Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東方神起、2PMら豪華K-POPアーティスト16組が出演『東京伝説2011』会見!!

2011/5/18 11:47



5月14日、さいたまスーパーアリーナにて、日本で大人気のK-POPアーティスト16チームが『共に立ち上がろう!日本 Pray for JAPAN』を掲げ、GFSC「東日本大震災」被災地支援Charity Campaign『東京伝説2011』を開催した。

同公演は、NPO法人日韓文化交流会と放送局が協力し、UN(国際連合)のMDGsの貧困救済プログラムに積極的に賛同し、「アジア貧困地域子供支援プログラム」のGFSCチャリティーキャンペーンで構成された<Love & Peaceメッセージ>を発信するため実施された。東日本大震災での被災地に、出演者の応援メッセージと共に支援物資を送り、被災された子供たちに希望を届けようというもの。収益金は、GFSCチャリティとして、アジア貧困地域の子供教育支援と、「東日本大震災」で家族をなくした子供たちの支援に使用される。



公演前に記者会見が行われ、東方神起、2PM、SHINee、BEAST、MBLAQ、FTISLAND、2AM、超新星、sg WANNA BE+、f(x)、4Minute、Miss A、Secret、IU、SISTAR、ZE:Aの16組のアーティストが登壇。かつてない豪華なメンバーたちの夢の共演が実現し、多くの報道陣が集まった。

 今回の震災で犠牲になられた方々の冥福を祈り、出演者や報道陣全員で黙祷を捧げたあと会見がスタート。



ZE:Aは、「僕たちの予定されていたコンサートも震災の影響で延期され、皆さんを心配していましたが、ファンの笑顔を見て安心しました。」MBLAQは、「被害者の皆さんに慰労と癒しの言葉を伝えたいです。その意味で、今日はカッコいいステージをお届けしたいと思います。」BEASTは、「日本の皆さん、少しでも早く元気を出して!そして1日も早い復興を願っています。」とコメント。今回初めて日本のステージに立つIUは、「とてもドキドキしています。今日、公演を見る方々が、明るい気持ちで帰ってくれることを願っています。」等、各アーティストが、メッセージとイベントへの意気込みを伝えた。









すでに被災地でボランティア活動を行った超新星は、「韓国で、日本の震災のニュースを見て、すごく心が痛かったです。僕たちに何ができるかメンバーと話し、国連の友とともに被災地の岩手県に行ってきました。少しでも力になれて嬉しかったです。これからもボランティア活動に参加したいです。被災地の皆さんがとても落ち着いていて、僕たちを笑顔で迎えてくれて色々なことを感じてきました。ありがとうございました。今日の公演もがんばります。」と心をこめて日本語で語った。



2PMのテギョンは「今回、このイベントの話を伺った時に、日本の皆さんがたくさん被害を受けているにもかかわらず、僕たちがステージ上で笑ったり歌ったり、踊ったりしていいのかと心配しました。でも、そうすることが皆さんを応援することになる、そしてチャリティーの支援にもなるのなら、むしろ光栄なことだと思うようになりました。この舞台に立って皆さんの力に少しでもなれるのなら、僕らはこれからどんな場所にも走っていきたいと思います。この度の地震で被害を受けた皆さんが、早く笑顔に戻れるように、今日はこのライブを頑張りたいと思います。」と力強く意欲を示した。

 

今回の支援ライブを通じ、一番伝えたいことは?との質問にFTISLANDのホンギは「あの地震のすぐ後から僕たちも日本にいました。日本の皆さんが震災にあったのにもかかわらず、お互いに助け合って過ごしているのを見てすごいなと思いました。皆さんが、明るく元気で健康でいてほしいと一番伝えたいです。」とメッセージを送った。

 

「日本はどんなところ?」の問いに、SHINeeは「初めて日本に来た時から思ったのですが、気候のせいか、日本のファンの皆さんの印象が温かい感じがしました。そして、日本は韓国のたくさんの歌手が大きな舞台に立てる場をくれる<場所>だと思っています。もうすぐ僕たちも日本デビューを控えています。大きな挑戦なので、これからも頑張るカッコイイSHINeeでありたいです。」と答えた。

 













 東方神起のチャンミンは「今、つらい時間を過ごしている方が多いと思いますが、早く元気を出して頑張って下さい。」と伝え、「特に子供たちへのメッセージがあります。いつも大きい夢を持って、夢に向かって頑張ってほしいです。僕たちも、その夢を応援したいです。」とエールを送った。そして「そのためにも今日のステージが素晴らしいものになるように頑張ります。」と気持ちを引き締め前を向いた。



会見後に行われたイベントは2部構成で開催された。

関連記事


Page Up