Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花らが登壇!ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』制作発表記者会見で歌唱披露!

2016/9/6 01:15

2016.09.05 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

2017年1月より東京・大阪にて上演されるミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の制作発表記者会見が9月5日、東京・赤坂BLITZにて行われ、主要キャストの古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花(乃木坂46)、木下晴香、馬場徹、矢崎広、平間壮一、小野賢章、渡辺大輔、広瀬友祐、大貫勇輔、宮尾俊太郎(Kバレエカンパニー)、潤色・演出を手掛けた小池修一郎が登壇、舞台への意気込みを語った。

9J9A6048-2a

(後列) 広瀬友祐、渡辺大輔、馬場徹、矢崎広、平間壮一、小野賢章

(前列)宮尾俊太郎、木下晴香、大野拓朗、小池修一郎、古川雄大、生田絵梨花、大貫勇輔

9J9A6311-2a

本作品はシェイクスピアの不朽の名作『ロミオとジュリット』を、フランスのジェラール・プレスギュルヴィック氏がミュージカル化したもの。2001年にフランスでの初演が大成功を収め、その後、世界各国で500万人以上を動員した傑作ミュージカルである。
日本では2010年に、日本ミュージカル界を牽引する小池修一郎氏により宝塚歌劇団星組で初演し、計4回の上演が行われ注目を集めた。日本オリジナルとしては2011年と2013年に上演され、城田優や山崎育三郎、柿澤勇人、そして本作にも出演する古川雄大がロミオ役を演じている。
日本オリジナル版3度目の上演となる今作は、振付、美術、衣装もすべて一新し、キャストも新たに新演出版『ロミオ&ジュリエット』が誕生。潤色・演出の小池氏と振付のKAORIaliveによる新演出での再演ということでも注目を集めている。

