Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

逆輸入俳優・大谷亮平が韓国ドラマ「ああ、私の幽霊さま」DVDリリース記念イベントに初登壇!

2016/6/4 11:38

2016.06.03 取材・記事・写真/RanRan Entertainment

韓国ドラマ「ああ、私の幽霊さま」DVDリリース記念イベントが6月3日、都内で行われ、“第2のディーン・フジオカ”と呼び声高い逆輸入俳優の大谷亮平がゲストとしてイベントに登壇した。

9J9A8306-2a

“第2のディーン”と呼ばれることに大谷は「僕も韓国から(逆輸入)ということで境遇が似ているので、そういうふうに言ってもらえて光栄です」とニッコリ。逆輸入俳優について「すごく面白いケース。当人は大変だったと思うが、正直、興味深く、チャンスがあればお会いしてみたいです」と語った。また、この日は自身、日本初の単独イベント出演であり、多くの報道陣を前に「すごく楽しみでしたが、これだけの方を目の前にして、ちょっと緊張しますね」とはにかんだ笑顔を見せた。

9J9A8202-2a

作品の印象を「ラブコメのような軽いタッチのものよりも、シリアスなものを好むが、見ていたら止まらなくなる面白さ。早く帰って続きがみたくなります」と伝え、興味を持ったシーンについては、「主人公の3人に目が行くが、調理場の脇を固めるメンバーの息の合った演技がすばらしく、注目してほしいです」と語った。また、本作に警官役で出演しているイム・ジュファンは、俳優になる前のモデル時代を共にした仲間ということも明かした。

日本ドラマと韓国ドラマの撮影現場の違いについて、「まだ日本のドラマは経験が浅いのですが、韓国は1週間で2話放送されるドラマが多く毎日、朝までの撮影が続きます。特に冬、極寒の寒さの中でスケジュールをやっていくので本当に大変でした」と吐露。その辛さをどのように乗り越えたかの質問には「ドラマはチームワークが大事。寒くて過酷だからこそチームワークが生まれ、乗り越えられました」と明かした。

9J9A8251-2

今年4月から日本活動を本格的にスタートさせ、現在放送中の月9ドラマ『ラブソング』にレギュラー出演している大谷。「韓国では軽いリハーサルの後、すぐにぶっつけ本番となることも多かったので、日本ではリハーサルを本番と思って演技したが、リハーサルだったということがよくあり、(日本の現場は)ゆったりしているなと思った」とドラマ制作の違いを述べた。

作品に関連して「草食系女子と肉食系女子について」どちらがタイプかとの質問に「おとなしめな方が好き…なのですが、このドラマを観ているとやはり憑依しているソネ(キム・スルギ演じる)の方が観ていて安心感があり、そちらに惹きこまれます。が、やはりおとなしい感じがいいですね(笑)」。幽霊に会えるとしたらとの質問には祖父と祖母をあげ、「日本での活動を願ってくれていたが、日本に来る前に亡くなったから」と明かした。またMCから、本作のセクシー幽霊のソネの台詞「ハンボンマンへヨ(一度だけしましょう)」と言ってほしいとお願いされると、カメラ目線でリアルな韓国語を披露し、「韓国の冬は寒く、男といえど女性に温めてもらいたい」と母性本能をくすぐる発言も。

9J9A8215-2a

さらに、作品にちなみ、憑依できるとしたら誰にしたいかと聞かれると、現在出演している日本ドラマ『ラブソング』の福山雅治の名を挙げ、「最近、すごくかっこいいなと思うことがありまして。キャストの方たちと一緒にお酒を呑む機会があり、ギターの生演奏をしてくださったんです。リクエストする曲のコードを見て、僕が歌って福山さんが弾いてくれたんですけど、やっぱりかっこいいですね。1日だけでも福山さんに憑依してギター弾いてみたいなと思いました」とエピソードを語った。

9J9A8381-2a

今後の抱負を「韓国では完璧な韓国語を喋れないので、日本人の役が多く幅が狭かったんです。いろんな役をやりたいと思うこともあったし、主人公を演じている方たちを羨ましく思うこともありました。日本では母国語なので色々な役を出来ると思うので、ひとつでも多くの素敵な作品、色んな役にトライしながら頑張っていきたいと思います」。また、やってみたい役として「血の通った人間味のある温かい役をやりたいです」と熱く語った。

9J9A8357-2a

前代未聞の<全身全霊>ロマンティック・ラブコメディ「ああ、私の幽霊さま」は、ツンデレ・カリスマシェフに片想い中の内気な落ちこぼれヒロイン・ボンソンが、男好きでセクシーな幽霊に憑依されたことで大胆な女性に大変身。恋愛体質のおてんば幽霊スネが仕掛けた恋の行方は…?ミュージカル界のトップスターであり、『建築学概論』で映画デビュー、ドラマ「最高です!スンシンちゃん」で初主演を務めた今最も旬な実力派俳優、チョ・ジョンソクと、映画『過速スキャンダル』『私のオオカミ少年』でブレイクしたパク・ボヨンが最高にキュートで楽しいラブコメ・カップルを演じ、「恋愛の発見」の個性派女優、キム・スルギがセクシーな幽霊をまさに“全身全霊”でコミカルに演じる。桁外れの面白さと先の読めない展開で、初回から最終回までの全てのセピソードがケーブルテレビ&総合編成チャンネル合わせて同時間帯1位を達成した大ヒットドラマ。

「ああ、私の幽霊さま」DVD SET1 リリース中、DVD SET2  7月2日(土)リリース
各15,200+税 発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
© CJ E&M Corporation, all rights reserved.

<大谷亮平プロフィール>
1980年10月1日生まれ。大阪出身。身長180cm。
日本でモデル活動を始めたが、2003年韓国のダンキンドーナツのCM出演をきっかけに韓国でモデル・俳優として活動。俳優としてのデビューはシチュエーション・コメディ番組「ソウルメイト」。その後数々の映画やドラマに出演し、大ヒットとなった代表作は、映画「神弓―KAMIYUMI―」「バトル・オーシャン海上決戦」。殺陣、乗馬、その他アクション経験あり。韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞 受賞

関連記事


Page Up