Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

橋本愛×門脇麦×成田凌 映画『ここは退屈迎えに来て』 主題歌はフジファブリックの書き下ろし!

2018/7/7 02:43

橋本愛×門脇麦×成田凌

映画『ここは退屈迎えに来て』

フジファブリック書き下ろし主題歌決定

さらに、自身初の劇伴担当で音楽完全監修

ktm_poster_fix-s

R18文学賞」読者賞受賞し2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる「キノベス!2013」にランクインし、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」が映画化され、1019日(金)より全国公開となる。
本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を橋本愛。元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には門脇麦。そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう「椎名くん」を、成田凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳らが出演。


これまで本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督がメガホンをとった。

公開された予告編では、夢をあきらめて地元に帰った橋本愛演じる<私>や、元カレをあきらめられない門脇演じる<あたし>の、大人になった誰もが感じるであろう、かつてキラキラしていた青春の終わりへの捨てきれない憧れや切なさが描かれ、見る人の記憶を蘇らせて心を震わす仕上がりになっている。またこの予告でさらなる余韻を与えているのが、フジファブリックの書き下ろし主題歌「Water Lily Flower」。その切ないメロディとともに、胸に響く歌詞が、淡い色合いの映像にマッチし、青春という誰にとってもかけがいのない時間を、よりしみじみと思い出させてくれる。

You Tube URLhttps://youtu.be/DBO20HCe10o

さらに本作でフジファブリックは、主題歌に加え、劇伴も担当。映画音楽への完全監修は、デビュー14年目にして今回が初めてとなる。

fujifabric_Asya(1.5MB)s

今回制作に当たり、一足先に作品を鑑賞したボーカル・山内は「国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。」とコメントした。

© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
配給:KADOKAWA
10月19日(金) 全国公開

関連記事


Page Up