9J9A6355-2a


新キャスト・新バージョンの『ロミオ&ジュリエット』4年ぶりの上演記者会見とあって、会見には、多くの報道陣のほか、チケット購入応募者の中から抽選で選ばれたミュージカルファンが集結、出演者らの登場を心待ちにしていた。オープニングはキャスト陣によるミュージカルの楽曲披露からスタート。躍動感あふれるナンバー「世界の王」(古川、大野、馬場、矢崎、平間、小野)をはじめ、ティボルト役の渡辺、広瀬が「本当の俺じゃない」をしっとりと聴かせ、ジュリエット役の生田、木下が透明感あふれる歌声で「バルコニー」を歌唱。それを受けた主演の古川、大野が「僕は怖い」を力強く歌うと、最後は1幕ラストにロミオとジュリエットが歌うラブソング「Aimer(エメ)」を古川、大野、生田、木下の美しいハーモニーでオーディエンスを酔わせた。
9J9A5708-2a9J9A5747-2a9J9A5724-2a9J9A5694-2a9J9A5817-2a9J9A5831-2a9J9A5833-2a9J9A5850-2a9J9A5867-2a9J9A5857-2a9J9A6031-2a9J9A6038-2a
愛か死か。失われた世界に燃え上がるひとすじの恋。新バージョン始動!
ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
オフィシャルサイト:http//romeo-juliette.com/
東京公演
2017年1月15日(日)~2月14日(火):赤坂ACTシアター[全35公演]
大阪公演
2017年2月25日(土)~3 .月5日(日):梅田芸術劇場メインホール[全15公演]
【ストーリー】
キャピュレット家とモンタギュー家が代々憎しみ合い、争いを続けてきたイタリアの街・ヴェローナ。
治まらない両家の争いに苦悩したヴェローナ大公は「今後、争いごとを起こした者を処する」と言い渡す。
大人たちの確執とは無縁の両家の子供達、ロミオとジュリエット。
ふたりはそれぞれ未来の大恋愛を夢見ている。
ある日、キャピュレット家ではひとり娘のジュリエットに、大富豪パリス伯爵を求婚者として紹介しようと舞踏会を開催。そこへ、モンタギュー家のひとり息子ロミオが友人のベンヴォーリオ、マーキューシオと共に忍び込む。その舞踏会で、ロミオ&ジュリエットは運命的な出会いをはたし、一目惚れの恋に落ちた。
舞踏会にモンタギュー家の侵入者がいることに気付いたティボルト(ジュリエットの従兄弟)。
ティボルトの介入で、お互いが敵対する家の者だと知り、ショックを受ける。
しかし気持ちをおさえきれないふたりは、密かにジュリエットの部屋のバルコニーで永遠の愛を誓い合う。
ふたりの強い気持ちに心打たれたロレンス神父は、この結婚が憎みあう両家の和解に繋がるかもしれないと考え、密かにふたりの結婚式を執り行う。
そんな矢先、両家の若者の間でいさかいが勃発。
ロミオは仲裁に入るが、親友のマーキューシオがティボルトに刺され、親友の死を目の当たりにしたロミオは逆上し、ティボルトを殺してしまう。真昼の街中で起きた惨劇は、瞬く間に人々に知れ渡り、ロミオはヴェローナから永久追放されるがジュリエットの乳母の計らいで、夜が明けるまでのつかの間の時間、結婚初夜を過ごすことができる。
ひばりが鳴くころジュリエットに別れを告げ、ロミオはヴェローナを後にマントヴァへ向かう。
ふたりの結婚の事実を知ったキャピュレット卿は、ジュリエットとパリス伯爵をすぐに結婚させてしまおうと企てる。
その事を知ったジュリエットは、ロレンス神父に救いを求めに行く。
打ちひしがれるジュリエットをみかねたロレンス神父は、仮死状態になる薬をジュリエットに渡し、眠りから覚める前にロミオを霊廟に向かわせるという策略を企てる。しかし、ロレンス神父からの計画の知らせはロミオの元には届かなかった…。
親友のベンヴォーリオから、ジュリエットの死を聞かされたロミオは、ジュリエットの居るヴェローナへと急ぐ。
愛する人の横たわる姿を目の前に苦悩するロミオ。
ロミオはジュリエットに最後の愛の言葉を告げ、死の世界での再会を約束し、毒薬を飲んで自ら命を絶つ。仮死状態から目覚めたジュリエット。隣には、冷たくなったロミオが横たわる。 息絶えたロミオを目撃したジュリエットもまた、彼なしでは生きていけないと自らの命を絶つ。冷たくなったふたりを前に事の結末を信じられない、ロレンス神父。
両家の対立が招いた悲劇。
罪びととなってしまった両家の人々。
死の世界で結ばれたふたりを前に、争いの「醜さ・むなしさ」を知る。
両家の人々は永い争いに終止符を打ち、手と手を取り合う。
ふたりの真実の愛は、固く閉ざされていた両家の人々の心を動かしたのだ…。
【スタッフ】
原作:ウィリアム・シェイクスピア
作:ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出:小池修一郎(宝塚歌劇団)
振付:KAORIalive小㞍健太
【キャスト】
ロミオ:古川雄大/大野拓朗(Wキャスト)
ジュリエット:生田絵梨花(乃木坂46)/木下晴香(Wキャスト)
ベンヴォーリオ:馬場徹/矢崎広(Wキャスト)
マーキューシオ:平間壮一/小野賢章(Wキャスト)
ティボルト:渡辺大輔/広瀬友祐(Wキャスト)
死:大貫勇輔/宮尾俊太郎(Kバレエカンパニー)(Wキャスト)
キャピュレット夫人:香寿たつき
乳母:シルビア・グラブ
ロレンス神父:坂元健児
モンタギュー卿:安部裕
モンタギュー夫人:秋園美緒
パリス:川久保拓司
ヴェローナ大公:岸祐二
キャピュレット卿:岡幸二郎
R&Jダンサー(他)

 

関連記事


Page Up