Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メンバー&ファンへの愛が溢れ出る ジャニーズWEST「炎の転校生」ワールドプレミア<前編>

2017/11/9 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment 
写真/オフィシャル

大人気アイドルグループ・ジャニーズWESTが主演するNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』のワールドプレミアが11月7日、都内で行われ、重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望のフルメンバーとヒロイン役の川島海荷が顔を揃えた。

1107_炎の転校生_シルエット画像1a

「彼らが出てきたら失神しちゃうんじゃないの?」思わずそんな心配の声が取材陣の中でささやかれるほど、第一話鑑賞後の会場はすでに沸騰。突然舞台が白い幕で覆われ、彼らのシルエットが浮かび上がると興奮はMAXに。会場がビリビリと震えるほどの大歓声の中、劇中衣装を身に着けたメンバーがそれぞれのポーズで決めて登場すると、歓声で何も聞こえないほど会場はヒートアップ。桐山も開口一番「こんなにキャーキャー言われることないですからね」と驚くほどの熱狂ぶりだ。

『炎の転校生 REBORN』は島本和彦氏原作の漫画『炎の転校生』を現代版としてよみがえらせて実写化したドラマで、メンバー全員が高校生役。癖の強いキャラのメンバーたちが様々な学校の問題を奇想天外な方法で解決していくストーリー。つまり全員が高校生で学生服のはずなのだが、トップバッターの重岡は「ぶっ飛んだドラマで、みんな癖が強い衣装を着てる中、僕一人普通じゃないですか。逆に俺が間違ってるのかなって思ってたんですけど、今日(会場には)学生服の方が多くて、俺の恰好間違ってなかったよなと思いました」と会場を沸かした。

対する2番手・桐山は「さっき重(シゲ)ちゃんが学生服、学生服って言ってましたけど、俺のは絶対学生服じゃないんで。襟元だけ学生服っぽくなってますけど」と自身の若武者風衣装をいじると、「えっ、本当?」とメンバーたち。

「ほんまや。地味にカッターシャツ着てる」と重岡が桐山のジャケットの襟をめくった途端、会場は再び「キャー」の大合唱。一方で中間は「30にもなってまだ短パン履くとは、思っていませんでした。この時期膝が白くなるんで」と恥ずかしそうに膝を隠すと会場は大爆笑。

4番手の神山は「極めてキュート、そしてプリティーなボーイ」と噛みながら話し、すかさずメンバーから「(話すことを)まとめてこい」と突っ込みが入る。金髪ロンゲに真っ白な学生服に身を包んだ藤井は「假屋崎省吾役の…」とボケ、「ちゃうちゃうちゃう」「そんな感じで役作りしてたの?」とメンバーから総突っ込みを受け「藤井駆(カケル)役の假屋崎省吾です」とさらなるボケで会場を沸かした。

イケメンとして定評のある藤井だが、半年ぶりの役衣装に違和感があるらしく「淳太に『ブスじゃない?』って聞いたら『いや、全然ブスじゃないよ』。『じゃあ、カッコイイ?』って聞いたら『いや、カッコ良くはない』」というやりとりをしたというエピソードを披露。初っぱなからジャニスト節が全開で、ファンは大喜びとなった。

ボクサー風の学生服に身を包んだ濵田は、「楽屋に(一話鑑賞中の)皆さんの声流れてました」と観客の反応をメンバー全員が楽屋で見ていたことを暴露。「股間をぶつけた瞬間『キャー』って、あれはどういう『キャー』なの?」と濵田が問いかけ、桐山が「自分らマジまんじ」とファンに詰め寄ると再び会場は大絶叫の嵐となった。最後は小瀧「メイク時間に一番時間がかかった小瀧です」と自前の髪で作られた気合の入ったリーゼントを披露した。

メンバーの仲の良さがファンにとってたまらない魅力の一つとなっているジャニーズWEST。

「オファーを受けたとき、WEST7人で一つの作品に出られるっていうのを、メンバー全員で喜びましたし、『これはもう力を入れないと!』ってことで、撮影前には台本広げてみんなでセリフ合わせ何回も何回もしました」と桐山。そして今回のドラマはNetflixで公開されるということで、舞台上にソファーが登場。舞台がジャニーズWESTの家のリビングや楽屋に早変わり。ドラマの見どころを観ながらメンバーの同士のわちゃわちゃとしたトークが弾む。舞台下手の3人掛けのソファーにはクッションを抱きしめた神山を中心に中間と藤井が座りこちらは完全にリラックスモード。舞台上手には、重岡&小瀧、濵田&桐山がそれぞれ座り、こちらは身を乗りだして映像を見つめ、隙あらば「突っ込みを入れよう」と臨戦態勢だ。

映像が始まると「一緒に観るとドキドキするな」「なんなの?あのリアクション」「後ろの文字とか面白いよね」「重(シゲ)っていっつもなんとも言えん顔するよね」「独特やね」「これCG凄いよね」「顔!顔!」「顔芸やからね」など映像を見ながらメンバーの楽しいトークは途切れない。メンバーの仲の良さや、楽屋トークを垣間見たようでファンにとってはメンバーにより親密感の感じる堪らないイベントだ。

後編に続く~

公式HP http://www.tenkousei-netflix.jp/

島本先生イラスト「炎の転校生REVOLUTION」※マルシー:(C)島本和彦/小学館 ゲッサンa

 

 

関連記事


Page Up