Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴニル、1stソロ写真集『Egoist』発売記念イベント「自分の世界観をみなさんとシェアしたかった」

2018/8/27 10:39

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

韓国男性グループSUPERNOVA(超新星から改名)のゴニルが、824日発売の1stソロ写真集『Egoist』発売記念イベントを大阪・名古屋・東京と3日間にわたり開催、イベント最終日の26日には東京・全労済ホールで囲み取材に応じた。

9J9A6526-2s

幼少時代を過ごしたヨーロッパ・ドイツ(ベルリン・フランクフルト)で撮影された初のソロ写真集について「自分の考え方や人生を振り返った時に、生まれたところにもう一回、戻りたい気持ちがあり、自分の世界観をファンのみなさんとシェアしたかった」と、作品に対する思い入れを語ったゴニル。

お気に入りの写真として、芝生の上で仰向けに寝転んでいる写真をあげ、「ヨーロッパの3月末は寒くて大変なこともありましたが、事前にロケの場所を決めずに行きたい場所の流れで撮影しました。ベルリンで一番大きな植物園には、400年の樹齢の木など人の手が入っていないところがあるんです。そんな場所では、僕も自然の一部になった気がして、雪が降っていましたが全裸で撮りました。不思議なことにはずかしさはなく、一番リラックスできた撮影でした。その写真は載せていませんが、僕とカメラマン2人で個人のアートとして持っています」と振り返った。

9J9A6608-2s

撮影地となったベルリンでのエピソードについては、「ベルリン芸術大学の大学院に行ったとき、ここに留学したいと思ったので、今年の12月に願書を出そうと考えています。もし合格したら、将来的には芸能活動を休憩してベルリンで勉強してみたいと思っていますが、いつ行くかは決めていません。40歳、50歳になってもいつかはベルリンで勉強したいです」と展望を語った。

今回の撮影地をベルリンに決めた理由を「ベルリンは戦争後から、昔のアートと新しいアートが上手く融合している場所。いろいろなインスピレーションをもらえるから」と話し、「最近は油絵を描いていて、人物や風景画ではなく頭の中で想像したものを描きます。いろいろな材料を混ぜてオリジナリティのあるものを作ることが好きなんです。将来は絵も含めて、ファインアートにも挑戦してみたい。個展などもできれば嬉しいですね」と構想をふくらませた。

他のメンバーの感想を聞かれると「他のメンバーは『ゴニルらしい写真集だね』と言ってくれて、すごく嬉しかったです。とくにユナクさんが『羨ましいね』と言っていました(笑)。また、上半身を脱いでいる写真を見て『ゴニル、これ大丈夫?』と心配してくれて。やっぱり、リーダーなのでそういう部分を気にしてくれますね」と笑って見せた。

9J9A6562-2s

2年間の軍服務を終え、ますますゴニルらしさに磨きをかけ戻ってきた。
そんなゴニルが撮影地に選んだのは、幼少時代を過ごしたヨーロッパ。
自分の中の影の一部が形成されたというその場所で、自分探しの旅に出る。
ゴニルからあふれ出した、率直でよどみない心境を綴った言葉が添えられている。
写真集撮影に密着したメイキングDVD封入。


ゴニル1stソロ写真集『Egoist
発売日: 2018824()  定価: 4,200(税込)
判型: B5判 ソフトカバー96PDVD付  発行元: FUJIX LIVE CREATE


 

 

 

関連記事


Page Up