演劇「ハイキュー!!」開幕 醍醐虎汰朗「この熱量を会場全体を通して、必ず心にお届けします」

2020/10/31 08:03

取材・写真/RanRanEntertainment

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”フォトセッション&公開ゲネプロが10月30日(金)に行われ、醍醐虎汰朗、赤名竜之輔、永田崇人、近藤頌利が登壇した。

 

IMG_7123s

左から:赤名竜之輔、醍醐虎汰朗、永田崇人、近藤頌利

 

本作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて20207月まで連載していた古舘春一による大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した作品。最新作となる今回の公演は、春高3日目・3回戦、烏野高校vs音駒高校が描かれる。因縁があり、永遠の宿敵(ライバル)である両校のギリギリの状態での戦いと勝敗に待つものは何か。原作のベストゲーム人気投票で1位にも選ばれたゴミ捨て場の決戦がついに上演される。

 

IMG_7513s

開幕にあたり、日向翔陽役の醍醐は「音駒高校の方々と今回初めて共演しましたが、稽古の段階で空気感や熱量を芝居上でビリビリと伝えてくれるので、それに刺激されて相乗効果になり素敵なシーンがたくさん生まれたと思います。音駒高校のメンバーとご一緒できて本当に良かったなと思います」とコメント。そして、「この時期だからこそ、この熱量を会場全体を通して、必ず心にお届けします。楽しみにしていてください!!」とアピールした。

また、影山飛雄役の赤名は、「演劇『ハイキュー!!』は、作品自体の熱さもそうですが、熱量と躍動感、キャストの熱さも感じられることが魅力です」と語り、「音駒の皆さんに今の烏野とゴミ捨て場の決戦が出来て良かったと言ってもらえると嬉しいです」と意気込んだ。

 

IMG_7215sIMG_7177s

一方、音駒高校の弧爪研磨役の永田は「今回の演劇『ハイキュー!!』は、僕にとって集大成ということもあり、日々稽古をしながら、たくさんの想いが込み上げてきます。今まで積み上げてきたもの、そして新しいものを融合させて、最高の作品をお届け出来たらと思います」と想いを寄せた。

そして、黒尾鉄朗役の近藤は「初心を忘れずに、精一杯声を出し、走り回って汗をかきたいと思います。集大成の勝負、最後のご褒美タイムを楽しみたいと思います。楽しんでもらえる作品になっています。応援よろしくお願いします!」と呼びかけた。

 

IMG_7517sIMG_7394s

公演は以下の日程で上演。
東京:1031日(土)〜113日(火・祝) TOKYO DOME CITY HAL
大阪:117日(土)〜15日(日) 大阪メルパルクホール
宮城:1121日(土)〜22日(日) 多賀城市民会館 大ホール(多賀城市文化センター内)
福岡:1128日(土)〜29日(日) 北九州ソレイユホール
東京凱旋:124日(金)〜13日(日) TOKYO DOME CITY HALL


 

関連記事


Page Up