盛期”を取り戻そうとするのだが・・・・・

9J9A7080-2のコピー
『怪しい彼女』

■7月11日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか 全国ロードショー

監督:ファン・ドンヒョク

キャスト

シム・ウンギョン(『王になった男』『サニー永遠の仲間たち』『赤と黒』『太陽の女』『春のワルツ』)

ナ・ムニ(『光州5・18』『ユア・マイサンシャイン』『蒼のピアニスト』など多数)

イ・ジヌク(『卑劣な街』『マルチュク青春通り』『エア・シティ』『恋愛時代』)【怪しい】三角関係ポストカード付き ムビチケカード ¥1,400絶賛発売中!

公式HPayakano-movie.com

フェイスブックfacebook.com/ayakano.movie.jp

ツイッター@ayakano_movie

 

 

関連記事


Page Up