Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カン・ドンウォン、コ・ス主演『超能力』

2010/10/21 07:26


10月18日月曜日カン・ドンウォン、コス主演の話題作「超能力者(原題)」の制作発表会が東大門メガ
ボックスで開かれた。

「ノムノムノム」、「グェムル」などの大型作品での経験を積んだキム・ミンソク監督の初作品。以前
から超能力に関心があり、それを素材として映画を制作。中心人物の超能力者「チョイン」役は「チョ
ンウチ」や「義兄弟」などのヒット作での演技が光るカン・ドンウォン、映画「白夜行」、ドラマ「ク
リスマスに雪は降りますか?」のコスは超能力者に唯一対戦する平凡で純粋な青年「イム・ナムギュ」役
を演じた。
タレントのパク・キョンリムの司会で進行した今回の制作発表会にはたくさんの報道陣がつめかけた。
会見中は俳優二人の個性的な回答が会場を盛り上げた。

ドンウォンとコスのお互いの印象についてドンウォンは「先輩は熱血青年でさすがハンサムなだけに目
が魅力的」、コスは「多用な面で感覚がある。背が高くて細いが運動神経は抜群」と話した。
超能力を持ったらどうするかについてもドンウォンは「以前は透明人間になりたいと話した事はありま
すが、この役を演じて超能力を持つことが寂しいことかわかり、特に持ちたいと思いません。
でも瞬間移動できるなら宇宙に行きたい!」とのこと。
コスは「今この会見の瞬間をとめたい。まだお昼を食べていないので・・」と会場を沸かせもした。

映画撮影初日から緊張して寝坊した監督が1時間半遅刻したというエピソードを話した際にドンウォンは
「さすが個性的な監督だと思い、楽しかったです^^」と話し、撮影現場の水族館の魚の群れを撮影した
ということも披露した。

軍入隊最後の作品といわれながら撮影してきたことに関しては「撮影はあらかじめスケジュール通り
行っているためこれが最後といって撮っていたわけではないんです。」と説明。
先に軍生活を経験したコスは「入隊前には一杯やりたいですね」と付け加えた。

フォトタイムでは無邪気にピースサインをするコスに笑いながら対応するドンウォンの姿や、舞台裏
では楽しく会話する姿も見れた。
平凡な日常の中で超能力を駆使して自分の思うように生活する男と、唯一超能力が通じない男との対立
を描く映画「超能力者」は11月11日韓国で公開。








関連記事


Page Up