【前編】廣瀬智紀・北原里英インタビュー!映画『HERO~2020~』「斎藤工さんのパワーを感じました」

2020/6/19 18:16

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

HERO2020~』は、芸人活動、放送作家・コント作家を経て、劇作家・演出家として活躍する、本作監督の西条みつとしが主宰する、劇団TAIYO MAGIC FILM の旗揚げ公演『HERO』(2019年再演タイトル『HERO2019 夏~』)の映画化作品。2020619日(金)から全国順次公開予定。20197月の舞台『HERO2019 夏~』出演者が映画作品にも出演し、斎藤工、松尾諭も加わり、舞台では描き切れなかった世界を映像化している。主人公・広樹役の廣瀬智紀とヒロイン浅美役の北原里英に、作品への思いを語ってもらった。

031s

――廣瀬さん、北原さんは20197月の舞台『HERO2019夏~』にご出演され、引き続いての映画でしたが、いかがでしたか?

廣瀬:普段だったら舞台が終わったら寂しいなと思うのですが、舞台の初日に、観てくださったファンの方たちと一緒に「映画化決まりました!」という発表で嬉しさを共有でき有難い経験をさせていただきました。映画に出演できるという純粋に嬉しい気持ちもありましたし、舞台でやったものを映像にし、さらに舞台で描けなかったことを見ていただけることも楽しみでした。僕が演じた広樹という役は、繊細なところも多く、舞台で出せなかったそういった繊細な部分を、カット割りだったり、アップで抜いていただくことで、作れたらいいなと思いました。映像で見てもらえたら、俯瞰で見る舞台とは見え方が違うのではないかと楽しみにしています。

北原:舞台の本番の期間が短く(5日間)、やはりそれで終わってしまうのは寂しいなという想いもあったので、まだみんなとお芝居できる嬉しさを感じました。

086s

065s

――映画化は、舞台でサプライズの発表だったのですか?

北原:そうです。レッド役の加藤君が踊れるのですが、その加藤君が踊りながら発表してくれて、すごいサプライズだらけのステージでした。

廣瀬:お客さんと喜びを共有できた瞬間でした。

――舞台出演者との再共演、いかがでしたか?

北原:去年の夏に撮影して、今年の初めにみんなで作品を見たのですが、既に懐かしさを感じましたし、映画の撮影期間中のことだけでなく、舞台中のこともいろいろと思い出しました。

045s

041s

――夏の撮影ということは、舞台と映画撮影はそんなに間がなかったということですね?

北原:はい

廣瀬:そうだね

北原:舞台で描き切れなかった過去のシーンが加わっていたり、ヒーローもちょっと変わった登場の仕方をしたりとか、舞台を観た方にもまた新たな発見がたくさんある映画になっています。

廣瀬:舞台に向けて、1か月半ぐらい稽古し演じた役だったので、それを映像に持ち込むというベースが出来上がっている状態でしたし、基本的にお芝居に絡むメンバーも一緒だったので、そこでの安心感はありました。なので、すごくいい環境で、すごく役者同士も仲良くてという強味がありました。

035s

――お二人は舞台の時が初共演でいらっしゃいましたか?

北原:一度ショートドラマで共演をしたことがありました。

廣瀬:撮影期間が一日ぐらいでしたね。

028s

――お互いにどのような印象を持っていらしたのでしょうか?

北原:そのドラマ撮影は結構前で…。4年ぐらい前かな?その頃から良い意味で印象は何も変わっていなくて…。そうそう、舞台に入る前に一度取材で会ったんですよ。

廣瀬:あぁ、ビジュアル撮影。

北原:そう!撮影で会った時に、本当に何も変わっていなくて、なんだかすごく嬉しかったんです。

廣瀬:ははは()

北原:変わってないなぁって。すごく素敵な印象だったので、その印象が全く崩れず。

廣瀬:へぇ嬉しい。

北原:いちおう前回も、恋愛が絡んでくる関係性だったので下地ができていて、やる前から安心感はありました。

廣瀬:北原さんと4年前にご一緒させていただいた時は一日限りでドタバタに終わってしまったところもあったのですが、ただその時もいい関係性でやらせていただき、すごくいい印象しかなかったです。それから先いろいろご活躍されているところを観ていて、舞台にも精力的に()

北原:()そうですね。(AKB48グループ)卒業してからちょこちょこ。

廣瀬:意欲的に舞台とかもやられていたりしていて、「激しそうな舞台やっているんだぁ」とか、見ていました。なので、また久し振りにお会いするという感覚がなくて、見ていた方だなという感じでした。

廣瀬:フランクに、すごく僕の話をうん、うんと聞いてくださるので、僕は話がとっちらかってどっかに行ってしまう方なのですが、そういったところも包み込んで聞いてくれるすごく誠実な方なんです。だから僕はすごく安心してこの作品に臨ませていただきました。

017s

後編に続く~

【ストーリー】
2年間限定の約束で始まった広樹と浅美の恋。広樹には、こんな約束を言い出さなければならない“秘密”の理由があった。そして2年後、運命の日。怪我で入院中の広樹を見舞った浅美は、彼の別れの決意が変わらないことを知って沈み込む。そんな時、ふたりの幸せを願う広樹の妹・真菜の行動が、入院患者から“死神”まで巻き込んで、とんでもない大騒動に! 果たして広樹の“秘密”とは?

あs

映画『HERO~2020~』
6月19日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開予定
【原作】TAIYO MAGIC FILM 第1回公演「HERO」
【監督・脚本】西条みつとし
【音楽】浅梨なおこ(avenir LLC)
【キャスト】
廣瀬智紀、北原里英
小松準弥、前島亜美、小早川俊輔、小築舞衣、中村涼子、米千晴、小槙まこ、加藤玲大、後藤拓斗、双松桃子、飛鳥凛、伊藤裕一、根本正勝、今立進
松尾諭、斎藤工
【配給】
ベストブレーン
公式HP:www.mmj-pro.co.jp/hero2020/
Twitter:@HERO2019summers
© 「HERO」~2020~製作委員会 日本語/カラー/100分


 

 

関連記事


Page Up