Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』山下健二郎、岩田剛典が水中潜りのスリリングなシーンに挑戦!

2018/4/28 07:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

6月22日(金)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 (配給:LDH PICTURES)の完成披露上映会が4月27日(金)TOHOシネマズ日比谷にて開催された。本作は6つの新たな旋律を元に6人の気鋭監督による6つのショートフィルム作品により構成されており、登壇者は本作の企画者のひとりEXILE HIRO、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」代表でもある別所哲也、主役として出演した山下健二郎、岩田剛典、そして石井裕也、松永大司、安藤桃子、Yuki Saito、平林勇、岸本司ら6名の監督が登壇した。

180A8016S

後段左から松永監督、平林監督、岸本監督、石井監督、Saito監督、安藤監督
前段左からHIRO、山下健二郎、岩田剛典、別所哲也

 

また、本上映会の前には当ビル6階にあるパークビューガーデンにおいてレッドカーペットイベントが開催され、前述の豪華登壇者に加え、SSFF & ASIAのフェスティバルナビゲーター就任した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが登場し招待されたお客さまに笑顔で対応した。

本作はこの映画でしか聴けない6つの新曲を、EXILE TAKAHIRO、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEGENERATIONS from EXILE TRIBEJAY’ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTYDEEPというLDHを代表する6組のアーティストが歌い上げ、その音楽を元に6名の監督が映像化。『カナリア』『ファンキー』『アエイオウ』『KuuOur Birthday』『幻光の果て』の6つのショートムービーで構成されている。

180A7585S180A7623S

さて、舞台挨拶では始めにHIROが挨拶、「映画を観終わった後で曲を聴くことは、普段と違う新しいものを感じた。また、監督の皆さんの素晴らしい才能・世界観によるメッセージ性の強い作品ばかりで感動しました」と本作をアピール。別所は「音楽の中にある世界観に、6人の監督による映像作品としての世界観を重ね合わせた物語。どこに音楽との繋がりがあるのか、音楽と映像のコラボレーションをご覧いただきたい」と本作の見どころを説明した。

『ファンキー』の石井監督は「新曲『東京』の究極の片思いとは何だろうと考えたら、死んだ母親への思慕。皆さん、自由に想像力を働かせて観ていただければ楽しめると思います」と語り、主役の岩田については「最高の笑顔を持っていることは前から知っていて、会ったときも最高の笑顔。(でも、その笑顔は)殺傷能力が強い(笑)。だから、取扱い注意は一回でいい!楽しみにしてください」と見どころをコメントした。岩田は石井監督を「鬼才という言葉が似合う監督」と讃えた上で「短い撮影期間に水まみれになり、溺れかけた経験をさせてもらいました。水中に酸素ボンベをつけ、外した無呼吸の状態で、(苦しくなったら)サインを送って酸素ボンベをつけてというスリリングな撮影でした」と過酷な撮影だったことを明かした。

180A7871S

『幻光の果て』(岸本監督)に出演した山下も「水深5メートルのところに潜りました。ボンベをつけて足におもりをつけたままで、ぎりぎりになったら、(手で首を切るポーズで)こうやってくださいって言われて。沖縄で撮影したんですけど、監督がニコニコしながら『できるよね』。しっかりやらさせてもらいました(笑)」と告白すると、岩田が「同じ作品出ているのかっていうくらいコメントが一緒です」と語ると、会場は大爆笑。

180A7849S

『カナリア』の松永監督は「普段ボーカルとして歌っているTAKAHIRO君の魅力をどうやって引き出せるか考えてシナリオを書きました」。また、『アエイオウ』の安藤桃子監督は「自分のほかに誰が撮るのか、テーマとか全く知らない状態で撮ったのに、相通じるテーマ・作品になっているのが奇跡的。(白濱亜嵐とのタッグについて)男性主演を撮るのは人生初体験。イケメンをずっと目の前にするのはいいものです」、『Our Birthday』のSaito監督は「キーワードはLOVE,DREAM,HAPPYです」、そして『Kuu』の平林監督は「台詞をどんどん削っていく実験的な要素のある映画しました」とそれぞれがコメントした。

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
配給:LDH PICTURES
©2018 CHINEMA FIGHTERS
ショートショート フィルムフェスティバル & アジアにてプレミア上映後622()全国ロードショー


 

関連記事


Page Up