【後編】宮下かな子インタビュー! 映画『ブレイブ―群青戦記―』で挑んだ初アクション「とにかく全力で頑張りました」

2021/3/8 17:15

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

0111s


――本広監督は、宮下さんがオーディションを勝ち抜いてキャストに選ばれた舞台『転校生』で演出を手がけていました。再び一緒に作品作りを行い、監督に対してどんな思いがありますか?


本広監督は、私の恩人だと思っています。どんどん成長していく姿を見せられたらと、一番に思う監督です。『転校生』の頃からずっと「女優として、瞬発力をもっと磨け」と言われているので、そうなれるよう頑張ります。

――本広監督の作品の魅力はどこにあると思いますか?

役者さんがイキイキしているところです。本広監督は、基本的に自由に演技をさせてくださいます。なので、今回の撮影でも、役者の皆さんが「ここはこうしたらどうですか?」という提案をしていて、本広監督はそれを肯定して取り入れてくださっていました。そういった姿勢でいらっしゃるので、役者さんたちもイキイキしてくるのだと思います。

――ところで、本作では薙刀部の部長を演じていますが、宮下さんご自身は学生時代は何部でしたか?

チアダンス部でした。小さいときからクラシックバレエを習っていて踊ることが大好きだったのですが、中学受験で辞めてしまったんです。高校に入って、またダンスをやりたいと思ったときに、チアダンス部がキラキラして見えたので入部しました。

0121s


――宮下さんご自身のことについても聞かせてください。女優を目指したのはきっかけは?


私は、小さいときから夢がコロコロ変わっていたんです。上戸彩さんのドラマを見てCAになりたいと思ったり、保健室の先生が出てくるドラマを見れば保健室の先生になりたいと思ったり…。でも、あるときに、私はドラマに影響を受けてこんなにも夢が変わっているんだということに気づいて、だったら、そんなドラマを作っている女優さんになろうと思ったのがきっかけでした。ただ、私の住んでいた福島では、なかなか女優への道を踏み出すきっかけがなかったので、上京してから本格的に目指すようになりました。

――女優のお仕事をするようになって、演じることの魅力はどこに感じていますか?

人生はひとつしかないのに、(演じることで)たくさんの人の人生を歩めるというのが魅力のひとつだと思います。それから、私がドラマを観て「あんな職業に就きたい」と夢を持ったように、その作品を観た人の人生が変わったら素敵だと思うので、それを目標に頑張ってます。

――目指す女優像は?

言葉にできないことまで表現できる女優さんになりたいなと思っています。今、映画のコラムのお仕事もしているのですが、文章を書くことを前提に映画を観るようになったら、文字に起こせない女優さんの魅力的な表情が映っていると、すごく記憶に残ることに気づきました。そういう瞬間を切り取ってもらえる女優さんになりたいと思います。

0107s


――映画がお好きなんですね?


そうですね。映画館にも通っていますし、サブスクでも見ています。家族をテーマにしていたり、暖かい気持ちになれる作品が好きです。

――宮下さんの好きな映画ベスト1は?

えー! 迷います…。でも、年を重ねても観続けたいと思っている作品は、小津安二郎監督の「東京物語」です。上京をする前と後で、観たときに感じたものが全く違ったんです。きっと、これから結婚したり、子どもが生まれたり、孫ができたり…と人生を積み重ねていくたびに、見方が変わるんじゃないかなと思う作品なので、観続けていきたいと思います。

――お休みの日は、どんなことをして過ごしていますか?

iPadで絵を描いていることが多いですね。先ほど言った映画のコラムでも自分で描いたイラストを一緒に載せているのですが、元々、絵を描くのが好きなんです。以前は、色鉛筆や水彩で描いたり、布や刺繍糸を使って装飾を施して見たりといろいろな方法で描いていたんですが、最近はデジタルで描いていて、インスタにもイラストを載せています。今後、絵のお仕事もできたらうれしいですね。

――改めて作品の見どころを教えてください。

高校生が武士と戦うという新鮮なストーリー展開の中で、それぞれが奮闘して、一生懸命、誰かのために戦っています。胸が熱くなる映画に仕上がっていると思います。私は、今回、始めてアクションに挑戦しました。ぜひ、私がアクションを頑張る姿もご覧いただけたらと思います。

0106s

前編~https://ranran-entame.com/movie/73625.html

映画『ブレイブ -群青戦記-』が3月12日(金)から公開!

 

image1s

プレゼント
ランランエンタメではサイン入りチェキをプレゼントいたします!
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする
(2)【前編、後編】の両方の記事を、ツイート後にダイレクトメッセージで申し込む
(3)
①宮下かな子さんチェキ希望
②お名前
③ご住所
④ご年代
⑤ご意見ご希望
を書き頂きご応募下さい。
<応募締切>
2021年4 月 19日(月)23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。当選発表には少しお時間を頂戴いたします。ご了承ください。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

関連記事


Page Up