Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

平均年齢19歳の5人組ボーイズグループ、NU’ESTが日本デビュー!

2014/8/26 04:32

8月22日(金)午後7時35分、JR舞浜駅に隣接するショッピングモール「IKSPIARI」2階のイベントスペース「セレブレーション・プラザ」に、NU’ESTがサプライズで登場しミニライブを披露した。

9J9A6951-2のコピー
サプライズにも関わらず、ライブスタート前から熱烈なファンがステージ前に集まり今か、今かとスタートを待っていた。5人が登場すると、黄色い歓声をあげメンバーを歓迎。

1曲目は12年3月の韓国デビュー曲『Face』で、椅子を使ったダンスとともに披露。ファンも一緒に歌いながら、間近でメンバーの歌とダンスに触れ感激しているようだった。

9J9A7359-2のコピー
歌い終わると、メンバーが一人ずつ自己紹介。

Aronは「皆さん、『IKSPIARI Surprise』へようこそ!」と挨拶。JRは「僕たちNU’ESTはニュー、エスタブリッシュ、スタイル、テンポ――音楽に合わせてあたらしいスタイルを作る、という意味です。Baekhoさん、Renさん、Minhyunさんと僕は、今年高校を(卒業)しました」と近況も報告。

Minhyunは「7月30日に『NU’EST BEST IN KOREA』で日本メジャーデビューしました」と喜びの報告。Baekhoは「さらに、僕たちのデビューアルバム『NU’EST BEST IN KOREA』 はタワレコ全店でチャート1位になりました! 本当にありがとうございます! 今日は短い時間ですが、楽しんでください‼」と、ファンに感謝を述べた。

「それでは、そろそろ次の曲いきましょうか。」とメンバーが促すと、ファンからは、「いやー!」「きゃー!」という歓声があがった。

Aronの「盛り上がっていきましょうか?」という声にファンが元気よく反応すると「OKです」と返し、2曲目がスタート。

9J9A7003-2のコピー
9J9A7167-2のコピー
9J9A7375-2のコピー
9J9A7276-2のコピー
9J9A7223-2のコピー
2曲目は韓国の1stミニアルバムから『Not Over You』。

Minhyunがセンターに入って始まり、Renは何度も手でハートマークを作りファンサービスをしていた。この日は夜になっても蒸し暑く、JRは汗ダラダラに。それでも懸命に踊る姿は男らしく、ファンは歓声をあげて応援していた。

3曲目は日本デビューアルバム「NU’EST BEST IN KOREA」にも収められている最新曲『Good Bye Bye』。

キックを入れたダンスが男らしくカッコイイ。Renのセクシーさが印象に残った。

歌い終わってRenが「この曲は愛する人を送る、成熟した男の姿を表現しています。どうでしたか? いいですか?」とファンに問いかけると、ファンは「最高‼」。メンバーとのコミュニケーションに興奮しているようだった。

Aronが「本当に楽しくて、まだまだ盛り上がってるけどあと残り2曲です」と伝えると、ファンからは「えー!」「えー!」の大ブーイング。泣き出すファンもいるほどだった。

そこで、Baekhoが「25日に『舞浜アンフィシアター』でライブがあります、皆さんの顔がみたいです。また会いましょう!」と告げると、ファンは「来る来る!!」と応えた。Baekhoは「(『舞浜アンフィシアター』の)ステージから皆さんの顔がみたいです。また会いましょう!」と返した。

ライブもいよいよ終盤。Renが「最後、盛り上がっていきましょうか?」と問いかけると、寂しくなったファンの反応は元気がない。Renは「声が小さい……。盛り上がっていきましょうか?」と畳みかけ会場を盛り上げた。

4曲目は「NU’EST BEST IN KOREA」から『Sandy』。

胸をキュンとさせるダンスとメロディー。RenとAronが抱き合うパフォーマンスは、思わず惚れそうになるほどキマっていた。また、Aronのピースがとてもかわいらしく、ファンの心をわし掴みにした。

いよいよラスト。Baekhoが「最後の曲ですよ!」「皆さん楽しんでますか? 本当に楽しんでますか? これが最後のステージです」と告げる。ファンの歓声のなか、「NU’EST BEST IN KOREA」収録の『Fine Girl』がスタートした。

ジャンプやキックを取り入れた格好良いダンス。Renの首を入れて前にでて来る動きは、女心にグッとくる。Aronのラップは男らしい魅力を最大限に表現していた。MinhyunとJRの寄り添うパフォーマンスもかわいらしく、Renの頭に手を添えて考えるそぶりはセクシーさとかわいさを兼ね備えていた。

9J9A7328-2のコピー
歌い終えると、「みんな大好き‼ ありがとう!!」とメンバー全員が感謝を述べ、最後にBaekhoが「ライブで会いましょう!」と挨拶し会場を後に。25分と短いながら、これからの5人の活躍を予感させるステージだった。

 

関連記事


Page Up