Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

CROSS GENE、「TIMELESS-BEGINS-」ショーケース開催!

2012/8/11 10:20

日・中・韓3カ国6人ダンスボーカルユニットCROSS GENEが、8月2日、東京・Shibuya O-EASTにて、6月に韓国でリリーしたデビューアルバム「TIMELESS-BEGINS-」の日本盤発売を記念してイベントを開催、日本初上陸した。

 
CROSS GENEは、アジアを超え世界に向けたグローバルプロジェクトとして、メンバーそれぞれに“GENE/遺伝子”を象徴したキャッチフレーズを持つ韓国人SHIN(シン)、SANGMIN(サンミン)、YONGSEOK(ヨンソク)と、中国人のCASPER(キャスパー)、J.G(ジェイジー)、日本人のTAKUYA(タクヤ)で結成され、3カ国の文化を融合させたスタイルで活動していく。


会場満員で埋め尽くされたファンの大歓声に迎えられCROSS GENEが登場!『La-Di La-Di』でライブがスタートし、ファンの掛け声とともにヒートアップ。『For This Love』では迫力あるアクロバットダンス・パフォーマンスを披露。続けてバラード曲『MyLady』をしっとりと聞かせ、会場は溢れんばかりの熱気で包まれた。

リーダーのTAKUYAは、「こうやって日本で初めてイベントすることになって、本当に嬉しく思います。『La-Di La-Di』の掛け声をみんな覚えていてくれて、本当にびっくりしました。」と挨拶し、感激を隠せない様子。

トークコーナーでは、ファンから寄せられた質問に答え、それぞれのキャラクターを披露し、会場を沸かせた。

 
Q:好きな日本語は何ですか?

TAKUYA:笑顔です。やっぱり笑顔が一番ですよ。

SHIN:仲間。

YONG SEOK:愛してる

SANG MIN:すごい!

CASPER:可愛いですね~。

J.G:ありがとうございます。

※SANG MINに「“すごい”っていつ使うかわかりますか?」と問われると、「ダンスが上手?」「ファンの愛がすごい!」と答え、大きな拍手が沸いた。

Q:自分を動物に例えたら?

TAKUYA:犬。

SHIN:鷹。飛びたい!

YOHG SEOK:猫。

SANG MIN:チーター(会場から「オ~」と声が上がる)

CASPER:ゴリラ(ゴリラの物マネを披露(笑))

J.G:猿かな?幼いころのキャラがそっくりでした(笑)。

Q:得意料理はありますか?

TAKUYA:オムライス。以前はメンバーとよく一緒に料理をしていました。

SHIN:スクランブルエッグ。僕が心をこめて作ります。

YONG SEOK:キムチサムギョプサルポックンパ(豚キムチチャーハン)

※TAKUYAとSHINから「一番上手いです。」と絶賛される。

SANG MIN:インスタントラーメン。水の量が一番大事です(笑)。

CASPER:みなさんが食べたい料理なら何でも作りますよ。

J.G:僕は食べるだけです(笑)。


最後に、TAKUYAが「『Sky High』を日本語バージョンで歌います。世界初披露です。皆さんが初めてです!」と紹介し、かっこよくもキュートなダンスを披露しファンを魅了。そして、「僕たち、12月に日本デビューが決まりました!」と発表すると、会場からこの日一番の歓声があがり、大興奮となった。「このことを日本の皆さんに早く伝えたくて・・・、やっとお伝えすることができて本当に嬉しいです。これからも頑張っていきますので、CROSS GENEの応援よろしくお願いします。」と語ると、温かい大きな拍手が送られた。

また、CROSS GENEの振り付けを担当し、世界でも注目される日本人トップダンサーの“KENTO MORI”も会場に駆けつけ、ファンと一緒にお祝いし大きく手を振っていた。

ライブが終了すると、メンバー全員がハイタッチでお見送りというサプライズが。ファンの興奮はMAXのまま、感動のイベントが終演となった。


イベントの後、マスコミにむけて囲み取材が行われ、「初めて日本でライブができて、たくさんの方が集まってくれて、僕もメンバーも本当に嬉しいです。ファンの皆さんの反応に感動しました。」とTAKUYAがコメント。


日本のファンの感想を聞かれ、YONG SEOKは「ファンの皆さんが韓国語で応援してくれて、本当に驚きました。嬉しくて飛んでいきそうな気持ちになりました。」、CASPERは「日本の皆さんが応援に駆けつけてくれたことに感謝しています。これから一生懸命頑張って最高のパフォーマンスを届けたいです。僕はライブを、そして皆さんを愛しています。」とし、J.Gは「まだ落ち着かない状態です。日本のファンの情熱がすごくて感動しています。」と、興奮した様子で振り返った。

3か国のユニットについてどう思ったかと問われると、「おもしろそうだし、新しい文化が作れると思いました。」とTAKUYA。YONG SEOKは、「今までのアイドルグループとは違った新しい印象を受けました。おもしろい冒険だと思いました。」とコメント。J.Gは「とにかくメンバーに入りたいと思いました。きっと成功するだろうと信じています。」と自信をのぞかせた。


現在、韓国に住み活動を広げているCROSS GENEのメンバー。外国生活となることについて、TAKUYAが「僕たちの寮は、シャワーだけで、浴槽がないんです。日本ではたいてい浴槽があるので驚きました。でも、韓国にはサウナがいっぱいあるので、僕とJ.Gはよくサウナに行きます。」と言うと、CASPERが「家の中で素足になることにびっくりしました。中国では、靴のまま上がるかスリッパに履き替えるので。」と明かした。当初は文化の違いに戸惑ったようだが、「今では外国人メンバーも韓国語がある程度できるようになり、韓国語でコミュニケーションをとっています。」と、すっかり馴染んでいる様子を語った。

さらに、「CROSS GENEは、アジアを代表する3カ国が集まっているので、アジアで一番になることが目標です。もちろん世界でも。」と目を輝かせたメンバーたち。SHINが「ワールドツアー!Yeah!」と盛り上げると、「12月の日本デビューには、もっともっと努力してかっこいい姿を見せられるように頑張っていきたいと思います。」と力強く宣言した。

11月には、バラエティ番組『水曜どうでしょう』の藤村忠寿プロデューサーによるCROSS GENEの番組『CROSS BATTLE』が放送されることも決まり、ファンの楽しみもまた一つ増えた。

グループ活動以前から、それぞれCMやドラマ、映画などで活動し注目を集めているメンバーたち。今後、韓国、日本以外にも台湾、香港ほかアジア全土でCROSS GENE旋風が巻き起こること間違いないだろう。12月の日本デビューが待ち遠しい。

関連記事


Page Up