Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Travis Japanの宮近海斗、七五三掛龍也、中村海人らが佐藤隆太、大和田伸也に感謝!舞台『いまを生きる』開幕

2018/10/6 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

舞台『いまを生きる』のゲネプロ&囲み取材が105()に新国立劇場 中劇場にて行われ、教師役の佐藤隆太、校長役の大和田伸也、そして生徒役の宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)、永田崇人、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)が登壇した。

180A3049s

左から中村、永田、大和田、佐藤、宮近、七五三掛

 

本作は、1989年にロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督で制作されたアメリカ映画が元になっており、ニューイングランドの全寮制学院を舞台に、赴任してきた英語教師ジョン・キーティング(佐藤)と学生たちの交流を描く心温まるドラマ。厳格な校長の下、規則に縛られていた生徒たちに、「教科書など破り捨てろ!」と言い放ち、詩のもつ素晴らしさを通じて、人生の素晴らしさを教えようとする・・・。

囲み取材の冒頭、今の気持ちを聞かれた佐藤は「ゲネプロで『いよいよだな』と実感できたので、自分としてはいい時間になりました」と高揚気味。一方、「本当は隆太さんの役をやりたかったんだけど(笑)」という大和田は「今日(のゲネプロは)素晴らしいなと思いました。隆太さんは(キーティング先生役が)ぴったりだし、キラキラ輝いて、今日はワクワクしてやらしていただきました」と満足げな様子だった。

180A3105s

本作で登場する生徒6人のうち、3人がTravis Japanメンバーの宮近、七五三掛、中村。宮近は「キーティング先生とのシーンは授業しかないんですけど、先生の部屋での一対一で対峙するシーンが大好きなシーン」と語り、一人だけ彼女ができる役の七五三掛は「僕もクリス(羽瀬川なぎ)とのシーンが気に入っているんですけど。稽古の時から心臓がバクバク、リハーサルが終わって楽屋に戻っても治らなくて。なんだろう?恋するバクバクです!」と爆弾発言。周囲からは「なるほど、分かり易い」とか「いいですね」という声が上がっていた。

180A3011s

そして中村の気に入ったシーンは「生徒たちが厳しい学校から、夜抜け出して、洞窟で詩を読むシーン」だそうで、「僕たちが子供の頃にあったし、今大人の人も絶対あったと思うんですよ」には、周りから“こいつ何言っているんだ”みたいなクスクス笑いが漏れていた。

生徒の皆さんが先輩俳優から学んだことは?と聞かれ、宮近は「ザ・俳優の重鎮なので、大和田さんの所作、お芝居を始めるスイッチの入れ方。やっぱり本物だということを身にしみて感じました」と答え、七五三掛も「大和田さんから『技術がどうのこうのじゃなく、お客さんに伝える気持ちが一番ですよ』と言ってくださって、それを心掛けました」と感謝の念。大和田は「何気なく喋りましたけれど、それをキャッチしてくれる。うれしいし、長いことやってきてよかったと思います」と万感の表情だった。

『ハイキュー!!』などの出演で人気の永田は「僕は、こっそり見ていろんなものを盗むタイプ。隆太さんにご飯に連れて行ってもらい、そのときいろいろお芝居の話をしてくださった」と振り返った。『もつ煮込み屋』、『そば屋』、『牛串屋』、『イタリアン』等々だそうである。

180A2757s180A2971s

最後は、佐藤が「多くの映画ファンに愛されている名作なので、皆プレッシャーを抱えながら稽古をスタートしたが、上田(一豪)さんの演出の下、ひとつひとつ積み重ねて初日を迎えることができました。生徒役の彼らがキラキラしているので、劇場に足を運んでパワーを持って帰ってもらえる作品になったと思います」と力強く締めくくった。

105()24()新国立劇場 中劇場
公式サイト:http://www.ima-iki2018.jp/

180A2988s180A3010s

 

関連記事


Page Up