Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【後編】木下晴香「楽曲にも心惹かれました」ミュージカル『アナスタシア』インタビュー

2019/10/31 17:03

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

035s

――今回『ロミオ&ジュリエット』に続いて葵わかなさんとWキャストで演じる事になります。彼女に対してどんな印象を持っていますか?

『ロミオ&ジュリエット』でご一緒させていただいてから、プライベートでも仲良くさせていただいてます。『アナスタシア』がお互い決まった時はすぐ連絡しました。「また一緒にできるね」って。その後食事に行くとやっぱり歌の話になって「こんな感じにしたいね、日本だからこそできるものにしたいね」って話をしていました。

わかなちゃんは全体を見る事が出来る人。アーニャの深掘りはそれぞれにやっていく事になりますが、それ以上に「日本初演だから」など、広い視野からの意見がボンボンと飛んでくるので、やはりこの人は一度作品の真ん中(主役)を経験している人だなと感じ、それが凄く心強いです。また切磋琢磨できる相手だなって思います。一緒にできる事が楽しみです。

お互い超仲いいんですが、超ライバル視もしているので「すべてにおいて負けないよ!」と堂々と言い合っているんですよ(笑)。

017s

――葵さんのこんなところは自分にも取り入れたい、真似したいと思う事は?

わかなちゃんは自分の意見がしっかりある子。私は逆にいろいろな人の意見を受け入れて自分が分からなくなり、時間をかけて自分の意見が定まるタイプなので、パッと何かを投げかけられた時に「それはこう思う」と活発にやり取りをしている姿を現場で見ると、カッコいいなと思うし、同等に話が出来るようになりたいなって思います。

――『アナスタシア』は「自分探しの旅」がテーマだそうですが、ご自身にとって「自分探しの旅」といったらどんな事を思い浮かべますか?

自分探しというと、ちょっと暗いイメージがあって。お仕事をしているときは楽しく活発に心情が動いているんですが、ふと一人になった時に「じゃあ自分はどう思うのか」「どうなっていきたいのか」と、考える事から逃げてしまいがちな自分と向き合う事が「自分探しの旅」ではないかと。自分の弱さと向き合ってそれを乗り越えていくことで、自分がさらに強くなれるんじゃないかなって思うんです。

――最後に。今回共演する方の中には初めてご一緒する方も多いかと思いますが、特にこの人と話をしてみたい、と思っている人はいますか?

石川禅さんです。というのは昔、地元の博多座で舞台を観ていた時代に、「ミュージカル講座」のような企画がある回の講師が禅さんだったんです。いつか同じ舞台に立つときがきたら「あの時客席で禅さんの話を聴いてました!」って言ってみたくて。それが今回ついに叶うのかなって楽しみなんです!

012s

■ストーリー
舞台は20 世紀初頭、帝政末期のロシア、サンクトペテルブルク。ロシア帝国皇帝ニコライ2 世の末娘として生まれたアナスタシアは、パリへ移り住み離ればなれになってしまった祖母マリア皇太后から貰ったオルゴールを宝物に、家族と幸せに暮らしていたが、突如ボルシェビキ(後のソ連共産党)の攻撃を受け、一家は滅びてしまう。しかし、街中ではアナスタシアの生存を噂する声がまことしやかに広がっていた。パリに住むマリア皇太后は、アナスタシアを探すため多額の賞金を懸ける。それを聞いた二人の詐欺師ディミトリとヴラドは、アナスタシアによく似た少女アーニャを利用し、賞金をだまし取ろうと企て、アーニャと三人でマリア皇太后の住むパリへと旅立つ。記憶喪失だったアーニャは次第に昔の記憶を取り戻してゆく…
同じ頃、ロシア政府はボルシェビキの将官グレブにアナスタシアの暗殺命令を下す。マリア皇太后に仕えるリリーの協力を得て、ついにアーニャはマリア皇太后と会う機会を得るが、グレブがアーニャを見つけ出し…―。


◆『アナスタシア』
日程:2020年3月1日(日)~3月28日(土)東急シアターオーブ
脚本:テレンス・マクナリー
音楽:ステファン・フラハティ
演出:ダルコ・トレスニャク
出演:
<アーニャ役>葵わかな・木下晴香
<ディミトリ役> 海宝直人(東京公演のみ)・相葉裕樹・内海啓貴
<グレブ役>山本耕史・堂珍嘉邦(CHEMISTRY)・遠山裕介
<ヴラド役>大澄賢也・石川禅
<リリー役>朝海ひかる・マルシア・堀内敬子
<マリア皇太后役>麻実れい
公演期間:
【東京公演】2020 年3 月1 日(日)~3 月28 日(土)
【大阪公演】2020 年4 月6 日(月)~4 月18 日(土)
劇 場: 東急シアターオーブ(東京)/梅田芸術劇場メインホール(大阪)
お問合せ先:梅田芸術劇場(東京)0570-077-039/(大阪)06-6377-3800
公式HP:http://www.anastasia-japan2020.jp/
公式Twitter:@AnastasiaJapan
公式Instagram:@anastasiathemusical_japan


企画・制作:梅田芸術劇場
東京公演主催:フジテレビジョン・梅田芸術劇場
大阪公演主催:関西テレビ放送・梅田芸術劇場
オフィシャルエアライン:ユナイテッド航空


 

 

 

関連記事


Page Up