Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK :async』 限定スペシャルムック本、上映劇場とサイト限定で発売決定!

2018/1/25 11:24

世界でたった200人しか観られなかった幻のNYライブ

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』

限定スペシャルムック本、上映劇場とサイト限定で発売決定!

表紙S

限定スペシャルムック本

 

坂本龍一のNYライブを収録した『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』が、1月27日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国17館にて公開される。

本作は、8年ぶりに発表されたオリジナルアルバム「async」をベースに2017年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた坂本龍一の限定ライブの完全収録版であり、2月15日から開催される第68回ベルリン国際映画祭「ベルリナーレ・スペシャル部門」に正式招待され、世界的な評価を得ている。

アンドレイ・タルコフスキー監督の架空の映画音楽を書くというコンセプトの下、100人限定の貴重な空間で、ピアノやガラス板などを駆使して「非同期的な音楽を作りたい」と本人が感じるまま演奏したパフォーマンスで、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」と坂本龍一自身が語っている。

公開を記念して、本作と『WIRED』日本版(コンデナスト・ジャパン)がタイアップし、『WIRED』日本版別冊『Ryuichi Sakamoto on async 坂本龍一 asyncのこと』(B5判、112ページ、定価:1,500円(税込))を、上映劇場と『WIRED』日本版公式サイト(WIRED.jp)にて販売される。

※WIRED.jpでの販売開始は1月末日を予定。

(販売ページURL:https://wired.jp/special/2018/ryuichi-sakamoto-on-async/

撮り下ろしのビジュアルや坂本龍一のインタビューに加え、これまでに『WIRED』が行ったインタビューの内容をほぼ語り下ろしに近いかたちで収録。音楽を担当した『レヴェナント:蘇えりし者』(20166年日本公開)以降の坂本龍一が語った言葉の数々を余すことなく収めた完全保存版である。

また、入場者プレゼントとして、坂本龍一の楽器に向かう真摯な姿が印象的なポストカード3枚セットも用意されている。(枚数限定)

入場者プレゼント-(002)S

さらに、上映期間中は、上映劇場の角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAにてパネル展が開催される。

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』
(原題|RYUICHI SAKAMOTO: async AT THE PARK AVENUE ARMORY)
監督|スティーブン・ノムラ・シブル『Ryuichi Sakamoto : CODA』
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA 
協力|commmons, Avex Entertainment Inc.
配給|ライブ・ビューイング・ジャパン 
配給協力|REGENTS 宣伝|MUSA ?KAB America Inc./SKMTDOC,LLC
2017年|アメリカ・日本|カラー|5.1chサラウンド|DCP|65分
映画公式サイト|http://liveviewing.jp/sakamotoasync/
1月27日(土)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

関連記事


Page Up