Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

橋本愛×門脇麦×成田凌 映画『ここは退屈迎えに来て』特写一挙解禁!さらに、著名人からの“熱い”共感コメント到着

2018/10/1 12:00

『ここは退屈迎えに来て』
《繊細に役に寄り添う》特写 一挙解禁
さらに、著名人からの“熱い”共感コメント到着!

ktm_mains

R18文学賞」読者賞を受賞し、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説「ここは退屈迎えに来て」が映画化、1019日(金)より全国公開される。この度、本作に登場する人物たちの特写が一挙解禁された。著名人からの絶賛コメントも解禁となった。

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を演じるのは、その透明感のある演技で日本映画界において高く評価される女優・橋本愛。元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、これまで数々の作品で体当たりの演技で注目を浴びた若手実力派女優・門脇麦。そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう「椎名くん」を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じている。

今回解禁された特写は6点。とある都市で暮らす登場人物一人一人の表情、服装、佇まいから、それぞれの関係性や背景がより一層浮かび上がり、役に寄り添う俳優陣達の思いが伝わる特写だ。

メインs

さらに、チャラン・ポ・ランタン ももやLUCKY TAPES 高橋 海などのミュージシャン、辛酸なめ子にマキヒロチなどの漫画家、ジェーン・スーなどのコラムニストと、各方面の著名人から共感コメントも到着した。

チャラン・ポ・ランタン もも[ミュージシャン]
無い物ねだりかな、この映画の一瞬一瞬は
東京育ちのわたしには味わえない瞬間だとおもって、
ただただ、なんかいいなぁって。無い物ねだりだね。
でも、どこにでも、ここにだって、幸せがあって、退屈がある。
欲しがりだよなぁわたしって。


LUCKY TAPES 高橋 海[ミュージシャン]
何者かになりたくてもなれない自分、なることを諦めた自分、
理想や過去にしがみ付いて現実をなかなか受け入れられない自分…
誰もが経験するであろうあの特有の小さな世界で葛藤している様々な人間の
複雑な心境や儚さをシンプルかつ繊細に描いた傑作。


辛酸なめ子[漫画家・コラムニスト]
地元がない人、疎遠な人も、この映画の地方都市が
まるで脳内地元みたいに思えてきて、
ふとした時に登場人物が元気かどうか気になったりします。
孤独な時、逆に迎えに来てくれそうな
地元の仲間たちの笑顔に癒されます。


ジェーン・スー[コラムニスト]
東京以外に帰る場所のない私には、
「退屈な故郷」とさまざまに向き合えることが
とても羨ましく思えた。 


© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
配給:KADOKAWA
10月19日(金) 全国公開

関連記事


Page Up