Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

関ジャニ∞の安田章大が主演を務める舞台『俺節』の製作発表会が行われた!

2017/3/9 09:42

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

38日、舞台『俺節』の製作発表が行われ、主演を務める関ジャニ∞の安田章大をはじめとして、シャーロット・ケイト・フォックス、福士誠治、六角精児、高田聖子、桑原裕子、中村まこと、西岡徳馬、等個性派ぞろいの出演者陣と脚本・演出を務める福原充則が登壇した。

9J9A5667-2a

中村まこと 高田聖子 六角精児 桑原裕子
福原充則 福士誠治 シャーロット・ケイト・フォックス 西岡徳馬 

「ビッグコミックスピリッツ」にて1991年から1993年にかけて連載され、汗と涙の青春群像劇が人気を博した本作。主演の海鹿(あしか)耕治役を務めるのは、今回演出の福原等スタッフとカラオケに行って歌った際に「感動した。コージにぴったり」とお墨付きをもらった関ジャニの安田章大。そのほか、不法滞在中のストリッパー・テレサ役にシャーロット・ケイト・フォックス、コージの歌にメロディーをつける役割を担うギター弾き南風原太郎役に福士誠治など色濃い役者が集う。本日はこれから始まる稽古、そして本番に向けた意気込みを語った。

9J9A5598-2a

安田:今回は演歌を歌う役とのことで、関ジャニのデビュー曲が演歌であったり、昔から父親が演歌を好きだったりと馴染みはありました。演歌は歌い上げるというよりも、人生のストーリーに沿った魂の声でそこにメロディーが付随する印象なので、共鳴して体が震えるほどしっかり届けられたらと思います。

シャーロット:皆さんと一緒に新しく、美しい世界を作りたいです。日本語の台詞も頑張りますのでよろしくお願いします。

9J9A5588-2a

福士:僕はロックバンドとしてギターを触ってはいたのですが、演歌はあまり知らない弾き方なので練習したいなと。終演後に安田くんの楽屋に謝りに行くことが少なくなるよう頑張ります()

9J9A5497-2a

六角:脚本を読んで、喜怒哀楽が豪速球で飛んできて泥臭く愛おしい作品になると感じました。中にも光る言葉がたくさん出てきますので、それを成立させるために色々やらなければいけないなと。

9J9A5511-2a

高田:私は昭和の女ですので、歌謡曲や演歌は大好きです。メロディーだけでなく生き様を見せる歌詞が心にささるところが魅力的で。今回はストリッパーとのことでどこまで脱げと言われるのか心配ですが、できる限り答えたいです()

9J9A5542-2a

桑原:私は福原さんと同世代で俺節も読んでました。コージがとにかくタイプで、切り取って持ち歩いたりもしてたくらい。今回の役はコージの熱さを見守る母のような気持ちで演じたいです。

9J9A5618-2a

中村:僕は昔漫画家を目指してまして、そのときにこの作品を読んで、なんだこの絵の上手さはと衝撃を受けました。時代に抗う姿勢が前面にでているので、今の時代にパンチを入れるような舞台にできたらと思います。

9J9A5572-2a

西岡:近年は年齢に逆行していろんな役が来ます。今回は原作ではパンチパーマなんですよね。・・・考えておきます()シャーロット以外は面識ある方々なのでやりやすいですし、面白くなるんじゃないかと思っております。

9J9A5423-2a

福原監督が安田をコージ役に起用した理由に関しては、「僕は安田くんをすごい勝手にいい奴だなと思っていて、完全な片想いです。優しさの中に影があって、なんとなく優しいんじゃなくて色んな痛みを知ったから優しいんじゃないかと思いまして。原作のコージは10年後もしかしたら安田くんみたくなってるんじゃないかと思いました。」と原作通りの配役と大絶賛した。それに対して安田は、「関ジャニ自体、スタートはあまりにも・・・良いものではなかったですがその中であがきもがきながらにしかできないものは何だろうと探して来て、それはストーリーと重なりますし、今の時代に提示したいものでもあります。福原さんにもそう思ってもらえて嬉しいです。片想いじゃなく、両想いです!」と力強く返答した。

9J9A5631-2a

舞台『俺節』
原作:土田世紀
脚本・演出:福原充則


出演:安田章大 シャーロット・ケイト・フォックス 福士誠治  六角精児 高田聖子 桑原裕子 中村まこと 西岡徳馬ほか

【東京公演】
528日〜618  TBS赤坂ACTシアター

【大阪公演】
624日〜30   オリックス劇場

 

 

 

関連記事


Page Up