印象的なシーンはコーヒーを飲んでいた千利休!『花戦さ』公開初日舞台挨拶

2017/6/4 11:58

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

6月3日、痛快エンタテインメント映画『花戦さ』が待望の公開初日を迎え、出演した主要メンバー9名(野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市、中井貴一、佐々木蔵之介、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作)および篠原哲雄監督が丸之内TOEIに勢揃いし、満場の観客を前に舞台挨拶を行った。

本作は、狂言師の野村萬斎が仏に花を供える戦国時代の花僧・池坊専好を演じ、市川猿之助演じる豊臣秀吉に対し、花の美しさで心を動かそうと勝負を挑む。織田信長(中井貴一)、千利休(佐藤浩市)、前田利家(佐々木蔵之介)など豪華俳優がストーリーを盛り上げる。

180A4172s

冒頭、萬斎は「今日という日を迎えられてうれしいです。ひとつひとつのシーンが、見どころ満載です。何度も観ていただければいいなあと思っています」と挨拶。猿之助「全編を通して美しいなという印象を持ちました」。中井「アウトドアが最高の天気の中、暗い映画館にお越しいただき、幸せいっぱいです。今後も時代劇を作っていきます。観ていただく皆さんがいないと成立しないのでぜひ支えて欲しい」。

篠原監督「あれだけのお花を作っていただいた池坊さん、お茶の表千家、裏千家、武者小路千家さんにもお世話になり、日本の文化の力強さ、奥ゆかしさが伝えられる映画になったのではと思います。外国の方にも観て欲しいです」など、登壇者は揃って本作の素晴らしさをアピールした。

180A3978s180A4091s

池坊専好の弟子を演じた和田正人も「見どころを語れと言われたら、見どころしかない作品だと思いました」と絶賛した上で、「余談なんですけど、千利休と専好さんのシーンを撮り終えたあとで、佐藤浩市さんが千利休の格好をしたまま、コーヒーを飲んでまして(笑)。お茶やないんや!ということが印象的でした」と発言し、館内は大爆笑となった。

180A4093s180A4075s

次に、萬斎、猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市が勢揃いした冒頭の岐阜城のシーンでの印象について、萬斎は「ロイヤルストレートフラッシュという噂もあります(笑)。揃ったという・・・。撮影中は緊迫感もありますが、皆なかよく、長丁場なんで、和気藹々とやりました。京都弁に慣れようと、皆京都弁で話していたので、ボクも無理矢理参入しようか戸惑っていたのが印象的でした(笑)」と振り返った。

猿之助は「あのシーンは、なんとなく始まって、(自分が)座っていた。これ何のシーンだろうと思った。撮影所に入った時にお花の素晴らしさはものすごいインパクトがありました。花って時間とともに枯れていきますから、枯れさせないようにするスタッフさんの努力はすごい。それが印象に残っています」とお花に圧倒されたことを思い出していた。

佐藤もお花について「自分の浅い知恵のせいなんですが、回り込むようにして花を観るというお芝居をしたのですが、お叱りを受けまして、花は真っ正面から観ないといけないと。お芝居を変えさせていただきました。」と反省したことを挙げた。

180A3990s

続いて中井は「ボクはそこしか出ていないので、こんなものかと思いました(笑)。このメンバーだからあのシーンの撮影は1日で終わったんでしょう。異種格闘技戦みたいな、いろんなところから来て、頑張ったという感じです」。

180A4058s

そして、佐々木は「あのシーン!ボクも初日、貴一さんの信長は怖くて、ずっとハハーをやっていました。猿之助さんに所作を聞いて、侍はそこまで頭をさげちゃいけないと教わって。御館さま(信長)のために撮影したんですけど、映画を観たら、猿之助さんは耳をかっぽじってましたから。所作なんてものはなかった(笑)。それよりも、ボクも思ったんです。佐藤浩市さんがコーヒー飲んではって。しかも、黒楽茶碗やなくて、紙コップかあと思ってました」。ここでも館内大爆笑。

最後に萬斎と佐藤に質問。文化と芸能を担う者同士、分りあえることは?に対し、佐藤は「萬斎さんを前に文化・芸能は語れないでしょう」と、萬斎に振る。萬斎は「正反対なのがいいと思います。けったいな役が多いですけど、佐藤さんという受け止めてくださる方がいるのは幸せ」と語り、佐藤は「野村萬斎を間近で見られるなという面白さ。今度はどうするかなという楽しみがありました」と2人の掛け合いについて振り返ったところで、楽しい楽しい舞台挨拶も終了した。

とにかくすごいメンバーが集結したエンタテインメント時代劇『花戦さ』。ぜひ劇場に足を運んで欲しい。

180A4000s180A4138s180A4118s

花戦さ
全国大ヒット上映中!
©2017「花戦さ」製作委員会
配給:東映

関連記事


Page Up